○○症

○○症を自分の体に当てはめてみる

症状, 病気, 検査項目,病気,家庭の医学,症状 病気 調べる,医療,疾病,病,病名

 

○○症と名のつく病状は身近な体の不調に関係する病気が多かったりします。
気になる病状が、ありましたら早めに対処をオススメします。


心配な○○症個別ページ一覧

健忘症対策
健忘症について知っておきましょう。「最近物忘れが酷くてね」なんて言葉を耳にします。こうした言葉を発するのは主に高齢者の方であって、すでにこの社会は高齢化社会を迎えています。さらに高齢化が進行すると、町のあちこちでこうした言葉を聞く機会が多くなるのではないか、なんて予想と危惧を抱かずにはいられません。しかしながら高齢化の波を今更止めることは私たちの周囲の努力ではなかなかムズカシイ。さて、ちょっと耳にしたことがあるのは過度な喫煙、そしてお酒の過剰な摂取が物忘れの原因だと聞いたことがあるのですが本当の...
皮膚筋炎症状と治療
皮膚筋炎は、自己免疫疾患で膠原病の1つにも入ります。詳しい原因はわかっていませんが、自己免疫の異常による筋障害と言われています。橋本病・バセドウ病・他の膠原病など自己免疫疾患と併せて発症することや、自己抗体を伴うことがあります。症状は非常につらいもので、筋肉に炎症や変性などの障害が生じ、力が入らない・疲れやすい・筋肉が痛いなどが基本の症状として現れます。そして皮膚筋炎と呼ばれるゆえんは、特徴の強い皮膚症状を伴うためです。皮膚症状の例は、手の甲や指の関節表面の皮が剥け、紫紅色に変色した皮疹であるゴ...
コルサコフ症候群とは何か
超高齢化社会になって、数年が経過します。超高齢化社会になったのは2007年です。バリヤフリー、介護、医薬品の開発などなど社会において、それは問題視もされ、様々な活動が変わらず続いています。こうした社会は、少子化と晩婚化が助長すらして、ますます進行する危惧もあります。これからますます町中では高齢者を見かける機会が多くなることでしょう。こうした超高齢化社会において、心配なのは高齢者の健康です。「体が資本」というように体が動かなくなったり、不調になったりするとますます家に閉じこもるがちになりったり、さ...
赤面症@顔が赤くなる人には突っ込まない!
赤面症とはご存知でしょうか? 昨今では不景気や雇用不安定、賃金カットなどビジネスマンやキャリアウーマン、さらには就職活動などをする学生にまで耳が痛い話があります。そんな報道は身近なのか遠い世界のことなのか実感がなかなかないままに、暮らしている人も少なくありません。世のビジネスマンもキャリアウーマンも寝る間も惜しんで、食事時間も短縮して働いていたります。生きていくのもなかなか楽ではありません。ビジネスの世界は弱肉強食、喰うか喰われるかの場面もあって、皆必死で戦っています。他人を蹴落とすことが必死な...
小脳失調は原因不明です!
小脳失調症とは?町中では高齢者を見かける機会がますます増えることと思います。1970年に高齢化社会になってから、1994年に高齢社会に、そして2007年に超高齢化社会を迎えて、今後もますます高齢者は増加します。2010年9月の総務省の発表によると、日本の高齢者数は2944万人に上るのだそうです。2007年には人口1億2765万人中高齢者の人口が2556万人でしたので、約400万人の高齢者が増えたことになります。今後も晩婚化と少子化が助長して、こうした高齢化社会で大切なテーマは健康ではないでしょう...
認知症@休日はゆっくりと休みましょう!
高齢化は進み、晩婚化が進み、中高年の独身が増えるのでしょう。昔は独身のことをいい意味でもちょっと皮肉な意味でも独身貴族などと言ったと思いますが、それは自由気ままな生活に向けられたものでした。今ではあまり独身貴族という言葉は聞かなくなりました。以前ほど独身の方が増えているのも事実で、晩婚化が少々問題になっているからでしょうか?さて、独身とは言え、40〜50代の中高年も少なくないと思います。現在では晩婚化が進行していると言われています。独身はやはり気になるのは病気です。普段のお仕事もあり、加齢もあり...
脱毛症ではありません!
