脱毛症ではありません!

脱毛症ではありません!

良くストレスで毛が抜けたという話を聞いたことがあります。円形脱毛症なども含めてです。職場でのストレスが原因で毛が抜けたという話だったと記憶しているのですが、それを思い出したのです。さて実際はそれなんなのだろう? と考えてみたところで、わからないようで、わかるようでやっぱりわからないのです。

 

それは病気だったのだろうか? と思うのです。誰でも職場では少なからずストレスはあります。人間関係だったり、時間に追われるお仕事だったり、お客様との応対でストレスが溜まる方もいるでしょう。それは人それぞれですが、少なからずストレスが溜まっているものです。ここでは抜毛症を紹介しますが、ストレスによる身体的な不調というのは、実際は髪の毛だけでなくて、女性ならば、肌の荒れの原因にもなると聞いたことがあります。
私自身には経験がないのでちょっとわかりませんが、毛が抜けるというストレスは一体なんなのでしょうか? でもそれがわかったら、おそらくは凄いことなのでしょう。
またたとえストレスの原因がわかったとして、それを取り除くために仕事をやめることはできません。それはどこの職場へ行ったとして、おそらくは同じことなのだと思うのです。

 

さて、病気というのは体の各部分に引き起こされる訳ですが、わかるようでわからない確かな実態がない病気に心の病気があります。例えば、手をナイフで切ってしまった外相のようにわかりにくいものです。こころの病気にも症状というものがあって、その判断はなかなか素人判断では難しく、専門医にかかることでわかることがあります。

 

先にあげました抜毛症kですが、病名の通り、「毛」が関係しています。「抜」は「ばつ」と読みますが、「ぬける」という意味です。言葉の通り受け取ると、「毛が抜ける」訳ですが、この症状は驚いたことにストレスや不安で毛が自然に抜け落ちるのではなくて、自ら頭髪を抜いてしまう病気なのです(そういう症状が発生するのです)。
こう聞くと、何だか抜毛症の方が気が違った人という風に捉えられがちですが、これは心の病気なのです。

 

心の病気というのは何らかが原因のストレスや不安、そして恐怖などから心が不安定になり、緊張したりなどで引き起こされますが、この病気もそうした一般的な心の病気と変わりありません。特に若い女性に多い病気であり、思春期から青年期の女性に多いのです。もちろん男性にはない病気でもないのですが、多くの女性なのです。
心の
ケア、治療というのは、なかなか難しいようで、一般家庭での予防法としては、家族間のコミュニケーションが大切です。

脱毛症ではありません!関連エントリー

健忘症対策
若年性健忘症などもあるように健忘症の症状は怖いものがあります。 心因性から来る健忘症などもありストレスはためないようにしましょう。
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎の症状や状態、判断基準について載せて言います。webなどで調べると皮膚筋炎の写真なども視ることができます。
コルサコフ症候群とは何か
コルサコフ症候群とはアルコール依存症によって起こる栄養失調が原因ですので、家族が一人で生活している高齢者自宅で飲んでいるという方は注意しましょう。
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症は心の病気の1つで、神経症に分類されます。神経症には恐怖症、対人恐怖症、脅迫神経症、抑うつ神経症などがあります。
小脳失調は原因不明です!
小脳失調は運動に支障が出ます。歩行にふらつきがでる、手足の動きが鈍くなったり、動かなくなったりします。舌がもつれてしゃべりにくいといったものです。
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
認知症の予防には休日などはゆっくり休養をとるようにしましょう。それが認知症対策になります。
心気症
心気症ですが、心の病気で神経的なものです。ノイローゼと呼んでしまってもかまわないのかもしれません。脱力感などがあります。うつ病などが伴う場合もあって、自分がいか周囲に訴えるのです。
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症を克服するにはまずは自分自身でできる予防をしましょう。不眠症の原因を調べ対策を施しましょう。
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
膀胱炎の症状としては尿意が近くなる、痛みがあるなどあります、水分を多く摂取して予防に心がけましょう。
拒食症は食生活の問題??
拒食症の症状は精神的な問題です。心の拒食症の原因を探ることが治療の第一歩です。
ダウン症 原因
ダウン症の原因の一つとして晩婚の出産があげられると思います、ただダウン症は治療法が無く確率的にも低くはありません。
痔の症状といぼ痔治し方
痔の予防策と痔になってしまってからの治し方を載せています。