寝たきり 原因

寝たきり 原因

「寝たきり」というと、高齢者の症状のように思う方もいらっしゃるでしょう。
確かに高齢者の「寝たきり」が一番多いですが、「寝たきり」の原因としては1番に40%を占める「脳卒中」、2番目には「骨折」での「寝たきり」が多いとされています。
ですから、高齢者の方は特に「脳卒中」と「骨折」を予め気をつけてあげることが重要となります。
「脳卒中」の原因となる塩分を控え、栄養バランスの良い食事を心がけ、「骨折」にはカルシウムの摂取や適度な運動を心がけるようにしましょう。
また、「脳卒中」や「骨折」の他にも、「風邪を引いた延長」「体の麻痺」「腰痛」「関節痛」「病気の治療による長期の寝込み」などの原因も考えられます。
このことから分かるように、日常的に何らかの病気や症状によって「寝たきり」の状態のまま、長期間を過ごさせることを避けなければなりません。

 

「寝たきり」にさせないための注意事項をご紹介したいと思います。

  • @寝かせきりの状態が「寝たきり」を作るため、必要以上の安静状態は避ける
  • Aリハビリを早い時期からベッドの上などから実践し、体を起こす状況を作る
  • B食事やトイレ、着替えなどからで良いので、少しずつリハビリをする
  • C朝起きたらパジャマなどから着替え、寝る時と行動時のメリハリを付けさせる
  • D自立させる事が大切なので、目は離さない上で手を貸し過ぎない
  • E行動範囲を広げるため、車椅子への乗り降りをする
  • F手すりや段差を無くした住みやすい環境で、行動しやすくすることで行動意欲を上げる
  • G「閉じこもり」を防ぐため、家庭内や外でも楽しみを見つける
  • H地域的に「寝たきり」を改善するために、進んでデイサービスなどを利用する

 

身内の高齢者が病気や治療のため、ベッドの上で寝ている状態が続くようであれば、周りの介護をする家族の大変さも理解できます。
しかし、周りの人間がその状況を少しでも打開していこうとしなければ、「寝たきり」は進行してしまいますし、このように必要以上に安静の状態を取らせる事によって老化が進行してしまうことを「廃用症候群」と言います。

 

「寝たきり」は「寝かせきり」が原因な場合もあるんだということを頭に置いておいてください。
現代では介護する側の忙しい日々などによって、「寝たきり」である必要がない高齢者が「寝たきり」になってしまったケースが増加しています。
周りと本人の努力によって、日々少しずつ体を動かす状況を作ってあげることで、「寝たきり」は未然に防ぐことができる場合が変多いのです。

寝たきり 原因関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。