脂肪肝 食事

脂肪肝 食事

脂肪間は国民の3人に1人がかかっている病気で生活習慣病の一つです。
脂肪肝は肝臓に脂肪がたまり肝臓の機能が損なわれてしまう恐ろしい病気です。
脂肪肝は生活習慣病ですが悪化すると最悪の場合もある恐ろしい病気です。

 

最近では脂肪肝と診断される方が増えているといわれています。
成人男性の10%、女性3%が脂肪肝といわれています。

 

脂肪肝は早期症状が全くなく悪化してから痛みなどがでてきます。
気づいたころには手おくれになっていたというパターンも少なくありません。
発見されるパターンで多いのが健康診断や検診といった場合が多いそうです。

 

脂肪肝が悪化すると疲れやすい、体がだるい、食欲がないといった肝臓病の一般的な症状とにています。
ですので普段の食生活を気をつけることと最も大切なのは健康診断など定期健診をしっかり受けることが大切です。
脂肪肝に効果的といわれているサントリーウエリネスはおすすめです。

 

健康診断や検診などで血液中のタンパク質をみる指標はGPTやGOT、yGTPといった指標になります。
結果の中にあるのでチェックしてください。
厚生労働省の調査した結果、健康診断などでGPTの数値に異常がでた人は3割もいるそうです。
脂肪肝の予防として3つのポイントがあります。

 

まずはアルコールの飲みすぎでのアルコール性脂肪肝がありますのでなるべくはアルコールは控えうようにしましょう。
肝臓にたまった脂肪を使い切るということもポイントです。
運動などウォーキングなどで脂肪を燃焼しましょう。
脂肪の燃焼にはビタミンが重要になってきます。

 

ビタミンは脂肪を燃焼する働きをするものなのでビタミンの多い食事を増やすといった方法も重要なポイントの一つになります。
ビタミンが多く含まれる食べ物として鳥レバー、モロヘイヤ、ウナギ、春菊などいろいろあります。
ビタミンA、Bなどビタミンは様々です。ビタミン別での食品が紹介されていますので参考にご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/vitamin.htm
生活習慣病はなかなか発見が難しいものですので予防や対策をしっかりし早期発見の為に健康診断は毎年うけるように心がけ生活習慣病予防をしましょう。
-----

脂肪肝 食事関連エントリー

肝臓病の症状
肝臓病の症状はもしかしたら一番身近な病状かもしれません。脂肪肝や肝炎、肝臓癌など不摂生がたたっての病気が多いのが肝臓病関連です。
心筋梗塞 食事
心筋梗塞はとても怖い病気です。予防にはやはり食事に気をつけなれればいけません。
腎不全の原因
腎不全の症状の原因は何でしょうか?腎臓は体の老廃物をろ過してくる大切な役割を担っています。
中性脂肪 数値
中性脂肪の数値は気にかけていますか?中性脂肪 の数値が高いと動脈硬化などを引き起こしてしまいます。