ダウン症 原因

ダウン症 原因

超高齢化社会になると共に、私たちの社会は晩婚化と少子化という問題も抱えています。昨今では超高齢化社会が進行しているだけでなく、晩婚化も少子化も進行しているらしいです。
晩婚化という問題が引き起こす更なる問題というのがあって、その一つがダウン症です。ややもすると、高齢出産の中の一つの問題かもしれません。

 

病気の中には予防できないものもあります。これは悲しいことなのですが、人間の体というのは加齢には抵抗することはできません。例えば、私たちの体内にはコラーゲンという成分があります。この成分は加齢と共に減少しますが、これは私たちの肌のはりや柔軟性を低下させるのです。この成分のケースではコラーゲンを肌に塗布したり、コラーゲン鍋などの食事によって体内に摂取したりで体内のコラーゲンの量を増やして、肌のはりや柔軟性を回復させることができます。

 

このように人体は加齢には勝てないものですが、コラーゲンだけでなく加齢によって低下する体の部分や障害はあるのです。ですから私たちは加齢と戦わないとならないのかもしれません。例えば、ダウン症ですが、この病気は原因がわからず治療の方法が確立していないのです。ですから、リハビリなどで予防や緩和をする以外にはありません。ダウン症というのも小脳失調に似て根本的な治療法はないのです。

 

ダウン症とは目じりが上がっていて、目の内側にひだがあったりします。さらに目の間隔が開いていて、鼻が低く・・・、といった症状です。多くが心臓の病気を持っているのです。また消化管の奇形や白血病なども合併しているケースもあります。原因は染色体が一本多いことです。新生児に700〜1000人に1人の割合で住まれてくるので、確率は低くはありません。

 

ダウン症の予防としては高齢者になってからの出産ほど増加するので控えるというようなことくらいしかないのかもしれません。晩婚化も進んでいるので、高齢での出産が増加する可能性は低くはありません。
また生まれてきた子供は心臓の病気や感染症の免疫がない弱く、かつ身体的に何かと不具合があるので、それ以外にも子供の行動には注意が必要になるのでしょう。

 

ダウン症自体は割合としては少なくない病気のケースですが多くもありません。ただマイノリティとして何の罪もなく生まれてきた子供を暖かく見守り、支えることは社会の力として大切なことなのは言うまでもありません。
一体、社会は今後、どのように変わっていくのでしょうか・・・?

ダウン症 原因関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
脱毛症ではありません!
脱毛症と言っても、 汎発性脱毛症や円形、全身などあります、脱毛症は心の病気です。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。