床ずれ 治療

床ずれ 治療

床ずれとは医学的に別名褥瘡とも呼ばれています。眠るときに長期にわたり同じ体制で寝たきりの状態になった場合にできる症状です。
布団に接触している接触局所で血行不全になり周辺組織が壊死を起こすことを床ずれといいます。
また組織が壊死が起こったときに組織欠損、皮膚潰瘍を生じます。
また床ずれの原因としてあげられること外的因子と内的因子に大きく分けられます。
まずは外的因子ですが外的因子として発症する原因は組織に水得に圧力がかかります。
その圧力を長時間うけることで生じる圧縮応力、また組織と支持面の間の摩擦やずれによって生じる引っ張り応力などがあげられます。
また内的因子ですが内的因子は加齢や麻痺、低栄養でおこるといわれます。
内的因子でしたら血液像や血清アルブミン、血中の亜鉛の定量などでまた低栄養ということの改善で治ります。
また床ずれの予防を紹介します。
床ずれは予防ができます。やむを得ない事情で発生してしまうケースもありますが、予防を紹介します。
除・減圧、また皮膚面の保湿ち清潔にすることが大切です。
また栄養管理も大切になってきます。入浴も大切です。
万が一入浴が困難な場合は足浴だけでもしたほうが良いです。
脱水予防もかねて薬剤師などに相談また他にもリハビリテーション療法士という方法もまたあります。
また床ずれを起こりそうかどうかもチェックすることもできます。
そういった人の予防目的でブレーデンスケースやOH・K式スケール等があります。

また体圧分散寝具を使用することも予防の一つになります。
羊毛皮のメディカルムートンやウレタンフォーム、マット・エアマット、ウォーターマット、高機能寝台なども予防用の寝具用品としてあります。
また定期的に体位変換を行うことも予防としてあります。
2時間ごとに体位変換を行うことが基本になりますが、最近では4時間間隔ですることでも大丈夫といいます。
また床ずれにならないように皮膚・排泄ケア認定看護師という方々が活躍されています。
最近では次第に一般的に介護の場で活躍しています。
また床ずれの治療は炎症除去と皮膚局所の血行改善に努めることが治療の一つです。
炎症除去にはステロイ外用剤がつかわれています。
だいたいは薬などで治療を行うのが一般的です。

床ずれ 治療関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。