健忘症対策

健忘症対策はサプリメントで予防

若年性健忘症,一過性,前向性,逆行性,心因性,解離性,産経,新聞,ニュース,速報

健忘症について知っておきましょう。
「最近物忘れが酷くてね」なんて言葉を耳にします。こうした言葉を発するのは主に高齢者の方であって、すでにこの社会は高齢化社会を迎えています。さらに高齢化が進行すると、町のあちこちでこうした言葉を聞く機会が多くなるのではないか、なんて予想と危惧を抱かずにはいられません。しかしながら高齢化の波を今更止めることは私たちの周囲の努力ではなかなかムズカシイ。

 

さて、ちょっと耳にしたことがあるのは過度な喫煙、そしてお酒の過剰な摂取が物忘れの原因だと聞いたことがあるのですが本当のところはどうなのでしょうか。
こうした物忘れというのは何だか自分の経験と照らし合わせると、若い頃はたとえば受験の時などは友人と暗記力や記憶力を競った記憶があり、そうした記憶は誰しもあると思います。学業をメインとして十分鍛えた記憶力や暗記力は、若い頃は十分というほどあったし鍛錬もしてきたけれど、昨今はやはり記憶力の低下は何となくですが、様々な生活の場面で実感するところであります。

 

一般的なケースで、かつヒドイ場合ですと、この記憶力の低下というのは病気の症状として現れることがあります。それが認知症や痴呆症、そして健忘症などの病気です(おそらくは多くの方はこうした病気についてご存知と思われますので、病気の詳細は省きますが、ウェブサイトなどで検索して調べていただけるとうれしい限りです)。

 

この記憶力の低下(健忘症や痴呆症)を予防したり改善したりする方法は、他の病気のケースと同で多種多様でありますが、物忘れ対策としては脳に必要な栄養補給と血行促進が対策の主要なポイントになっています。特に、脳に必要な栄養補給という点を取り上げますが、昨今注目を浴びているサプリメントで予防ができるのです。

 

サプリメントというのは現在の乱れた食生活や不規則な食事、偏った食事によって不足した栄養素を容易に取り入れることができる機能的な食品です。サラリーマン、そして晩婚化が進行し都市部では独身の男女が増加していると言われていますし、仕事などでゆっくりとした時間を過ごしながら、そして十分な栄養のある食事が取れないのが現状です。

 

そう考えると、もともとは食事と言うものは人体にとって健康を維持するための大切なものであったことがわかります。しかしながら、今ではサプリメントなどに頼る時代が訪れているのです。記憶力の低下(健忘症や痴呆症)に効果があるサプリメントとしては、次のようなサプリメントがあります。EPA(IPA) DHA、レシチン、イチョウ葉、カンカ、高齢人参(朝鮮人参)、ビタミンB群、ビタミンEなどです。


健忘症対策関連エントリー

皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。