突発性難聴 治療法

突発性難聴 治療法

「突発性難聴」という病名を知っていますか?
その名の通り、突然耳が聞こえずらくなってしまうという恐ろしい病気です。

 

「突発性難聴」の発症理由は原因不明で、厚生労働省によって「特定疾患」に指定されている難病でもあります。
「突発性難聴」を発症してしまった方の体験談としては、難聴になった瞬間を具体的に説明できる程に鮮明で、突然に起きる症状だそうです。

 

時間をかけて少しずつ難聴が進んでいく訳ではなく、「ほんの何分前までは聴こえていたのに…」というケースや、「朝起きたら聴こえなくなっていた」などのケースもあるようです。
「突発性難聴」では耳鳴りや耳閉感を伴うことが多く、発症の瞬間には強い「めまい」さえも伴う患者さんが半数を占めます。

 

発症は50〜60歳代に多くみられますが、小児での発症も報告されており、全年齢での発症の可能性は十分にあり、また遺伝子的な要素は発見されていないというのが現状です。
はっきりとした原因は不明ですが、現在では「ウイルス感染」や「毛細血管の血流の妨げによる、内耳への血流不足(内耳循環障害)」などの説が最も有力とされています。

 

また、患者さんへの調査の結果によれば、「ストレス」による発症も一つの原因ではないかと考えられています。

突発性難聴の症状

 

「突発性難聴」の症状としては、軽度〜重度の難聴の症状があり、一定の音量を超えると正常な耳に比べて「異常に響く」などの刺激や苦痛を訴える場合があるといいます。
また、片側の耳にのみ発症する場合が多く、両耳で発症することは稀だそうです。

突発性難聴の治療

この「突発性難聴」の治療には、早期の治療と安静が絶対条件であり、重度の場合は入院することで加療を受けることが望ましいとされます。
しかし、はっきりとした原因が不明であるが故に、現在有力視されている仮説をもとにした治療が中心となるのもまた事実で、「ステロイド剤」「血流改善剤」「代謝促進剤」「高気圧酸素療法」などの投与、「星状神経節ブロック注射」などが考えられます。

 

「突発性難聴」は早期治療がとても重要で、発症から1週間以内での治療であれば治癒する可能性は比較的良好といわれ、2週間も過ぎてしまえば治癒の確立は大幅に減ってしまいます。

 

ですから、少しでも「聴こえない」「とても聴こえずらい」などの症状を突然感じることがあったら、放置せずに直ぐに医師による診察を受けてください。
その瞬間的な判断が、自分の聴力を戻せるか戻せないかの全てを左右してしまうのです。
-----

突発性難聴 治療法関連エントリー

蓄膿症 頭痛
蓄膿症の症状で頭痛が気になる場合がありますが、必ずしも蓄膿症イコール頭痛の関係式が成り立つわけではありません。
副鼻腔炎の症状
副鼻腔炎の症状は鼻の粘膜に炎症がおこると鼻水となって排出されます。慢性的な方はアレルギーの可能性が高いでしょう。
風邪薬 ランキング
風邪薬に頼るときってありますよねそんな時のために風邪薬 ランキングを発表します。(ネット調べ
メニエル病 原因
メニエル病原因について紹介いたします。 メニエル病は症状として激しいめまいと難聴、耳鳴りなど が同時に重なり症状がでる内耳の病気です。