老人ホーム 費用

老人ホーム 費用

老人ホームという言葉はしっている人は多いと思います。老人ホームとは高齢者向けの施設全般を広く指す言葉です。高齢者向けの施設にはさまざまな種類があります。
まずは有料老人ホームです。
老人有料ホームとは老人福祉法第29条で定められた老人を預かるホームのことをいいます。

 

「老人を入所させ、入浴、排泄、食事の介護、食事の提供又はその他日常生活上必要な便宜であって厚生労働省で定めるものの共与をする事業を行うものであって、老人福祉施設、認知症対応型共同生活援助事業を行う住居その他、厚生労働省で定めるしせつではないもの」と少し難しく長い分ですが、国にしっかり許可を出したものが老人ホームを運営できるのです。
ですが、現状は施設の設置主体に特別な規制がないため、民間企業が数多く参入しています。
老人ホームの内面、施設の状態などをしっかり確認したうえで入居を決めましょう。

 

最近では老人の職員による虐待など、介護をせずそのまま放置していたなどのニュースもよくききます。
このような目にあわない為にもしっかり前もっての施設の調査も大切です。
老人ホームの費用についてですが、具体的な例ですがまず入居時に必要な費用ですが、入居金と入居一時金がかならずかかります。
それに+毎月の月額利用料、家賃、管理費、高熱費、食事、介護に関わる実費、介護保険自己負担の1割お小遣いその他にも必要に応じて費用は発生します。

 

入居金と月額利用料ですが、入居の際に支払う入居金と、毎月支払う月額利用料金、食費、おしめ代など介護にかかわる実費が必要になります。
一般の人がアパートを借りるときに敷金礼金が初めかかるのと同じ内容です。
そして毎月しようした部屋代といった感じです。
ですが老人ホームの場合は介護代など食費もでてきます。
月額利用料金の内容は、ホームでの毎日に必要なものにかかる費用を払います。
基本は、家賃、管理費、光熱費などですが、ホームによっては内容は異なってきますのでそこらへんは注意してください。
ある人の例ですが、10年、20年暮らした場合の合計金額が1年目で8232000円、2年目2232000円10年目28320000円、20年目50640000になっています。

 

この例の場合サークル代などお小遣いも含めた金額になっています。
老人ホーム費用はけして安いもではありません。
安いからといってその内容はどうなのかと良いものなのかしっかり事前に調べることがなによりも大切なことになります。

 

老人ホーム 費用関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。