坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療方法

坐骨の神経が圧迫されることによって起こる坐骨神経痛ですが臀部から太ももの後ろ側にかけ鈍い痛みがします。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状ですが腰の痛み、臀部の痛み、太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ、体を動かすと痛みやしびれが悪化する、歩行が痛みによって困難になる、足に力が入らなくなる足の筋肉が左右で差が出てくる。といった症状があります。

 

治療方法

また治療方法ではコルセットやシップなどで痛み止めなどがきかなくてつらいという人に1日5分伸ばすだけで坐骨神経痛改善法があります。
気になりますか?本当にあるの?と疑う人もいると思う人がいると思いますがあるんです!どうぞ!http://zakotsu.moo.jp/驚きましたか?またほかの治療方法も紹介します。
主に薬物療法が基本となりますが激しい痛みにきくように非ステロイド性の鎮痛剤が処方される場合もあります。また坐薬を使用する場合もあります。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は坐骨神経が刺激を受けることでおこる痛みですが起こる原因は人によって様々です。
ですが主な原因として坐骨神経根が受ける圧迫があげられます。

 

神経の付け根にある神経根が椎間板や骨などから圧迫を受けることが原因といわれることが原因としてあげられます。
またもう一つの原因は梨状筋症候群が原因としてあります。

 

お尻の奥に位置する梨状筋と梨状筋いう筋肉が坐骨神経に圧迫を引き起こすことが多いといわれます。
坐骨神経を治療していてもなかなか症状が緩和されないときは梨状筋症群が原因である可能性が高いといわれています。そういった場合は要注意です。
また治療の他にも予防があります

 

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛を改善するためには日常生活を見直すことが重要だといわれています。
坐骨神経痛にかかる前から坐骨神経痛を意識した生活をしましょう。

 

予防の大前提として腰に負担をかけないように過度に思いものを持つことを避けたり、自分以上に重い荷物は極力もたないように心がけましょう。
また無理な姿勢で腰を動かしたりすることも坐骨神経痛の原因にもなります。
また中腰での作業も負担が大きい為あまりしなほうがいいでしょう。
また気候も大きくかかわってきます。

 

冷暖房もそうです。なるべくは下半身は冷やさないようにしましょう。
お風呂で湯船につかることもいいですよ。

 

坐骨神経痛はかかると日常生活に支障をきたす恐れがあります。
そうならないよう予防は大切です。
また少しでも気になる症状があれば医師へ相談しましょう。

坐骨神経痛の治療方法関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。