慢性関節リウマチ 症状

慢性関節リウマチ 症状

「関節リウマチ」という病気をご存知でしょうか?
そもそも「リウマチ」とは関節や骨、筋肉などの痛みや強ばった症状を発症する病気のことを言い、「関節リウマチ」は免疫が手足の関節を侵すために「関節症」「関節の変形」を生じる膠原病(こうげんびょう)の一つです。
「関節リウマチ」は血管や心臓、皮膚など全身の臓器にも障害が及ぶ場合もあります。
以前は「慢性関節リウマチ」と呼ばれていたこともありましたが、実際には急性発症するケースもあるため、現在では「慢性」」という言葉は含まれなくなりました。

慢性関節リウマチノ原因

「関節リウマチ」の発症原因は現時点では明らかになっていませんが、免疫機能において重要な役割を果たしている「リンパ球」の以上な働きの結果に引き起こされる関節炎が関係していて、ウィルス感染が発症する引き金であるとされていて、近年では「喫煙」が関連していることが解明されてきている他、30〜40歳代での女性の発症率が多いとされていますが、実際には治癒しない病状なため、高齢者での発症が多く報告されているのです。

慢性関節リウマチの種類と症状

「関節リウマチ」では病状の軽いものから、薬での治療もほとんど効果を示さない重い症状のものまで様々存在します。
【関節痛・関節の腫れ】
運動によって痛みを伴う「運動通」、押すことによって痛みを発症する「圧痛」、安静にしていても痛みを伴う「自発痛」、または熱を持ったり赤くなって腫れるなどの症状があります。
【朝の強ばり】
朝目を覚ました時に、体や手足が強ばることによって布団から出ることが困難になる症状です。
軽度の場合は手足を動かすことによって改善されてきますが、重度の場合は改善されるまでの時間が長くなるため、現在の自分のリウマチの進行状況を把握する基準ともなります。
【関節の可動範囲の制限】
関節が腫れたり、炎症を起こすことによって、関節液がたまるために可動範囲が狭まる症状のことです。
初期の頃は関節炎が収まるに連れて改善されますが、繰り返すうちに関節周辺の靭帯や組織が厚く硬くなってしまうために、日常的に可動範囲が狭まってきてしまいます。
【関節の変形】
滑膜炎が長引いたり、悪化することによって関節付近の骨や軟骨が破壊されてしまうことで起こります。
さらに靭帯などにも炎症が及べば関節の変形が起こり、指が小指の方に曲がってしまう「尺側偏位(しゃくそくへんい)」という特有の変形が起きます。
この症状が悪化することで、指を使いこなすことが難しくなり、物を掴めなくなったり。骨同士がくっついてしまって関節が無くなってしまうという症状にまで悪化する場合があります。

 

このように、「関節リウマチ」は放置することで日常生活にまで悪影響を及ぼす病気ですので、少しでも関節の異変に気付いた方は早めに医師による診察を受けるようにしましょう。

慢性関節リウマチ 症状関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。