高齢者の生命保険

高齢者でもはいれる生命保険のポイント

生命保険とは、人間の生命や臆病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受け取り人に保険均を支払うことを約束するもので生保と略称されます。
日本では郵政民営化以前の日本郵政公社が簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で生命共済の名称で保険が取り扱われています。
生命保険は損害保険や火災保険などいろいろな保険があります。
近年では地震保険が人気になっています。

 

その中で高齢者の為の生命保険を紹介いたします。
高齢者の為の保険はシニア保険ともよばれます。
シニア保険は、保険に加入することが難しくなる50歳代の人を中心に簡単な手続きでご加入いただける老後に備えるための保険です。
最近では告知書を提出せずに加入できる「無選択型保険」や簡単な質問をすることで加入条件を緩和して健康に多少不安がある方でも入りやすくした「引受基準緩和型保険」というタイプの保険もあります。
ですがこういった保険は健康のリスクが高い人でも加入できるため、一般の保険に比べて保険料は割高になります。

 

またシニア保険は医療保険以外にも葬祭費用を補償する保険などいろいろなものがあります。
保険を選ぶにあたってのオススメのポイントがあります。
シニア世代の方は子供は独立するなど、家族に対する経済的責任は減少し、死亡補償の必要性は30代、40代に比べ、少なくなっていきますが代わりにケガや病気にかかりやすくなってしまいます。
そのため医療補償の重要性が大きくなってきます。
しかし元々の持病や健康に不安があり、保険に入れないと諦めている人も大勢いると思います。
ですが先ほどでも紹介したように「無選択型保険」や「引受基準緩和型保険」は健康のリスクがある方でも保険に加入できます。
保険料も少し高くなりますし、死亡補償の必要性は減少してしまいます。
葬祭時の費用くらは準備しておきたいという方には不慮の事故や病気で亡くなられた場合に保険契約者はまた親族が負担する葬祭費用を補償する商品もあります。

 

2010年の人気保険ランキングで1位になったのはAFRACです。
あの可愛い猫とアヒルとあおいゆうさんでCMしている保険会社です。
その中でシニア保険で満40歳から満80歳までの方ならどなたでも無条件で加入できる保険になっています。
健康状態・ご職業などで契約をお断りすることはなく、月々保険料は2000円から1000円単位でご加入できます。
また更新がなく保険料は一生涯変わりません。
など他にもいろいろなオススメな保険が沢山あります。
自分にあった保険を見つけてください。

高齢者の生命保険関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。