骨セメント療法

骨セメント療法

骨セメント療法,京都,札幌,福岡,武田総合病院

骨セメント療法、正式には経皮的椎体形成術と言い、病気から圧迫骨折した患者や骨粗しょう症の治療をする方法です。
骨セメント療法は、脊椎圧迫骨折の痛みの軽減を目的とした治療法で、1980年代後半ヨーロッパを中心に生みだされました。
1990年代後半世界的に認められ、1997年に日本にも上陸しました。

 

老化などから骨のカルシウム成分の不足から骨がボロボロになってしまう病気・骨粗しょう症患者は、全国に1100万人います。
その内女性は800万人と大変多く、これは出産などの経験からカルシウムが不足しやすいためと考えられます。
骨粗しょう症になった患者は、背骨などを骨折してしまうと寝たきり状態になり、痴呆症になりやすいのです。

 

このような事態を防ぐためにも、圧迫骨折を短期に治療できる方法が、脊椎の中に骨セメントを注入して強くし、
痛みをやわらげる治療・骨セメント療法なのです。
回避できない高齢化社会の到来で、運動不足による骨粗しょう症から、ただの尻もちや転倒でも圧迫骨折患者が増えるでしょう。
骨セメント療法は、腰痛や背部痛の治療に役立ちます。

 

施術の手順
■患者はうつ伏せで検査台に寝て、病巣部分の皮下組織に局所麻酔を行う。
■つぶれた脊椎の中に針を刺す。
■その針を通し、ペースト状の骨セメントを注入する。
これで、骨折部を安定させ補強し、痛みを緩和する事が可能です。
統計では、約9割の患者の痛みを軽減すると言われています。


聖マリアンナ 骨セメント療法

聖マリアンナ医科大学病院では、「骨セメント療法」という治療を行なっています。
正しい呼び方は経皮的椎体形成術と言い、局所麻酔のみで行える脊椎圧迫骨折した骨を治療できる療法です。
脊椎圧迫骨折とは、背骨の椎体という骨の太い部分がつぶれることで、ボキリと折れるのとは違います。

 

高齢者に多い骨粗しょう症や、転倒・事故などのケガ・また癌の転移などが、その原因です。
ボキリと折れなくても、圧迫骨折からも強い痛みに苦しみ、何か月も何年も、この痛みに苦しめられるのです。
骨セメント療法は、検査台に寝た患者にまず局所麻酔を行い、つぶれた椎体の中へと注射針を刺していきます。
その針を通して、セメント製剤を練ったペースト状の骨セメントを注ぎ込んでいき安定させます。

 

そして期待できる効果はと言うと、寝返りもできないほどひどい背中や腰の痛みが、骨セメント療法・経皮的椎体形成術治療が行われると、治療後数日経過で消え去ってしまうのです。
また、痛みが激しく動くこともできなかった患者が、自分の足で歩けるようになったりします。
これらのように、ほとんどの患者が骨セメント療法施術後、早期に劇的な症状の改善を認めています。
治療後、重篤な合併症は認められません。
骨セメント療法治療の所要時間は、1つの椎体に30分間程度なので、開始から終了までは60分〜90分です。
入院期間は、合併症など特に発生しなければ非常に短く、4日〜7日間程度です。

骨セメント療法関連エントリー

生活習慣病予防健診
協会けんぽ生活習慣病予防健診など生活習慣病の要望について載せています。
運動で40肩の予防をしましょう!
40肩に関する病状や40肩の痛みを緩和する方法を載せています。
白髪シャンプーでいつまでも若く!
白髪シャンプーは白髪を予防する効果があるので白髪に悩んでいる人は試してみてはどうでしょう。
脳疲労を緩和
脳疲労は時に過労の危険性を秘めています。脳疲労にならないためには遊ぶことも大事です。
命の母口コミと評判
「命の母」は、「すべての女性を健康にしたい」という深い思いのもとで、 生み出されました。
抑肝散
抑肝散は精神を安心安定させるための薬です、漢方薬ですので安心に服用できますね。
椎間板ヘルニア リハビリ
椎間板ヘルニアのリハビリは日々の運度のなかに取り入れましょう。
馬油の効能
馬油の効能は温泉にも貢献しています。 馬油シャンプーという商品もあります。
指の関節の痛み
指の関節の痛み