蓄膿症 頭痛

蓄膿症 頭痛

「蓄膿症(ちくのうしょう)」という病気はご存知の方が多いと思います。
しかし、日本人の約80%もの人が「蓄膿症」の予備軍であることをご存知でしたか?
さらに「蓄膿症」を発症した患者数は毎年1000万人もいるというのです。

 

ということは、いつ自分が「蓄膿症」を発症してもおかしくないという事です。
「蓄膿症」の正式名称は「副鼻腔炎」といい、実は「蓄膿症」という病名は私たちが考える鼻の病気としては正しくないのです。
そもそも「蓄膿症」とは膿が溜る病気の事をさし、鼻の事だけではなく、本来は子宮や胸腔、関節など体の中に存在する空洞に膿が溜る病気の事を指します。

 

蓄膿症の原因

鼻の「蓄膿症」は一体どのようにして発症するのでしょうか?
人間には頬骨の下の辺りに鼻水を貯めるタンクのようなものがあり、その上には上顎洞という鼻水の通り道が存在します。
その上顎洞が風邪などの粘膜の炎症によって塞がってしまい、溜った鼻水に細菌が繁殖し、膿となって蓄積されてしまう状態が「蓄膿症」なのです。

 

風邪が治って1ヶ月以上経過しても鼻水や鼻づまりの症状が続いているようであれば、「蓄膿症」になっている可能性が高いそうなので、その場合にはなるべく早くに耳鼻咽喉科で診察してもらう必要があります。

 

蓄膿症の症状

「蓄膿症」は放っておくと様々な症状を併発してしまう、侮ってはいけない病気です。

全身の倦怠感、眼精疲労、集中力の低下、睡眠時の無呼吸症候群、頭痛、香りが分からなくなってしまうなどの異常が出たり、最悪の場合には手術をしなければ治らないという場合もあります。

 

中でも頭痛は膿の溜ってしまった場所に応じて痛み方や痛む箇所が変わってきます。


一般的には頭を上下に動かすと痛みがひどくなるのですが、「上顎洞炎」の場合には顔面の頬骨、目の下、鼻の横などに痛みを感じるので「蓄膿症」の判断がしやすいと言います。

 

また深い部分にある蝶形骨洞の「蓄膿症」の場合では目の奥に痛みを感じ、前額部に存在する前頭洞の「蓄膿症」では眉間の上や眉間に痛みを強く感じます。
このような頭痛の症状が続いているという場合は、早く医師による診察とCT検査を受ける必要があると言えるでしょう。
しかし、慢性的な「蓄膿症」になってしまうと、頭痛はあまり感じられなくなってしまうそうです。

 

初期の段階で、いかに頭痛を感じ取れるかが重要となってきます。
必ずしも「頭痛=蓄膿症」ではありませんが、痛む部分によっては要注意ということです。

蓄膿症 頭痛関連エントリー

副鼻腔炎の症状
副鼻腔炎の症状は鼻の粘膜に炎症がおこると鼻水となって排出されます。慢性的な方はアレルギーの可能性が高いでしょう。
突発性難聴 治療法
突発性難聴の治療法では発症から一週間以内の治療が良好と言われていますので突発性難聴かな?と思われましたらすぐに病院に行かれることをお勧めします。
風邪薬 ランキング
風邪薬に頼るときってありますよねそんな時のために風邪薬 ランキングを発表します。(ネット調べ
メニエル病 原因
メニエル病原因について紹介いたします。 メニエル病は症状として激しいめまいと難聴、耳鳴りなど が同時に重なり症状がでる内耳の病気です。