健康運動指導士 資格取得と合格率

健康運動指導士 資格取得と合格率

医療関係と連携を取り、国民の健康の維持促進のため、個人個人に沿った運動方法を探り出し、安全で効果的・理想的な運動プログラムの作成と実践指導計画の作成をするのが健康運動指導士です。

 

健康運動指導士の制定は、過去厚生省から始まり、今は財団法人健康・体力づくり事業財団に移行し、事業の実施と資格取得のための養成と試験を実施しています。

 

資格取得について

 

健康運動指導士の受験資格は、保健師または管理栄養士の資格を持つ者、また4年制体育系大学、
(教育学部体育系学科を含み)・医学部保健学科の卒業者と卒業見込者を含む者です。
また健康運動指導養成校の修了者と講習会の終了者も、同じく受験の資格を持ちます。
健康運動指導育成講習会は、健康・体力づくり事業財団が実施する120単位と180時間で、計21日間実施されます。

 

内容は、栄養摂取と運動・健康づくり施策概・健康づくり運動の実際・運動と心の健康増進・康管理概論
救急処置・運動プログラムの管理、・康づくり運動の理論・体力測定と評価・運動生理学・運動障害と予防能解剖とバイオメカニクス
・運動負荷試験・運動行動変容の理論と実際・生活習慣病などに渡ります。

 

健康運動指導士の試験は、21日間に及ぶ講習会ののち、筆記試験が行われます。
これまでの健康運動指導士の試験では、およそ80%前後の合格率となっています。
健康運動指導士の試験の合格者は、健康・体力づくり事業財団に登録をします。

健康運動指導士

健康運動指導士とは、1人1人のコンディションが配慮された、効果的な運動のプログラムを考え、安全に行うよう指導をする者です。
保健・医療関係者と連携を取り、健康を維持、また増進するための運動方法を目指し、安全・効果的で理想的な運動プログラムの作成と実践指導計画の調整を、生業として担います。

 

世間ではまだ知名度が高くはないかもしれませんが、健康運動指導士の養成事業は、国民の健康づくりに
貢献するため、昭和63年に当時の厚生大臣の認定事業として創設されました。
目的通り、国民の生活習慣病の予防、また健康水準の保持・増進のため、大きく貢献して来ています。
その後平成18年度から、財団法人健康・体力づくり事業財団に事業を移行させ、継続し実施しています。

 

我が国の食生活や運動実施状況からの影響からか、生活習慣病への危惧・心配は深刻なものと言えます。
国の医療制度改革では、国民の生活習慣病の予防が、個々の生涯に渡る健康づくりに、また全体的な医療費適正化対策のための良策と考えられています。
実際、健康運動指導士がどこで活躍しているかと言うと、病院や老人福祉施設・介護保険施設などで増えています。

 

健康運動指導士の資格取得には、財団法人健康・体力づくり事業財団が実施する
健康運動指導士養成講習会を受講する、または健康運動指導士養成校の養成講座を修了し、
健康運動指導士認定試験に合格すれば、健康運動指導士台帳に登録されます。

健康運動指導士 資格取得と合格率関連エントリー

柔軟体操メニュー
柔軟体操ストレッチを実践しようとしてもいまいちどうしていいか解らないものです。 柔軟体操メニューにしてがって股間接を伸ばしたりしながら効果のほどを待ちましょう。
スロートレーニングでダイエットしましょう!
日々の健康や女性らしさを保つためにスロートレーニングは効果的です。
ヒップアップ体操
自宅で手軽にできるヒップアップ体操のやり方を載せています。
無酸素運動
無酸素運動でしっかりした体づくりで健康を促進