小脳失調は原因不明です!

小脳失調は原因不明です!

小脳失調症とは?
町中では高齢者を見かける機会がますます増えることと思います。
1970年に高齢化社会になってから、1994年に高齢社会に、そして2007年に超高齢化社会を迎えて、今後もますます高齢者は増加します。2010年9月の総務省の発表によると、日本の高齢者数は2944万人に上るのだそうです。2007年には人口1億2765万人中高齢者の人口が2556万人でしたので、約400万人の高齢者が増えたことになります。今後も晩婚化と少子化が助長して、

 

こうした高齢化社会で大切なテーマは健康ではないでしょうか。高齢者になると、加齢によって注意していても患ってしまう病気も少なくありません。
また高齢者だけが患いやすい病気と言うのもあります。病気にならないためには、予防、そして早期発見をして治療するのが大切です。
しかしながら悲しいことに、治療すらできない、その病気の原因すらわからないという悲しい現実もあります。その病気は例えば小脳失調と言う病気です。こうした病気を患って現実に直面したケースでは腰をすえて、気長に病気に向き合うほかありません。と同時に、忍耐力や気力が必要となる苦しく辛いこともあるかもしれません。

 

小脳失調症というのは大変なことに原因がわかっていない病気です。原因がわかっていないので治療法が確立していません。この病気はどういうものかと言いますと、もちろん小脳失調というからには小脳に関係があり、脳の病気なのですが、大脳の裏にある小脳が破壊される病気です。あるいは、小脳と大脳を繋ぐバイパスのようなものが破壊される病気です。発症の割合は10万人に5〜10人なので、そう多くはありません。この病気は中年以上の方が患うケースが多いのです。

 

症状としては、この小脳失調症は運動失調の一種なので、運動に支障が出ます。具体的には、歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。さらには言語障害もあって、舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。治療法はないのですが、リハビリによりある程度の改善・回復は期待できます

小脳失調は原因不明です!関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。