医療と知識NAVI

コルサコフ症候群とは何か

超高齢化社会になって、数年が経過します。超高齢化社会になったのは2007年です。バリヤフリー、介護、医薬品の開発などなど社会において、それは問題視もされ、様々な活動が変わらず続いています。こうした社会は、少子化と晩婚化が助長すらして、ますます進行する危惧もあります。
これからますます町中では高齢者を見かける機会が多くなることでしょう。

 

こうした超高齢化社会において、心配なのは高齢者の健康です。「体が資本」というように体が動かなくなったり、不調になったりするとますます家に閉じこもるがちになりったり、さらに不健康がちになったりします。こうした面は家族の方や近所の方が気をつけてあげて、見守っていく体制や心構えも大切なのかもしれません。
さらにお年寄りは何をするにも不自由が多いものです。町で困っているお年寄りを見かけたら、手を貸してあげるなどの心の余裕を持つことも私たちには求められているのかもしれません。

 

さて、高齢者の病気で忘れてはならないのが健忘症です。「老人ボケ」などという言葉がありますが、老人の物忘れです。こうした物忘れは認知症などと呼ばれていますが、それは大別すると4つに分けられます。コルサコフ症候群です。
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族がなく、一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。その他には、外相や脳卒中で起こるケースもあります。

 

栄養失調とは具体的にその成分がどれくらい不足していてというところはちょっとわからないのですが、主にビタミンB1の欠乏によって起こる症状なのです。脳の側頭葉のウェルニケ野という部分の機能障害が発生して物忘れが症状として現われるのです。
具体的な症状としてはわかりやすいもので、物忘れです。昔の出来事が思い出せない、日時がわからない、そして昔のことを忘れてしまうので、作り話で話の辻褄を合わせるといった言動と行動が見られます。これは病気ですから、早めの予防や治療が必要なのでしょうが、ビタミンB1の欠乏であり、アルコールの摂取が原因であるならば、アルコールは少々控えて、毎日の食事のバランスを整えた食事を摂取すれば、コルサコフ症候群の予防に役立つかもしれません。

コルサコフ症候群とは何か関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。