認知症@休日はゆっくりと

高齢化は進み、晩婚化が進み、中高年の独身が増えるのでしょう。昔は独身のことをいい意味でもちょっと皮肉な意味でも独身貴族などと言ったと思いますが、それは自由気ままな生活に向けられたものでした。今ではあまり独身貴族という言葉は聞かなくなりました。以前ほど独身の方が増えているのも事実で、晩婚化が少々問題になっているからでしょうか?

 

さて、独身とは言え、40〜50代の中高年も少なくないと思います。現在では晩婚化が進行していると言われています。独身はやはり気になるのは病気です。普段のお仕事もあり、加齢もあり、体は若いときほど活発には動かなくなってきています。もちろん、健康的でスポーツをやっている方もいますが、若いときほど瞬発力や持久力は衰えていることでしょう。
また加齢がすすめにつれて身体だけでなく、心の病気にかかるケースも少なくありません。若いときほど前向きに物事に取り組まなかったり、何らかの障害を抱えていたりします。心の病気には、抑肝散という漢方薬があり効果がありますので、一度お試しになってみるのも良いかもしれません。

 

40〜50歳の物忘れはアルツハイマー病やピック病、脳動脈硬化賞などによる認知症を考えなければなりません。これらは心の病気です。体も心配しないといけませんが、心のセルフケアも必要になります。物忘れが酷く感じて、手足の運動などの障害が発生したものは認知症です。自分がある場所などを忘れたりするのはアルツハイマー病やピック病などですので、注意が必要でしょう。

 

とは言え、独身ですから、なかなかこうした状態には気が付かないのかもしれません。なので、家族の方や周囲の方々が高齢の方の生活や行動には気が付いてあげるのが大切になります。こうした病気も他の病気もそうですが、異常に気が付いたら内科や精神科の医者に相談することが大切です。
いずれにせよ、まずは生活を規則正しくして、十分な睡眠で疲れを取る、休息をすることが予防に繋がります。十分に休んで、心を安らげることも生活上大切な時間です。

認知症@休日はゆっくりと休みましょう!関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。