テニス肘治療

テニス肘治療

「テニス肘」という症状を聞いた事はありますか?
「テニス肘」とはその名の通り、テニスのストロークの繰り返し動作によって慢性的に負荷がかかることで発症する障害です。

 

正式名称は「上腕骨上顆炎」といい、テニスプレイヤーだけに限らず、誰にでも発症する可能性があります。
「テニス肘」は同様の動作を繰り返す事で発症する「オーバーユース症候群」であり、繰り返された負荷によって微小断裂をおこしている場合が多いそうです。
ただ、テニスを長年やってきた方でなくとも、初めたばかりの初心者であっても発症する可能性は十分にあります。

 

もし初心者の方が発症した場合は、筋肉痛と勘違いをしてしまい「テニス肘」を見過ごしてしまうケースがあり、悪化させてしまう事も少なくないようです。
発症の確立としては、やはり筋肉量の少ない女性や子供が高いとされています。

 

まだ慣れないテニスでも、サーブやスマッシュを格好良く決めたい、正しくないフォームでラリーを続けてしまうなどの行動が大きな原因となります。
簡単にいえば無理な「力み」から発症する障害です。
痛みは感じているけれど、放置してしまっている方は気をつけてください。

 

筋肉痛ではなく「テニス肘」だった場合は、間接の痛みや炎症を招く結果になってしまいます。
もし「テニス肘」を発症してしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか?
1番大切なことは「絶対安静」ということです。
何度も繰り返しかかった負荷と、患部を使い過ぎた事が原因ですから、まずは患部を休ませて上げる事が何より大切なのです。

 

「テニス肘」の1番厄介なことは、再発率が非常に高いということです。
完治したと思っても、間違ったフォームなどで再びプレイを再開することによって、炒めた患部は同じく炎症を起こし始めてしまいます。

 

まずは正しいフォームで、自分に合ったテニスラケットでプレイするようにしてください。
サポーターをするのも有効といわれています。

 

テニスが原因でなく「テニス肘」になってしまった方は、痛めていない方の腕を使ったり、なるべく負荷をかけない工夫をして生活してください。
「テニス肘」は完治するまで時間のかかる障害です。
テニスなどのスポーツを行う際は、ストレッチや準備運動を行うことが基本ですが、スポーツ終了後にもストレッチなどでクールダウンをしてあげましょう。
無理の無い程度に筋力トレーニングをすることも、「テニス肘」の予防となります。

テニス肘治療関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。