高齢者擬似体験

高齢者擬似体験

高齢者擬似体験とは疑似体験装具といわれるヘッドホンや特殊眼鏡、手足の重りなどを装着して日常生活活動を老人と体質や体調に擬に的に他県することでなのです。
高齢者擬似体験をすることによって加齢による身体的な変化、筋力、視力、張力などの低下を知り、高齢者の気持ちや介護方法、高齢者とのコミュニケーションの取り方を体験的に学ぶことができる体験方法なのです。
また小学校4〜6年生向けに高齢者擬似体験セットの「つくし君」で同様の体験ができる高齢者擬似体験があります。

 

高齢者擬似体験セット内容はヘッドホン制耳栓、聴力は20歳くらいから低下が始まりますが、難聴の自覚は50歳すぎころからになります。
ヘッドホーンをつけることで高音性の難聴などを再現できます。
年をとると言葉の明瞭度が落ちます。
内容が聞きづらい年寄の気持ちを体験できます。
特殊メガネ、特殊メガネは加齢からくる白内障によって起こる色覚変化などでの視界がぼやけて見えたり、視野の狭さなどを体験します。
加量チョッキは加齢とともに筋力が低下する現象を体験できます。
チョッキの中には体重を対比させた重りが入っていて年寄の前かがみになる姿勢を体験します。

 

肘サポーター・重り、肘関節を固定して、手首に重りをつけることで、筋力の低下によって肘関節角度の動きの変化や骨格、肩関節の変化や前かがみの姿勢から起こる手の拳が上がりにくくなる状態などを体験できます。
手袋ははくことにより手の感覚、圧覚、温覚などの変化を体験します。
この手袋は年寄独特の細かい作業がしにくく、物が掴みにくく、膝関節が動きにくくなっています。
膝サポーター・足重りは、膝にサポーター、足首に重りをつけることで下肢の筋力の低下にともない膝関節が動きにくくなる状態を体験します。
靴型サポーターは足首の関節に靴型サポーターをつけることで、足関節が半固定され、歩くときにつま先が上がらず、つまづきやすくなる状態を体験します。

 

杖は年寄がよくもっているのを見ますね、不自由になった体を安定させるたねに支える道具です。
安全効果などを体験します。
杖はなにも装着していない手で持ちましょう。セット内容は以上になります。
取扱いの注意があります。危険防止の観点から片方の利き手、利き足に装着してください。
これをきてお年寄りの気持ち、身体の状態を理解して自分の為にお年寄りの気持ちを理解してください。
そして介護している方は介護に役立ててください。

高齢者擬似体験関連エントリー

後期高齢者医療制度 高額医療費
75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです
高齢者 食事
高齢者の食事となりますと献立(レシピ)から考えなければなりませんが宅配支援サービスを使えばイラスト入りのメニューで食事バランスのとれた食事が可能になります。
高齢者の一人暮らし
高齢者の一人暮らしは深刻な問題になっています、政府が行った調査の結果高齢者の一人暮らしの実に半分以上が健康面で不安を持っており実に心配だと洩らしています。
高齢者の生命保険
高齢者でもはいれる生命保険を紹介します。 一般的にシニア保険と言われていますが高齢者が入る保険の目安を紹介していきます。
高齢者の肺炎
高齢者の肺炎は怖い病気の一つです、高齢者は体力の問題がありますので肺炎は注意しましょう。
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者の日常生活自立度について載せています。一口に認知症高齢者と言ってもT〜Mまでのランクで分けられます。
老人ホーム 費用
老人ホームの費用は思いのほか高いです、だからと言って費用の安い老人ホームは駄目なのかと言うとそうでも無いです自分で調べることが大事です。
老人保健法
老人保健法とは老後における保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、向上と増進を図っています。
寝たきり 原因
高齢者の寝たきりは寝かせきりからくることも少なくありません。脳卒中や骨折から寝たきりになるケースは多いです。
グループホーム 費用
グループホームの費用とはいかほどなのでしょうか?とても気になるところです。グループホームとはそして費用とは?にスポットを充ててます。
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています。
床ずれ 治療
床ずれの治療ですが床ずれは予防が大事です外的要因と内的要因がありますが栄養管理、清潔がとても大事です。