高齢者

高齢者の暮らしを知っておく必要があります、周りの肉親や親せき、配偶者などを取り巻く環境を熟知することで、より良い形で自分自身の変化となって現れます。

高齢者の医療や生活個別ページ一覧

後期高齢者医療制度 高額医療費
後期高齢者医療制度とは、日本国内に住む75歳以上の後期高齢者全員と前期高齢者(65歳〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本医療保険制度なのです。国の医療制度改革の一環として、第3次小泉改造内閣が提出し成立した「健康保険法等の一部を改正する法律」により、保険名を従来の「老人保健法」あら「高齢者の医療の確保に関する法律」に変更されました。財源は国・都道府県・市町村の負担金及び健康保険等(政府管掌保険、共済組合、健康保険組合、国民健康保険等)の拠出金でまかなわれてきました。...
高齢者 食事
高齢者は若年者に比べて食欲が低下している場合が多くなります。個人差が大きいのですが、理由としてさまざまな理由が考えられます。若いときに比べると心臓や呼吸器の能力は衰えています。また骨や関節に障害などが生じて、高齢者では多くの人はスポーツなどの運動をしなくなってしまいます。その結果、筋肉は衰え、脂肪が蓄積され同じ体重でも脂肪の割合が高くなっていきます。体の消費するエネルギー量が少なくなり、食事からエネルギーを摂らなくてもよくなります。その為高齢者は若年者より食事をとらなくなります。また味覚や嗅覚、...
高齢者の一人暮らし
内閣府の取り組みで「一人暮らし高齢者に関する意識調査」という65歳以上の高齢者を対象とした調査がありました。その結果をみて今後高齢者といわれるようになるかたたちの間で最近まで騒がれ呼び名までついた熟年離婚、再婚もあるとは思いますが再婚をせず高齢者になり家族もなく一人でくらさなければならなくなった人たちや結婚に縁がなく一人で生きている高齢者の心境を調査したので熟年離婚した方たちのために調査結果を役立ててもらえたらと思います。この調査は65歳以上の一人暮らしの男女、標本数3000人、回収率は1941...
高齢者の生命保険
生命保険とは、人間の生命や臆病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受け取り人に保険均を支払うことを約束するもので生保と略称されます。日本では郵政民営化以前の日本郵政公社が簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で生命共済の名称で保険が取り扱われています。生命保険は損害保険や火災保険などいろいろな保険があります。近年では地震保険が人気になっています。その中で高齢者の為の生命保険を紹介いたします。高齢者の為の保険はシニア保険ともよばれます。...
高齢者の肺炎
肺炎という病気がありますが、肺炎はさまざまな病原菌の完成によってハイが炎症を起こす病気のことで一般的には体力が落ちているときに免疫力が弱くなっているとかかりやすい病気です。今では病院に通ったり入院すると直る病気ですが戦前は日本人の死因の第一位でした。戦後に抗生物質が登場すると死亡者数は急激に低下しましたが現代でも1980年以降頃から再び急増し死因の原因第4位です。肺炎は私達の身近な病気でとても怖い病気でもあるのです。特に心臓や呼吸器に慢性疾患のある方や肝不全、肝機能障害、糖尿病のある方などは、肺...
高齢者擬似体験
高齢者擬似体験とは疑似体験装具といわれるヘッドホンや特殊眼鏡、手足の重りなどを装着して日常生活活動を老人と体質や体調に擬に的に他県することでなのです。高齢者擬似体験をすることによって加齢による身体的な変化、筋力、視力、張力などの低下を知り、高齢者の気持ちや介護方法、高齢者とのコミュニケーションの取り方を体験的に学ぶことができる体験方法なのです。また小学校4〜6年生向けに高齢者擬似体験セットの「つくし君」で同様の体験ができる高齢者擬似体験があります。高齢者擬似体験セット内容はヘッドホン制耳栓、聴力...
認知症高齢者の日常生活自立度
