50肩 治療

50肩 治療

「40肩」「50肩」という言葉はよく耳にしますが、違いは無い事をご存知ですか?
そもそも「40肩」も「50肩」も同じ疾患です。
「50肩」とは肩の痛み、運動の制限をきたす疾患のことで、腱板損傷や石灰性腱炎などの原因の明らかとなっているものは「50肩」とは呼びません。
本来「50肩」と呼ばれるものは、肩に痛みと運動障害があり、年齢が40歳以上、明らかな原因は無いという条件の上で発症したものを「50肩」と呼びます。

50肩の症状


「50肩」の症状としては、肩の関節付近に鈍い痛みを感じ、腕の可動範囲が制限されてしまいます。
痛みは次第に鋭い痛みになり、腕を急に動かすと激痛を起こすようになります。
「50肩」はひどくなると些細な日常の行動にも支障をきたすようになり、髪を洗ったり、髪をとかしたり、家事や歯磨き、トイレでお尻を拭くことさえも難しくなってしまいます。
しかし、軽度で済むか、重症になるかは判断できない上、仕組みすら明らかになっていないのが事実です。
また、一方の肩で発症すると、もう一方の肩も発症する確立は高く、防止する事も難しいとされています。
「50肩」は初期症状を発症してから、ピークを迎えるまでに数ヶ月を要します。
そしてピークは数週間で次第に和らいでいくのです。
しかし痛みのレベルは人それぞれ異なるため、痛みを感じなくなるまで半年、運動を障害なくこなせるようになるまで1年かかる人もいます。

 

50肩の治療方とリハビリテーション

また、リハビリによっては腕の可動範囲が元の状態にまで戻らない場合もあるため、きちんとしたリハビリに取り組む事が大切です。
一般的な「50肩」の治療としては、鋭い痛みを感じている期間には、肩の無理な運動や動かしを避け、肩を温める事が必要です。

 

また症状が和らいできた頃には、ストレッチやアイロン体操などで徐々に肩を動かしていきます。
初期の痛みの強い頃には、薬で炎症と痛みを抑える治療も必要になりますので、週1〜2回の通院が必要です。

 

お薬で症状を抑える

痛みを抑える薬としては「非ステロイド性消炎鎮痛剤」や「ステロイド剤」を用います。
しかしこの薬で多い副作用には「吐き気」「胃痛」などの胃腸への障害がありますので、胃炎治療薬なども共に服用する場合が多いです。

 

また、内服薬の他にも外用薬として、湿布薬や粘着テープ薬などを使用するケースもありますが、痛みによって上手く貼れないという患者には軟膏や液剤を処方してくれる病院もあるそうなので、医師への相談が必要でしょう。

 

50肩 治療&治し方

50肩とは50代特有の肩が痛い、腕があがらないといったか肩の病気です。
50肩は一度症状がでてしまうと衣服の脱ぎ着も難しく背中をかいたりすることも困難になります。

 

50歳にもなって肩が痛いとは年だよと思う方も多いかもしれませんが実際は大変苦しく、痛い病気なのです。
また日常生活にも支障をきたします。

 

50肩は医学的にも病気と判断されます。50肩なのかなと思う方はこれから症状や原因などを紹介しますのでみなさんの知識に役立てればと思います。
下記サイトにはいろいろ紹介されていますので下記をご覧ください。
http://www.1thing.info/50kata/

 

まずは50肩の原因はまだはっきりとはわかっていませんが仕事上肩を長時間あげていたり作業をしているとなりやすいともいわれています。
なりやすいタイミングがあるようで十樹の手入れをしたあとや長時間作業をしたあとにおこりやすいのも50肩だといわれています。

 

物を持ち上げた瞬間、テニス、ゴルフなどの最中に激痛におそわれ診断の結果50肩と診断された方も少なくありません。
打ち身やムリな体制をしたときになるという場合もあります。
別の一説に糖尿病の方は発症しやすいともいわれてきましたが調査した結果、糖尿病との関連性はないので安心してください。
肩の仕組みはかなり複雑な構造で肩は360度回転できるようになっています。

 

人体の関節の中でも一番範囲が広い関節で、多様な動きに対応できるための構造になっています。
50肩はそんな肩の関節の中の関節を安定するための大切な役目をしている腱板が50肩の発症に関わっているといいます。
腱板だけではなく関節の周囲の炎症が起こると50肩になります。

 

腱板は最も炎症を起こしやすい場所になっています。
50肩になってしまった場合、炎症を抑える消炎鎮痛薬を医師から処方されます。
消炎鎮痛薬の種類は坐薬や内服薬、外服薬、またひどいときには注射という手があります。

 

50肩になったときの肩の動きを回復させる運動、リハビリもあります。
50肩の治療法は神経ブロック療法、外科的治療、切開手術があります。
それらは50肩の重症度をみて医師の判断で行われます。

 

50肩かなと思う症状があった時には迷わず医師に診断し早期発見に努めましょう。
治療法も沢山ありますのであきらめず医師に相談してください。

50肩 治療関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。