関節と骨の痛みの病状

関節と骨の痛みの病状

関節と骨の痛みの病状

関節と骨の痛みの病状個別ページ一覧

顎関節症 症状
顎関節症の症状には実はあなたが思いもよらないものがたくさんあります。顎がガクガクする、顎が痛い、口が大きく開けられない。まさかこれらだけが顎関節症の症状だと思っていませんよね?もしかしたら、あなたも実は顎関節症かもしれませんよ?最近、顎関節症になっている方が急増しています。あなたの身の回りにも1人や2人ぐらいいるかもしれませんね。それだけ今の時代に増えている顎関節症なのですが、具体的にどういう症状が出るのかを把握していない人が多いように思えます。「顎関節症っていうぐらいだから、顎が痛かったりする...
リウマチ性多発筋痛症 治療
「リウマチ」という病名は一度でも耳にしたことがあると思います。「リウマチ」にはいくつかの分類があり、その「リウマチ関連疾患」の中でも「リウマチ性多発筋痛症」という病気があります。この「リウマチ性多発筋痛症」という病気は65歳以上の高齢者の方が発症する病気で、肩などの筋肉の凝ったような痛みや、運動時に痛みを伴ったり、痛みで寝返りをうつことも出来ないというような症状が現れます。筋力の低下によるものという事ではなく、体重の減少や気力の低下などの症状を訴える患者さんもいます。発症原因は未だ不明ですが、「...
慢性関節リウマチ 症状
「関節リウマチ」という病気をご存知でしょうか?そもそも「リウマチ」とは関節や骨、筋肉などの痛みや強ばった症状を発症する病気のことを言い、「関節リウマチ」は免疫が手足の関節を侵すために「関節症」「関節の変形」を生じる膠原病(こうげんびょう)の一つです。「関節リウマチ」は血管や心臓、皮膚など全身の臓器にも障害が及ぶ場合もあります。以前は「慢性関節リウマチ」と呼ばれていたこともありましたが、実際には急性発症するケースもあるため、現在では「慢性」」という言葉は含まれなくなりました。慢性関節リウマチノ原因...
骨粗鬆症 原因
「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病名はなじみのあることと思います。そもそも「骨粗鬆症」とは、骨に無数の小さな穴が多発する症状のことで、骨の形成速度よりも吸収速度が早いことによって発症する病気です。街でお年寄りの背中が曲がっている光景を見たことはありませんか?あの状態も「骨粗鬆症」なのです。「骨粗鬆症」では背骨の変形、骨の痛み、骨折などの原因となる病気で、日常生活の中での外的な衝撃や負荷によって骨折を引き起こしてしまう、とても恐ろしい病気なのです。「骨粗鬆症」の患者数は日本国内において、高...
50肩 治療
「40肩」「50肩」という言葉はよく耳にしますが、違いは無い事をご存知ですか?そもそも「40肩」も「50肩」も同じ疾患です。「50肩」とは肩の痛み、運動の制限をきたす疾患のことで、腱板損傷や石灰性腱炎などの原因の明らかとなっているものは「50肩」とは呼びません。本来「50肩」と呼ばれるものは、肩に痛みと運動障害があり、年齢が40歳以上、明らかな原因は無いという条件の上で発症したものを「50肩」と呼びます。50肩の症状「50肩」の症状としては、肩の関節付近に鈍い痛みを感じ、腕の可動範囲が制限されて...
四十肩治療法
「四十肩」という言葉はよく耳にしますね。「四十肩」が40歳代の人に起こる症状のように、50歳代の人がなるのは「五十肩」と呼ばれます。しかし「四十肩」も「五十肩」も、実は同じ原因によって起こる症状なのです。「四十肩」の症状としては、一般的に肩関節付近に痛みを感じ、腕の動かせる範囲が限られてしまいます。放置しておくと痛みは次第に鋭く強いものになり、「寝返り」「着替え」「家事」などの日常生活にも支障をきたすようになります。ですから「四十肩」を発症した場合、無理をして動かすのではなく、きちんと病院にて治...
テニス肘治療
「テニス肘」という症状を聞いた事はありますか?「テニス肘」とはその名の通り、テニスのストロークの繰り返し動作によって慢性的に負荷がかかることで発症する障害です。正式名称は「上腕骨上顆炎」といい、テニスプレイヤーだけに限らず、誰にでも発症する可能性があります。「テニス肘」は同様の動作を繰り返す事で発症する「オーバーユース症候群」であり、繰り返された負荷によって微小断裂をおこしている場合が多いそうです。ただ、テニスを長年やってきた方でなくとも、初めたばかりの初心者であっても発症する可能性は十分にあり...
膝の痛みを治す方法
