骨粗鬆症 原因

骨粗鬆症 原因

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病名はなじみのあることと思います。
そもそも「骨粗鬆症」とは、骨に無数の小さな穴が多発する症状のことで、骨の形成速度よりも吸収速度が早いことによって発症する病気です。
街でお年寄りの背中が曲がっている光景を見たことはありませんか?

 

あの状態も「骨粗鬆症」なのです。
「骨粗鬆症」では背骨の変形、骨の痛み、骨折などの原因となる病気で、日常生活の中での外的な衝撃や負荷によって骨折を引き起こしてしまう、とても恐ろしい病気なのです。
「骨粗鬆症」の患者数は日本国内において、高齢の女性に多く見られ、近年増加の一途を辿っているそうです。
自覚症状の無い患者数を含めれば1100万人を上回ると報告されていて、やはり患者数の8割もが女性だといいます。

 

60歳代では3人に1人、70歳代では2人に1人という高い発症率で、骨折して初めて「骨粗鬆症」だと知る人も少なくないそうです。
「骨粗鬆症」は閉経・老化に伴って骨密度が低下することによって起こる「原発性骨粗鬆症」、先天性や薬物性、栄養性によって発症する「二次性骨粗鬆症」の二つに分類され、「骨粗鬆症」のほとんどの患者は「原発性骨粗鬆症」だといいます。
骨密度は20歳を境にピークに達し、50歳代前後腸からカルシウム吸収する力が弱まるため、急激に低下します。

 

また、更年期と閉経は「骨粗鬆症」の原因に大きく関わっており、加齢と共に女性ホルモンが増加する男性と違い、女性ホルモンの分泌が加齢と共に減少する女性にとっては骨密度が減りやすい状態になるのです。
また、他の骨粗鬆症の原因としては「運動の習慣が無い」「アルコール摂取量が多い」「痩せた体系」「低い身長」が危険因子として考えられます。
そのため、動物性たんぱく質の過剰摂取、喫煙や食事の偏りによって生じるビタミンDの不足、カフェインの過剰摂取などはカルシウムを不足させる原因として上げることができます。

 

また若い女性に多くみられる、過度なダイエットによる栄養不足も「骨粗鬆症」の発症原因となりますので、注意が必要です。
ただ、カルシウムだけを多く摂取しても、1日の必要摂取量を超えてしまえば体外に排出されてしまうため、あまり意味はありません。
そのため、日常的に栄養バランスの取れた食事と必要量のカルシウムの摂取を心がける必要があるのです。
摂取したカルシウムの99%は骨に吸収されれしまうため、必要摂取量以下のカルシウム量であれば不足するのは当たり前なことなのです。

 

骨粗鬆症 症状

骨粗鬆症と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか。
「高齢者がよくなる病気でしょ?知ってるよ〜。」
確かにその通りです。
骨粗鬆症は高齢になればなるほど、なりやすいと言えます。

 

では具体的には、どんな症状が出るかは知っていますか?なんとなく骨に異常が出る、ということは病気の名前から分かると思いますが、具体的にはどうでしょう。

 

これからの時代、高齢化社会はさらに進んでいきます。
骨粗鬆症が今よりももっと身近な病気になることは予想できますね。

 

明日は我が身。
そういう意識を持って今回の話は聞いてください。

 

まず骨粗鬆症というのがどういう病気なのか、説明しますね。

 

簡単に言ってしまえば、骨の中身がスカスカになってしまう病気です。

 

その結果どんな症状が出るかといえば、、ちょっとの衝撃で骨折しやすくなってしまうのです。

 

本当にちょっとの衝撃で、ですよ。
例えば、くしゃみをしただけでも折れてしまうのです。

 

それだけ骨がもろくなってしまう恐ろしい病気です。

 

特に背骨が圧迫骨折しやすく、その結果背中が曲がります。

 

背中が曲がると、体のバランスが取りづらくなり、頻繁に転倒してしまいますし、起き上がりづらくなったり、歩行すること自体が困難になります。

 

そして、それらが相まって、背中、腰の痛みに繋がるわけです。
これらの痛みはずっと続きます。
寝ていても痛いし、座っていても痛いし、歩いていても当然痛いです。

 

このような症状が出る骨粗鬆症。
さらに恐ろしいのは、初期の段階で自覚症状がまったくないことです。

 

突然、先ほど挙げたような症状が出るのです。
そして、それらの症状が出てから骨粗鬆症を治すことははかなり難しいのです。

 

ではどうすればいいのか予防するしかありません。
なってからでは遅いのです。今、まさに今から予防していくことが大切です。

 

骨粗鬆症を予防するには、食事面と運動面に気をつけることが必要になってきます。

 

まず食事においては、バランスの良い食事を心がけてください。
これは前提条件です。

 

その上で、1日800ミリグラム以上のカルシウムを摂るようにして下さい。

 

注意してくださいね。
カルシウムを毎日800ミリグラム摂ればいいってわけではないですからね?バランスの良い食事をすることで、カルシウムが効率的に体に吸収されるんです。

 

また、運動することを習慣にするようにしてください。
ウォーキング程度で十分です。
それらをすることで、骨に適度な負荷がかかり、骨密度が保たれます。

 

ただ、ジョギングになるとちょっと負荷がかかりすぎかもしれません。
もしちょっとでも関節に痛みを感じたら、すぐにやめてくださいね。

 

どの運動が自分に適しているかは、自分の体と相談して下さい。

 

このように食事面と運動面を正しく習慣にしていけば、骨粗鬆症は十分予防できます。

 

今日から、始めてくださいね。

骨粗鬆症 原因関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。