四十肩治療法

四十肩治療法

「四十肩」という言葉はよく耳にしますね。
「四十肩」が40歳代の人に起こる症状のように、50歳代の人がなるのは「五十肩」と呼ばれます。
しかし「四十肩」も「五十肩」も、実は同じ原因によって起こる症状なのです。
「四十肩」の症状としては、一般的に肩関節付近に痛みを感じ、腕の動かせる範囲が限られてしまいます。

放置しておくと痛みは次第に鋭く強いものになり、「寝返り」「着替え」「家事」などの日常生活にも支障をきたすようになります。

ですから「四十肩」を発症した場合、無理をして動かすのではなく、きちんと病院にて治療を受ける事が必要です。

一般的な治療法

初期の痛みが強い時期には「無理に肩を動かさない」ようにし、拘縮が完成する時期には肩を温める「温熱療法」が用いられます。
それぞれの症状に合わせて「ストレッチ」「コッドマン体操」などを平行して治療が行われます。
徐々に痛みが和らいできた頃には肩を動かす運動を増やし、元に戻して行きます。

 

その他にも「非ステロイド性消炎鎮痛剤」「ステロイド」の飲み薬を使用した薬物療法もあります。
その際、「ステロイド」を服用する際は「胃腸薬」も処方され、「非ステロイド性消炎鎮痛剤」は吐き気や胃痛などの副作用が発生する場合があり、長期に渡って服用すると肝臓障害、腎臓障害を引き起こす場合があります。

 

また飲み薬の他にも、強く痛みを感じる症状を訴える患者さんには「ブロック注射」を行う場合があります。
この「ブロック注射」は痛みの元となる神経を止める作用があり、副作用としては軽度の「自律神経失調症」になるケースが報告されています。

 

運動や温熱治療と違い、薬物治療では副作用などの報告もありますし、長期に渡って服用する事は医師も勧めません。
痛みを和らげたりするだけでは再発の可能性も十分にあるのです。
「四十肩」を改善する運動法は様々紹介されています。
【アイロン体操】
肩の力を抜いてアイロンを振り子のように左右に振る体操です。
【壁押し体操】
壁に両手をつき、均等な力でゆっくり壁を押します。
【タオル体操】
四十肩の症状が出ていない腕を上にし、タオルで背中を洗うようなポーズを取ります。
ゆっくりと左右に動かし、症状の出ている腕を誘導してあげます。
ここで紹介した運動法はあくまでも「リハビリ」だと思ってください。

 

「四十肩」は必ず医師の治療と、普段のリハビリで改善されていくものですので、決して無理はせずに取り組んで欲しいと思います。

四十肩治療法関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。