最近、膝が痛いということはありませんか?その膝の痛み治したいとは思いませんか?それならば今回の記事はかなり実用的なお話になると思います。膝の痛みを治す方法についてご紹介します。これを読めば、もうあなたは膝の痛みに悩む必要はなくなります。気軽に歩けるようになります。スポーツもできるようになるかもしれません。よく聞いてくださいね。膝の痛みを治す方法はたくさんあります。その中にはまったく効果がないような民間療法などもあるので、そういったことはやらないで下さい。それに関連して、ものすごく重要なことを言い...
リュウマチの症状と薬
リュウマチには種類があります。関節リュウマチ、リュウマチ熱、リュウマチ性多発節炎などの病気があります。リュウマチとだけ名前はみなさんきいたことあると思いますが、リュウマチには種類にわかれていて症状もそれぞれことなります。まずはリュウマチの症状ですが今回は多い関節リュウマチの症状を紹介します。関節リュウマチはこわばりが初期症状としてでています。特に朝方に多いといわれています。初期症状ですので朝こわばりがでてきてすぐにこわばりはなくなります。もしこわばりを感じたら医師に一度相談してください。ですがそ...
腰椎圧迫骨折の効果的な治療
腰椎圧迫骨折は外傷により起こる病気でぎっくり腰と同じです。少しの外傷でも腰椎圧迫骨折を起こす場合があり、腰椎圧迫骨折はぎっくり腰としてや骨折として診断されたりレントゲン画像では見逃されることも多くあります。またぎっくり腰でも痛みが続く場合注意が必要です。後遺症として腰痛や遅発性麻痺が残る恐れがあります。腰椎圧迫骨折は初期治療が大切になってきます。腰椎圧迫骨折の圧迫骨折は通常のポッキという音で骨折ということではなくスポンジをつぶした感じのように変形します。潰れて外側の変形を戻したとしても安静期間が...
坐骨神経痛の治療方法
坐骨の神経が圧迫されることによって起こる坐骨神経痛ですが臀部から太ももの後ろ側にかけ鈍い痛みがします。坐骨神経痛の症状坐骨神経痛の症状ですが腰の痛み、臀部の痛み、太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ、体を動かすと痛みやしびれが悪化する、歩行が痛みによって困難になる、足に力が入らなくなる足の筋肉が左右で差が出てくる。といった症状があります。治療方法また治療方法ではコルセットやシップなどで痛み止めなどがきかなくてつらいという人に1日5分伸ばすだけで坐骨神経痛改善法があります。気になりますか?本当にあ...
半月板損傷の治療
半月板損傷とは人体の膝には半月板といわれる線維軟骨という圧力を分散したり関節軟骨を守るやくわりをはたすクッションがあります。それをを半月板といいます。半月板は名前のとおり半月のような形をしています。半月板は一つではなく内側と外側に二つあります。関節などを保護している半月版が損傷したりすると水がたまったり関節の動きがスムーズに動かなくなります。動かすたびに痛みやひっかかった感がでてきます。また半月板の損傷には軽度のものから重症なものまであります。そのままほうっておくと悪化し半月板以外のまわりの軟骨...
ばね指の治療について
ばね指という病気をご存知でしょうか?ばね指の特徴として一度曲げてしまった指を自力で元にも戻すことができない病気でもう片方の指で、ではないと直すことのできない病気です。曲がってしまった指を伸ばすときにカクンと伸びることからばね指という名前がついたとされています。また別名弾発指ともいわれいます。ばね指の症状と原因ばね指はなぜこういった症状がでてどういうことが原因で起こるのでしょうか。まずは、ばね指の症状ですが全ての指がばね指になる可能性はあります。年齢でいうと中年以降の女性に多く見られます。ばね指に...
針治療 効果
針治療をうけた人はいますか?針治療は見ていると針が沢山刺さっていてとても痛そうにみえますよね?ですが受けた方はご存知かと思いますが実際は全然痛く無くむしろ気持ちいいといいます。針治療はどのような痛みや病気に効くのかここで調べてみました。針治療をうけた人大半は悪いものがスーと抜けていくように感じるという話を聞きます。針治療はお灸と同じで私たちの体にもともとある調整力、回復力のつぼを刺激し調整力、回復力を刺激するものです。針治療はやったその日からすぐ痛みがきえるというものではなく、徐々に聞いていきま...
脊柱管狭窄症治療
「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」というものをご存知ですか?「脊柱管狭窄症」は50歳代から発症する方が増える、腰痛の一種です。神経が通っている「脊柱管」の幅が狭くなることで神経が圧迫され、「腰痛」「歩行障害」を発症します。また、老化と同時に椎間間接や椎間板などが変形することで、椎体が前にずれることで発症する「脊椎すべり症」も「脊柱管狭窄症」の発症原因といわれています。脊柱管狭窄症の症状症状としては主に「間欠跛行(かんけつはこう)」という、長時間歩けないが、暫くするとまた歩けるよう...