柔軟体操メニュー

柔軟体操 メニュー

柔軟体操メニュー,ストレッチ,股間接,効果,方法,ダイエット

従来からの言い方は柔軟体操、最近はストレッチと言いますね。
身体の関節を柔軟に保つのは、普段の生活のため・美容と健康のために大切なことです。ましてスポーツを趣味に持つ人にも、怪我の予防にも大切です。
筋肉・関節などを柔軟にし、身体の美しさへの意識も高まれば、普段の姿勢にも変化が出ることでしょう。
柔軟体操でダイエットにも効果がありそうです。汗を流すぐらい、やってみませんか。
まず準備ですが、入浴で身体を温めるとよいです。少しは伸縮運動をして筋を伸ばしておきましょう。

 

間接と筋肉を温め、少しでもやわらかくしておけば、いきなりの柔軟体操より痛みもなくラクにできます。
入浴で水分が(汗)出ているので、水分補給が必要です。コップ1杯の水を飲んでください。

 

手足の関節が動くあらゆる可動範囲に、手も足もそれぞれ順番に伸ばし広げてみます。
手首・ひじ・肩・首
足首・ひざ・足の付け根・腰
それぞれの可動範囲に、最初は痛いほどの無理をせず…です。
伸ばして、また曲げて、肩や腕など空間に伸びる部位は、空間を利用して輪を描いて回すこともできます。
関節を曲げる時には、息を吐くように意識をしながらするとリラックスでき、筋肉や関節が伸びやすくてよいです。
意識的に息吐きをするのが疲れるようなら、無理に続けなくてもよいでしょう。

 

※初心者は、痛みを我慢してまで柔軟体操をする必要はありません。
大きくのびのび、ゆっくり動かしてください。


柔軟体操

身体が柔軟であることは、さまざまなスポーツについてはとても必要です。
怪我を予防し最小限に抑えるにも、柔軟な身体は必要性です。
柔軟な筋肉や関節を持つからこそ、ボールを遠くに飛ばすことができ、
しなる柔軟な身体で人間離れした高さや距離を跳躍することができ、
柔軟な動きから攻撃をしやすくし、また攻撃を巧みにかわすこともできるのです。
スポーツ選手ではなくても、普段の生活の中で怪我や病気の予防・健康のためにも、柔軟体操は大切です。

 

四十肩五十肩、病気ではありませんが肩関節周囲炎という疾患群があります。
人間の肩関節は全方向に動かせますが、年齢と共に関節が硬化し、動きが痛むようになります。
半年から数年で治ることが多いですが、四十肩五十肩の痛みを防ぐためにも、肩の関節の柔軟体操は有効です。

 

肩関節の硬化を予防するためにも、普段からせめて日に1回でも、肩関節の柔軟体操を続け、できるだけほぐしておきましょう。
■身体の前を、伸ばした両腕を外回り・内回りに振り回すように回します。
■肘を軽く曲げ肩の力を抜いて、肩甲骨を寄せ合わせるように腕を後ろに広げます。
■両腕を前にまっすぐに伸ばし、上に向け頭の左右で振り上げます。また、下に向け振り下げます。
■両腕を伸ばし、身体の前で左右に振り子のように振り幅広く振ります。

 

少しの痛みが始まった時や一度四十肩を経験した人も、この体操と全身の柔軟体操をしておくと、とてもよいことです。

柔軟体操メニュー関連エントリー

スロートレーニングでダイエットしましょう!
日々の健康や女性らしさを保つためにスロートレーニングは効果的です。
ヒップアップ体操
自宅で手軽にできるヒップアップ体操のやり方を載せています。
無酸素運動
無酸素運動でしっかりした体づくりで健康を促進
健康運動指導士 資格取得と合格率
医療関係と連携を取り、国民の健康の維持促進のため、運動方法を探り出し、 安全で運動プログラムの作成と作成をするのが健康運動指導士です。 制定は、今は実施と養成と試験を実施しています