ばね指の治療について

ばね指の治療について

ばね指という病気をご存知でしょうか?
ばね指の特徴として一度曲げてしまった指を自力で元にも戻すことができない病気でもう片方の指で、ではないと直すことのできない病気です
曲がってしまった指を伸ばすときにカクンと伸びることからばね指という名前がついたとされています。

 

また別名弾発指ともいわれいます。

ばね指の症状と原因

ばね指はなぜこういった症状がでてどういうことが原因で起こるのでしょうか。
まずは、ばね指の症状ですが全ての指がばね指になる可能性はあります。
年齢でいうと中年以降の女性に多く見られます。

 

ばね指になると初期症状として指の付け根の関節から1センチほど手首よりの手の平側に指を曲げた際に痛みが生じます。
そういった症状がある人はばね指と警戒したほうがいいかと思います。
押したり触れたりした際にも痛みがでてきます。
そして症状が進みますとひかっかりが出てきます。

 

感覚的にいうと指の関節がなっているような感覚になります。
ばね指が進んだ最終段階に差し掛かると指が曲がらなくなります。そうならないように初期段階での早期発見が重要になってきます。
また大人のみならず乳幼児から全ての年齢の人にかかる可能性はあります。

 

実際乳幼児でのバネ指も例としてあります。またバネ指にはどのような治療があるのでしょうか?治療はバネ指がどのくらい進行しているかによって違ってきます。
また診察をうける病院でも違ってきます。

 

ばね指を治すには?

まず治療としては消炎剤のはいった塗り薬やシップなどで治療をしていきます。
多くの病院がこういった治療をしますが実際はただの慰め程度で効果はほとんどないとされています。
また他の治療ではステロイド注射を健の中へしますするとじょじょにひっかかりがなくなっていきます。

 

注射したときの一時期の治りではなく注射で治っていく人も中にはいます。
ですが1回の注射では効果はあまりないので2.3回ほど注射をするとよいでしょう。
また個人差もありますので2.3回以上注射をうける人も中にはいます。

 

ばね指の手術で改善する

また注射で改善がない人は手術という段階に進みます。
手術は指の付け根の関節から1センチほど手首より手のひら側を1センチほど切開します。
手術自体はあまり大きくなく、10分程度で終了します。

 

もちろん麻酔を用いて手術は行われます。
少しでもバネ指かな?と思う方はすぐに病院で診察をうけなければよし、あれば早期発見を心がけましょう。

ばね指の治療について関連エントリー

顎関節症 症状
顎関節症の症状は顎とは関係がない所が痛くなったりします肩こりや頭痛など顎はの筋肉はいろんな体の部位に筋肉で繋がっていますので顎とは一見して関係無い所が痛くなったりしてしまうのが顎関節症 症状の怖いところです。
リウマチ性多発筋痛症 治療
リウマチ性多発筋痛症は正確には関節の痛みではなく筋肉の痛みなのです、リウマチ性多発筋痛症の治療や判断基準について載せています。
慢性関節リウマチ 症状
慢性関節リウマチの症状と一言にいってもさまざまなリウマチの症状があり軽度のものから重度の症状まであります。
骨粗鬆症 原因
骨粗鬆症の原因は何でしょうか?骨粗鬆症は実に八割もの患者が女性だと言われています。腰が曲がっているおばあちゃんも実は骨粗鬆症の症状なのです。
50肩 治療
50肩の治療としては症状が発症してから無理に肩を動かさないことです。肩を温めつつゆっくりとリハビリを行なっていきましょう。
四十肩治療法
四十肩の治療法はアイロン体操や壁押し体操などがあります。四十肩は症状が悪化すると日常生活にも支障があります。
テニス肘治療
テニス肘はストロークの繰り返しによる障害です。サポーターをつけてテニスの際の肘に対する負荷を軽減しましょう。
膝の痛みを治す方法
膝の痛みを治す方法は一番遠回りの方法が一番近道です。膝の痛みの原因をやっつければスポーツも楽しくできますね。
リュウマチの症状と薬
リュウマチの初期症状としては朝方の関節のこわばりが挙げられます。
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折の症状の緩和や治療には遠回りのようですがコルセットをしリハビリに励むのが一番の近道だと思います。
坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療方法にはどのような治療法があるのでしょうか?坐骨神経痛は鈍い痛みなどがあり辛いですよね。
半月板損傷の治療
半月板損傷症状の治療方法などを載せています。
針治療 効果
針治療の効果はいかほどなのでしょうか?少し怖いイメージがある針治療ですが痛くないし体の痛みがスーと抜けていくと言います。
脊柱管狭窄症治療
脊柱管狭窄症治療について載せています。脊柱管狭窄症は腰痛の一つですが放置すると手術しなければいけなくなるので早期の改善を心がけましょう。