高齢者の肺炎

高齢者の肺炎

肺炎という病気がありますが、肺炎はさまざまな病原菌の完成によってハイが炎症を起こす病気のことで一般的には体力が落ちているときに免疫力が弱くなっているとかかりやすい病気です。
今では病院に通ったり入院すると直る病気ですが戦前は日本人の死因の第一位でした。
戦後に抗生物質が登場すると死亡者数は急激に低下しましたが現代でも1980年以降頃から再び急増し死因の原因第4位です。
肺炎は私達の身近な病気でとても怖い病気でもあるのです。
特に心臓や呼吸器に慢性疾患のある方や肝不全、肝機能障害、糖尿病のある方などは、肺炎などの感染症にかかりやすく症状も重症かする傾向にあります。
高齢者はとくに危なく、高齢者の中でよく起こる肺炎の大部分は「誤嚥性肺炎」と呼ばれるものがあり、この病気は本来食事をするときに食事は食道を通って胃に入りますが、高齢者は機能が低下していることもあり食べ物の一部が唾などと一緒に間違って気管に入り込み、その結果病原菌もいっしょに肺に這うってしまうことでおこってしまう病気なのです。
誤嚥性肺炎は主に脳梗塞や脳出血などにより、脳の働きが低下することによって起こります。

 

私達は普段間違って異物が気管に入り込むと咳き込んだりして異物を体がだそうとしますが、高齢者の場合脳の働きが低下するのでその分咳などで体が身を守ろうとする機能も低下してしまします。
また、肺炎にかかると高熱がでるというイメージもありますが高齢者の場合熱を出す昨日も低下します。
ですので症状がわかりにくく発見がとてもおそくなってしまうのです。
高齢者で「食欲がない」「元気がない」「全身がだるい」といった症状がある場合は軽く考えずに「肺炎」をうたがってすぐに診察を受けることをオススメします。

 

また肺炎が怖いのは急速に症状が進んでしまった場合、抗生物質などによる治療が間に合わないこともあります。
高齢者の方はとくに肺炎などの病気には気をつけましょう。
肺炎の症状として一般的には咳、痰、発熱などがあります。
肺炎がひどくなれば呼吸困難におちいります。
またのどがゼーゼーするなどの症状があります。
小さいお子さんでも風邪から肺炎になることもありますので風邪が長引いたりすると注意が必要になります。

高齢者の肺炎関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験を実際に体験することで高齢者の身体的な体験を疑似体験し高齢者の気持ちをより解るようになります。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。