高齢者の一人暮らし

高齢者の一人暮らし

内閣府の取り組みで「一人暮らし高齢者に関する意識調査」という65歳以上の高齢者を対象とした調査がありました。
その結果をみて今後高齢者といわれるようになるかたたちの間で最近まで騒がれ呼び名までついた熟年離婚、再婚もあるとは思いますが再婚をせず高齢者になり家族もなく一人でくらさなければならなくなった人たちや結婚に縁がなく一人で生きている高齢者の心境を調査したので熟年離婚した方たちのために調査結果を役立ててもらえたらと思います。

 

この調査は65歳以上の一人暮らしの男女、標本数3000人、回収率は1941人に基づいての結果です。
調査結果をここで少し細かく紹介していきます。
一人暮らしの高齢者達の気になるのは日常生活での心配後ごとがあると答えたひとは41.2%の半数以下心配がないと答えた人は58.8%前回実地したときより心配ないが10.2%増え、心配があるが10.2%減ったということです。
日常生活で心配がると答えた人の心配ごとのおもな原因は病気がちで健康面の心配が圧倒的に多かったです。54.4%と過半数以上を超えました。

 

その他の心配ごとは家事が大変、家族の心配、頼れる人がいない、寝たきりで介護を必須とするなどの少数意見もあります。
前回の調査よりとよれる人がいないが21.4%減少ということです。
やはり時代のすみやすさなどの現われなのでしょうか?将来の不安についてきいた調査に関しては、やはり将来の健康や病気に不安を感じるが82.5%とても多かったですが、前年度より比較すると17.4%増加しています。
心配ごとや悩みごとの相談する相手に関する調査では子供が60.2%兄弟姉妹は25.7%友人、知人18.4%それ以外の家族、親族が7.5%その中にもだれにも相談しないという意見が8.0%少し寂しいきもしますが、その他にもいろいろな調査結果がのっています。

 

URLをはりつけますので今後の自分、介護をしている方、はじめようと思う方の参考にできればと思います。
http://www.fukushi.com/news/2003/08/030808-a.html
そして近所に一人暮らしの老人、高齢者などにこまっている時は優しく手を差し伸べられる人が多い環境作りができれば日本はもっと良い国になると思います。

高齢者の一人暮らし関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。