肝臓病の症状

肝臓病の症状

肝臓には脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓ガンなどさまざまな病気があります。
肝臓の病気は食べすぎ、肥満、アルコールの多量摂取といったことが原因でこういった病気になるといわれています。
肝臓の病気は生活習慣を直すことで回復します。

 

病院で肝臓の病気を指摘されたときはぜひ生活習慣を見直してみてください。
かなりの回復が期待できます。
とくに良く聞くのはガンや肝炎です。肝炎の症状は大きく3パターンにわかれます。

 

その3パターンは発症の仕方や症状の経過でパターンが違ってきます。
そのパターンはまずは急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎のパターンになります。

 


急性肝炎は突然に発症し一過性です。
細かく説明すると急性肝炎は風邪のような症状が起こります。
全身倦怠感、発熱、頭痛などがあります。
症状は軽く黄疸が見られるようになってきます。ほとんど自覚症状がないといいます。

 


慢性肝炎は6ヶ月以上症状が治まらないものが慢性肝炎です。
慢性肝炎は急性肝炎がなおらず悪化したときに慢性肝炎になるとも考えられています。
肝細胞の破壊、復活が6ヶ月以上長い月日かかります。
肝炎病の中で一番多いのが慢性肝炎といわれています。

 

一部分が肝硬炎になりますので注意してください。
症状としては体のだるさや吐き気、食欲不足といった症状があります。
急性肝炎と同じく自覚症状はないのでこちらも注意して少しでもおかしいと感じたら医師へ相談してください。
検診などで偶然見つかるといったケースがかなり多いそうです。
ですので検診もしっかり受けることを進めます。

 

慢性肝炎は肝機能が安定しているときは特に変わった特別な治療はありません。
先ほど紹介した肝炎の中で恐ろしいのが劇症肝炎。
治るのに時間が結構かかってしまうのが特徴です。

 

劇症肝炎はおそろしいもので非常に珍しいケースともいわれていますが、劇症肝炎は発症してから1週間〜10日では死に至るといわれています。
劇症肝炎は初期症状として慢性、急性と同じく吐き気やだるさがあります。

 

悪化していくと花時や歯肉出血などの出血といった症状が現れてきます。
脈や呼吸も荒くなり意識障害もでてきます。
重症化した場合には肝性昏睡に陥る場合もあります。どの病気もそうですが病気のサインをみのがさずしっかり病院へいくことが大切です。
いつものこと、気のせいとほっておくと取り返しの付かないことになります。

 

ですのでしっかり予防、日ごろの生活をしっかり健康に過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

肝臓病にはどのような症状があらわれるのでしょうか

肝臓という臓器は人間の体内にある臓器の中でも、
非常に我慢強い臓器です。

 

少々の問題が発生しても、黙々と働き続けます。
これが肝臓が「沈黙の臓器」と言われる所以です。

 

なんといいますか、職人のような臓器なのですね。
自分の体調が悪くても、自分のやるべき仕事を優先させる。
そういったプロ意識に溢れた臓器といってもいいかもしれません。

 

しかし、そういった我慢強いことが裏目に出ることがあります。

 

本当はすごく大変な病気になっているのに、それでも働き続けるものだから
さらに病気が深刻になっていってしまう。
そういったことに繋がってしまいがちなのが肝臓病なのです。

 

なので、なんといっても肝臓病は早期発見が“肝心”です。
早くに発見出来ないと、肝臓ガンにまで深刻化してしまう恐れさえあります。

 

ですが早期発見したいにも、肝臓病の症状というのは非常に分かりづらいです。
普通の風邪のような症状ですので、それが肝臓病の症状と気づきにくいというわけです。

 

ですが、一応肝臓病の症状といわれているものがありますので、ざっと紹介しておきますね。

 

@倦怠感、食欲不振、吐き気
普通はこれらの症状がでても肝臓病とは疑いませんよね。

 

A黄疸
これは皮膚や白目が黄色くなる症状です。
これはかなりの確立で肝臓が悪くなっていますので、これがでたら病院に行きましょう。

 

B手掌紅斑
読み方は、「しゅしょうこうはん」です。
これは手の指や指の付け根の部分が赤くなる症状ですが、
これが出たからといって肝臓病とは言い切れません。

 

Cくも状血管腫
これは胸や肩や二の腕などの一部ににクモの足のような血管が現れる症状のことです。

 

D血が止まりにくい
一度出血してしまうと血が止まりにくく、、ちょっとしたことですぐ血が出ます。

 

E酒をまずく感じ、量が落ちる
この症状がでたらかなり危険ですね。
これはかなり肝臓病が深刻してるといえると思います。

 

この順番というのはあまり関係がありません。
E番にいくに連れ肝臓病が深刻している、というわけでもありません。

 

しかし、肝臓病の症状は分かりにくい、ということがよく分かったのではないでしょうか。

 

黄疸と酒がまずく感じるというのは、かなりの確立で肝臓が悪いと言えるかもしれませんが、
これらの症状というのは、すでに肝臓がかなり悪くなってから現れてくる症状なので、
早期発見とは言えないでしょう。

 

では早期発見するにはどうすればいいのでしょう。
今挙げた肝臓病の症状のうち一つでもでたらとりあえず病院にいくことですね。

 

倦怠感、食欲不振、吐き気を感じたのなら、まず病院に行ってみましょう。
黄疸がでたら病院に行きましょう。
手掌紅斑がでたら病院に行きましょう。

 

くも状血管腫がでたら病院に行きましょう。
血が止まりにくくなったら病院に行きましょう。
お酒がまずく感じたり量が減ったら病院に行きましょう。

 

めんどうくさいかもしれませんが、これが結局のところ一番確実な方法でしょう。

肝臓病の症状関連エントリー

脂肪肝 食事
脂肪肝は初期症状が無く健康診断で判断されることが多い病気です。脂肪肝を軽く見てはいけません悪化すると最悪の結果になってしまうこともあります。日頃からの食事に気をつけ脂肪肝をなくしましょう。
心筋梗塞 食事
心筋梗塞はとても怖い病気です。予防にはやはり食事に気をつけなれればいけません。
腎不全の原因
腎不全の症状の原因は何でしょうか?腎臓は体の老廃物をろ過してくる大切な役割を担っています。
中性脂肪 数値
中性脂肪の数値は気にかけていますか?中性脂肪 の数値が高いと動脈硬化などを引き起こしてしまいます。