腎不全の原因

腎不全の原因

腎臓という臓器は、重要な働きをする臓器です。
あまり腎臓の機能を知らない人が多いので、
ここで少し腎臓がどのような役割を担っているかを説明しますね。
いくつかあるのですが、覚えてほしいのは、

 

私たちの臓器から出てきた老廃物をろ過して尿にして排泄するという機能です。
この機能がないと、私たちの体にはどんどん老廃物がたまっていくことになります。
そして、まさにこの腎臓の機能が低下してしまい、

 

通常の30%以下の働きしかできなくなっと状態を腎不全というのです。
しかし、腎不全の原因はなんでしょうか。
どういったことが起こると、腎不全になってしまうのでしょうか。
その話をする前に、まず二つの腎不全についてお話しなければなりません。

 

腎不全は大きく分ければ二つになります。急性腎不全と、慢性腎不全です。
この二つの腎不全の原因は、それぞれ異なっています。

急性腎不全の原因ですが、主なものは三つです
  • 一つ目に腎臓への血流量が不足することにより、起こるものこれは多量の出血などです。
  • 二つ目に尿の流れが阻害されて起こるもの前立腺肥大などがあります。
  • そして三つ目に、腎臓内が損傷して起こるもの手術やケガで腎臓内に損傷したときに起こります。

慢性腎不全の原因

一方の慢性腎不全の原因はというと、腎臓に関するすべての病気といわれています。
その中でも代表的なものは、慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、間質性腎炎、腎硬化症です。

 

急性腎不全のほうは、適切な治療法を受けた場合、かなりの確率で治ります。
しかし、慢性腎不全のほうは、今のところ完治させることはできないです。

 

特に、腎臓の機能が通常の10%以下になってしまっている末期の腎不全の場合、
死ぬまで透析を続けなければなりません。
しかも、慢性腎不全の怖いところは、末期になるまでほとんど自覚症状がないのです。
気付いた時には末期だった、ということが大変多い病気です。
ではどうすればいいのでしょう。

 

どうすれば、末期になる前に腎不全だと気づくことができるのでしょうか。
まずやらなければいけないことは、腎不全の原因が自分に当てはまっているかを確認することです。
あなたがもし、何らかの腎臓病を患っているのでしたら、
腎不全にもなっているかもしれない、ということを疑ってほしいのです。
そして病院に行って診断してもらってください。
尿検査や血液検査などの、比較的簡単な検査でほとんど場合わかります。
その簡単な検査をするかしないかで、あなたのこれからが変わるかもしれないのです。
面倒くさがらずに、行ってみてください。

腎不全の原因関連エントリー

脂肪肝 食事
脂肪肝は初期症状が無く健康診断で判断されることが多い病気です。脂肪肝を軽く見てはいけません悪化すると最悪の結果になってしまうこともあります。日頃からの食事に気をつけ脂肪肝をなくしましょう。
肝臓病の症状
肝臓病の症状はもしかしたら一番身近な病状かもしれません。脂肪肝や肝炎、肝臓癌など不摂生がたたっての病気が多いのが肝臓病関連です。
心筋梗塞 食事
心筋梗塞はとても怖い病気です。予防にはやはり食事に気をつけなれればいけません。
中性脂肪 数値
中性脂肪の数値は気にかけていますか?中性脂肪 の数値が高いと動脈硬化などを引き起こしてしまいます。