脊柱管狭窄症治療

脊柱管狭窄症治療

「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」というものをご存知ですか?
「脊柱管狭窄症」は50歳代から発症する方が増える、腰痛の一種です。
神経が通っている「脊柱管」の幅が狭くなることで神経が圧迫され、「腰痛」「歩行障害」を発症します。
また、老化と同時に椎間間接や椎間板などが変形することで、椎体が前にずれることで発症する「脊椎すべり症」も「脊柱管狭窄症」の発症原因といわれています。

脊柱管狭窄症の症状

症状としては主に「間欠跛行(かんけつはこう)」という、長時間歩けないが、暫くするとまた歩けるようになるという症状です。
この症状は加齢のせいだと考えてしまう人が多く、「脊柱管狭窄症」を発症しているにも関わらず放置してしまい、悪化させてしまうケースが多いことが問題とされています。
「間欠跛行」のような症状を感じた場合は、直ぐに病院で診察を受けることをお勧めします。

 

また、神経の圧迫によって発症する「脊柱管狭窄症」ですが、圧迫される部分によって症状も異なります。
神経の束が通っている「馬尾(ばび)」が圧迫されて起こる「馬尾型」、神経根が圧迫されて起こる「神経根型」、馬尾と神経根の両方が圧迫されて起こる「混合型」に分けられます。
「神経根型」では圧迫された方の腰から足にかけてのしびれ、痛みという症状を感じます。
「馬尾型」では足のしびれ、麻痺、脱力感、排泄障害、足のムズムズ感などの症状を感じることがあり、「神経根型」よりも病状は重いと言われています。
「混合型」は馬尾型と神経根型の両方の症状が表れます。

 

病院での検査方法

レントゲン検査、MRI検査などの簡単な検査で発見することができますので、痛みを感じることはありませんので安心して検査を受けてださい。

また治療法ですが、「神経根型」である場合は症状も一番軽いものになりますので、日常的な歩行訓練や運動によって改善を目指す方法がとられます。
その他には痛みを和らげる「内服薬」「貼り薬」「塗り薬」などの薬物療法、血行の促進を促すためのホットパックによる「温熱療法」「超音波療法」が用いられます。
日常的には「コルセット」を装着すると腰部を安定することができますので、症状を和らげることができます。
しかし、「脊柱管狭窄症」長期間放置してしまうと手術をせざる終えない状態にまで悪化してしまいます。
また痛みの原因によっては手術法も異なりますし、手術によって改善されたとしても再発してしまう場合がありますので、早期に診察を受けることをお勧めします。

脊柱管狭窄症治療関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。