腰椎圧迫骨折の効果的な治療

腰椎圧迫骨折の効果的な治療

腰椎圧迫骨折は外傷により起こる病気でぎっくり腰と同じです。少しの外傷でも腰椎圧迫骨折を起こす場合があり、腰椎圧迫骨折はぎっくり腰としてや骨折として診断されたりレントゲン画像では見逃されることも多くあります。
またぎっくり腰でも痛みが続く場合注意が必要です。
後遺症として腰痛や遅発性麻痺が残る恐れがあります。
腰椎圧迫骨折は初期治療が大切になってきます。

 

腰椎圧迫骨折の圧迫骨折は通常のポッキという音で骨折ということではなくスポンジをつぶした感じのように変形します。
潰れて外側の変形を戻したとしても安静期間が短いと重力で再び潰れて悪化するというパターンがあります。

 

腰椎圧迫骨折の症状の例としては腰椎圧迫骨折はMRI診断によって行います。
多発骨折した場合MRI診断が欠かせなくなります。

 

腰椎圧迫骨折の治療

また、出血などにより他の腰雅と違う濃度で描出されるため新旧の判別が可能になってきます。
腰椎圧迫骨折の治療ですが、他の骨折と同様など転移がなく足のしびれなどの神経症状がなければ安静により治療が基本になってきます。

 

脊髄神経に近い椎体の後ろ側が折れていれば陥没し骨片が神経に刺さったり、圧迫したり下肢麻痺を起こすこともあるため手術が必要になる場合があります。
また体幹ギプスおよび腰椎軟性コルセット用いて治療したりまします。
骨は固まるまで2か月かかります。また交通事故にて自転車より転倒し腰椎圧迫骨折になったなど事故やぶつかったという外傷で腰椎圧迫骨折になる人が多いです。

運動不足でのリハビリ治療

また腰椎圧迫骨折の治療は保存療法での治療が有効で安静にしますよねその結果、運動不足になりがちです。運動不足になると背中、肩こりの痛みを伴うということにもなりがちです。

リハビリがとても大切になります。

 

腰椎圧迫骨折の炎症を起点としたスパズムが腰部周囲筋を中心に背筋群でも発生します。
腰椎圧迫骨折リハビリは開始されるにあたって貧血に注意しながら起立訓練、歩行訓練をおこってきます。
またマッサージも大切で運動量の増加によっておこる筋肉の痛み、筋肉痛を和らげるためにマッサージが必要ですが骨に影響がないようにマッサージすることが必要です。
また腰椎圧迫骨折は自己管理をしっかりすることが重要です。
それを頭にいれ医師と相談しながら回復に進めることが大切です。

腰椎圧迫骨折の効果的な治療関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
ばね指の治療について
ばね指とはどのような症状でしょうか?治療には手術などが必要なのでしょうか?ばね指の原因や治療方法について載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。