心気症

心気症

心気症とはご存知でしょうか? 昨今すでに超高齢化社会です。町中ではますます高齢者を見かけることが多くなり、これからも多くなることでしょう。そんな超高齢化社会、町中では高齢化対策が盛んです。段差が解消されてスロープが設けられたり、階段には手すりが付けられたり、エレベーターが設置されたりしています。
また公共施設だけでなくて商業施設各施設でも高齢者対策は行われています。こうした高齢化社会に向けた対策というのは、優しい街づくりというものも大切です。ますます良い町になることを祈りたいものです。

 

さて、人間自体に目を向けてみると、例えば心気症などは高齢者に多く見られる病気です。心気症とはご存知でしょうか? ここではすべては言い尽くせませんので、ネットでも書籍でもいいので調べるのもオススメです。というのは、今後は自分も含め超高齢化社会、何かと病気は気に成る存在です。病気の知識、特に予防に関しては少なからず知識と行動は必要でしょう。
心気症という病気を上げたのは一例になりますが、高齢者特有の病気は少なくありません。先にも言いましたが、心気症だけでなく、今後は病気に注意する社会が来るかもしれません。もちろんこれは未来の自分や周りの人間を含めたお話です。
さらに今後は高齢者に特有の病気にはさらに中が払われることになるでしょう。

 

周囲に気をつけるという意味は、特に高齢者は一人暮らしで、家族の中で一人、取り残されたりすることが少なくありません。ですから高齢者にはそれなりの配慮がもちろん大切ですし、高齢者も体の病気だけでなく、心の病気もあるのです。けっして、お仕事で忙しいビジネスマンやキャリアウーマンだけがストレスや不安があるわけでもないのです。

 

さて、この心気症ですが、これは心の病気で神経的なものです。簡単にはノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。この病気は慢性的に、めまいや頭痛、便秘、消化不良、疲労感、脱力感などがあります。こうした症状のせいで、不眠や不安、葛藤、欲求不満、ストレス、うつ病などが伴う場合もあって、自分が重症な病気なのではないか周囲に訴えるのです。訴えるだけであって、それは実際には重い病気などは患っていないのです。これは嘘をついている訳ではなくて、そういう病気なのです。その点を理解するのも大切なポイントです。

心気症関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。