認知症高齢者には老人性認知症があります。20歳代をピークに脳細胞は1日10万個ほど死滅するといわれています。もちろん個人差はありますが、認知症の症例として「名前がでてこない」「何しにココに来たんだっけ?」などこれは、脳の老化の一つで自然のことです。物忘れしている事に自分自身気づいていますし、生活上での支障も全くありません。病気による脳の萎縮や脳血管性障害で認知症になると、体験や出来事の記憶の全てを失います。忘れている事すら忘れているのです。症状が悪くなると時間や場所、計算や常識などの認識が取れな...
老人ホーム 費用
老人ホームという言葉はしっている人は多いと思います。老人ホームとは高齢者向けの施設全般を広く指す言葉です。高齢者向けの施設にはさまざまな種類があります。まずは有料老人ホームです。老人有料ホームとは老人福祉法第29条で定められた老人を預かるホームのことをいいます。「老人を入所させ、入浴、排泄、食事の介護、食事の提供又はその他日常生活上必要な便宜であって厚生労働省で定めるものの共与をする事業を行うものであって、老人福祉施設、認知症対応型共同生活援助事業を行う住居その他、厚生労働省で定めるしせつではな...
老人保健法
老人保健法とは国民の老後における健康の保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保険事業を総合的に実施し、国民保険の向上と老人福祉の増進を図っています。また、必要な費用を国民が公平に負担することを目的とする法律なのです。この制度は高齢者を対象とする医療および成人・高齢者への保健医療施策の推進を定めた法律で1982年(昭和57年)に制定されました。老人保健法は日本国内に住所がある70歳以上の高齢者は、みなさん強制的に老人保健法が適用されます。医療機関などに受信をした場合そのと...
寝たきり 原因
「寝たきり」というと、高齢者の症状のように思う方もいらっしゃるでしょう。確かに高齢者の「寝たきり」が一番多いですが、「寝たきり」の原因としては1番に40%を占める「脳卒中」、2番目には「骨折」での「寝たきり」が多いとされています。ですから、高齢者の方は特に「脳卒中」と「骨折」を予め気をつけてあげることが重要となります。「脳卒中」の原因となる塩分を控え、栄養バランスの良い食事を心がけ、「骨折」にはカルシウムの摂取や適度な運動を心がけるようにしましょう。また、「脳卒中」や「骨折」の他にも、「風邪を引...
グループホーム 費用
今話題のグループホームというものが人気、注目を読んでいます。またグループホームとは認知症の人もメインで入れます。名前の通りグループで住む家ということになります。大体5人から9人を単位とした共同住居の形態になります。また食事の支度や掃除、洗濯など自分でしないといけない身近の私生活の世話をスタッフがいて利用者とともに共同で生活します。ですので認知症の方もみんなスタッフがいるので安心して生活できます。またグループホームでは一日中快適に生活できなんも心配がいりません。また周りの家族に迷惑をかける心配、ス...
尿漏れパット
尿漏れパットと頻尿について載せています、そもそも頻尿、尿漏れの原因とは何でしょうか?年齢を重ねるたびに問題になってくる尿漏れですが恥ずかしくて相談するのを悩んでいるといった方は少なくありません。中年から起こる尿漏れは自然現象と同じで仕方のないことだといわれています。トイレが近くなるあまり旅行や外出先ではトイレが問題で不安であると答える方が大半だといわれています。そのおかげで旅行を断念したり家に引きこもるといった方が増えてきています。そもそも正常な排尿は起きているとき約8回ほどです。尿は老廃物や摂...
床ずれ 治療
床ずれとは医学的に別名褥瘡とも呼ばれています。眠るときに長期にわたり同じ体制で寝たきりの状態になった場合にできる症状です。布団に接触している接触局所で血行不全になり周辺組織が壊死を起こすことを床ずれといいます。また組織が壊死が起こったときに組織欠損、皮膚潰瘍を生じます。また床ずれの原因としてあげられること外的因子と内的因子に大きく分けられます。まずは外的因子ですが外的因子として発症する原因は組織に水得に圧力がかかります。その圧力を長時間うけることで生じる圧縮応力、また組織と支持面の間の摩擦やずれ...