良くストレスで毛が抜けたという話を聞いたことがあります。円形脱毛症なども含めてです。職場でのストレスが原因で毛が抜けたという話だったと記憶しているのですが、それを思い出したのです。さて実際はそれなんなのだろう? と考えてみたところで、わからないようで、わかるようでやっぱりわからないのです。それは病気だったのだろうか? と思うのです。誰でも職場では少なからずストレスはあります。人間関係だったり、時間に追われるお仕事だったり、お客様との応対でストレスが溜まる方もいるでしょう。それは人それぞれですが、...
心気症
心気症とはご存知でしょうか? 昨今すでに超高齢化社会です。町中ではますます高齢者を見かけることが多くなり、これからも多くなることでしょう。そんな超高齢化社会、町中では高齢化対策が盛んです。段差が解消されてスロープが設けられたり、階段には手すりが付けられたり、エレベーターが設置されたりしています。また公共施設だけでなくて商業施設各施設でも高齢者対策は行われています。こうした高齢化社会に向けた対策というのは、優しい街づくりというものも大切です。ますます良い町になることを祈りたいものです。さて、人間自...
不眠症@よく寝て頑張りましょう!!
不眠症対策を自分自身で!昨今では不景気だ! 雇用の不安定だ! など社会には私たちが平穏に暮らすには混沌としています。それでなくても毎日好きではないお仕事を懸命に頑張っているビジネスマンやキャリアウーマンは大変なのです。さて、こんな社会では夜も不安で眠れない! なんて方もいるでしょう。ストレスが原因などで眠れないいわゆる不眠の方も少なくないはず。昔は1日睡眠8時間なんてしつけられたものですが、実際そんなに眠っている時間の余裕はありません。また、お仕事によっては夜勤の方もいて、睡眠と言うのは個人より...
水分補給で膀胱炎の予防をしましょう!
人間の体の70%くらいは水分と言われていますが、それだけ私たちの体には水分というものが大切なのはいうまでもありません。肌だって、バリア機能があり、余計な水分を体内から状刷するのを防いでいます。また保湿のためのスキンケアもします。水分とは、対なからだけでなくて、体表面にも大切なものであります。また水分の補強いよって予防ができる病気もあります。その1つとしてあげられるのが膀胱炎です。病気というのは症状がでる前に、先回りして予防するのが大切です。とはいえ、病気の予防は病気の種類や症状、予防の知識が必要...
拒食症は食生活の問題??
昨今の食事は改善すべき問題とも言えるものが少なくありません。まずは乱れた若者の食事です。晩婚化がますます進んだこともあって、外食店が増加したことが理由でもあるのでしょうが、特に都心部ではこうした傾向は強いのだろうと思いますが、外食中心の食生活に頼り、栄養のバランスが崩れているのです。また食事の一つの問題に拒食症と言うのがあります。これは先の問題とは異なり、食障害の一つであり病気です。これは現代病などと称されていて、この20年くらいで爆発的に増加した病気です。先の乱れた食事が栄養のバランスが崩れる...
ダウン症 原因
超高齢化社会になると共に、私たちの社会は晩婚化と少子化という問題も抱えています。昨今では超高齢化社会が進行しているだけでなく、晩婚化も少子化も進行しているらしいです。晩婚化という問題が引き起こす更なる問題というのがあって、その一つがダウン症です。ややもすると、高齢出産の中の一つの問題かもしれません。病気の中には予防できないものもあります。これは悲しいことなのですが、人間の体というのは加齢には抵抗することはできません。例えば、私たちの体内にはコラーゲンという成分があります。この成分は加齢と共に減少...
痔の症状といぼ痔治し方
私たちの体というのは、丈夫だなと思うときもあれば、もろいものだな、と思うこともしばしばあります。病気とはすぐに気が付くものもあれば、重症にならないと築かないものもあるでしょう。何かと、日頃の生活習慣を考え直してみると、そこには病気の原因がちょっとしたことですけれども、潜んでいるのです。ですから、昨今では社会というのは、少しずつ変化してきていて、昔ながらライフスタイルも変化してきて、従来の生活の習慣とはなくなりつつもあり、またそうした変化には気をつけなければならないのかもしれません。ここで、一つに...