高齢者 食事

高齢者 食事

高齢者は若年者に比べて食欲が低下している場合が多くなります。個人差が大きいのですが、理由としてさまざまな理由が考えられます。
若いときに比べると心臓や呼吸器の能力は衰えています。また骨や関節に障害などが生じて、高齢者では多くの人はスポーツなどの運動をしなくなってしまいます。

 

その結果、筋肉は衰え、脂肪が蓄積され同じ体重でも脂肪の割合が高くなっていきます。
体の消費するエネルギー量が少なくなり、食事からエネルギーを摂らなくてもよくなります。
その為高齢者は若年者より食事をとらなくなります。
また味覚や嗅覚、視角も年をとると衰えていきますね。
そういった低下も食欲に影響を与えます。
料理の味や香りを楽しめなくなればやはりその分食欲も進まなくなります。
色も食欲を増進させる大切な要素になります。
食欲の低下には様々な原因があります。
高齢者はうつ病になる割合が高く、気力がなくなったり生きる希望がなくなったりします。

 

そういったことでも食欲はなくなってきます。
食事をしっかりすることは寿命を延ばすことにもつながります。
寿命を延ばすという課題で昔から研究がなされています。
動物実験ではっきりとした効果が認められているものはほとんどありません。
そのなかでエサを制限することでネズミの平均寿命、最大寿命がともに大きく延長するという結果が1930年代に発表されました。
その後多くの研究で繰り返し証明されています。
ネズミも人も同じく食事制限は大切ということです。
同じ実験を人間と近いサルでしてみていますがサルの寿命は30年ほどになるのでまだ研究は途中段階になります。

 

ですが途中結果ではやはり食事制限されているサルは制限されていないサルに比べて廊下の指標が若かったとされています。
日本またありがたいことに日本食は理想的な健康長寿食とされています。
伝統的な日本の食事が健康長寿食であって日本人が世界平均的に長生きである要因だともいわれています。

 

日本の食事の大きな特徴は主食「米飯」汁「味噌汁やお吸い物」主菜「魚や肉」福菜「野菜を中心としたメニュー」という私達からしたら当たり前の食事も世界的にむると独特のパターンということになるそうです。
日本人の食事は先進諸国のなかでは炭水化物の量が多く、脂質の量が飛びぬけて少なく、その結果心臓病にかかる人が非常にすくなっています。
日本の伝統的な食事をふまえ高齢者は塩分をすくなくするなど工夫をして長寿食で毎日健康に長生きに生活していきましょう。

高齢者 食事関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。