半月板損傷の治療

半月板損傷の治療

半月板損傷とは人体の膝には半月板といわれる線維軟骨という圧力を分散したり関節軟骨を守るやくわりをはたすクッションがあります。
それをを半月板といいます。半月板は名前のとおり半月のような形をしています。

 

半月板は一つではなく内側と外側に二つあります。
関節などを保護している半月版が損傷したりすると水がたまったり関節の動きがスムーズに動かなくなります。
動かすたびに痛みやひっかかった感がでてきます。また半月板の損傷には軽度のものから重症なものまであります。

 

そのままほうっておくと悪化し半月板以外のまわりの軟骨などまで痛めてしますおそれがあります。
また痛みが次第に強くなっていくため膝の曲げ伸ばしができなくなったりしてしまいます。
また激しい痛みがでてくるため半月板が骨の一部にはさまったりして完全に曲げ伸ばしなどができまくなり生活に支障がでてしまう恐れもでてきます。

 

また膝だけではなく慢性化してしまうと腰にまで痛みがきてしまうことがあります。
半月板損傷の原因には半月板を運動している最中にひねったりして痛むときがよくあります。
また日常生活では階段の上り下りなど立ち上がった時に痛めるといったケースがあります。

 

また内側半月板と外側半月板ではそれぞれ損傷する箇所が違ってきます。
外側半月版の損傷の場合は外側半月板だけの損傷が多いのですが内側半月板では靭帯損傷を伴う場合が多くなります。
また半月板を痛めているか調べるにはレントゲンでの検査ではなくMTRIによって関節鏡検査が有効になってきます。

半月板損傷の治療にはどういった治療があるのか紹介します。

 

半月板損傷が確定したら怪我の損傷の度合いからそのまま経過を見るか手術が必要かになってきます。
またテーピングなどで固定したり、消炎鎮痛薬などを試す場合あります。
症状がこのままおさまるようであればこの調子で治療を続けますが、ですが痛みが激しくなったり悪化するようであれば手術を検討していきます。

 

手術の種類には半月板を切り取る半月切除、また切れた部分を縫い合わせる、半月版縫合という種類があります。
膝の痛みなどを感じたら無理せず、経過を自己判断で観察するのではなく医師へ相談し早めの治療を行ってください。
早期治療が回復への近道です。

半月板損傷の治療関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。