メニエル病 原因

メニエル病 原因

最近よく耳にするメニエル病について紹介いたします。メニエル病は症状として激しいめまいと難聴、耳鳴りなどが同時に重なり症状がでる内耳の病気です。

 

メニエル病という名前はフランスの医師プロスペル・メニエールという医師が1861年にめまいの原因として発見した名前です。
別名メヌエル病、メニエール病とお呼ばれています。
メニエル病は先ほども紹介したように激しいめまい、難聴、耳鳴り、他には耳閉感の4つの症状があります。
この4つの症状が同時になったり繰り返し症状がでたりします。
少しでも思い当たる人がいれば迷わず医師へ相談してください。
また他にも症状があり冷や汗、蒼白、動悸、異常な寒気、熱く感じるなどの症状が起きるときもあります。
またメニエル病は回転性めまいと聞こえによる主症状があります。

 

頭を動かしたりすると症状は悪化する傾向にあるので人は自然に頭を動かなくします。
また目がぐるぐる回る感覚に陥るので立てなくもなります。

 

イスにすわることもままならないほどのめまいに襲われます。
メニエル病のめまいは個人差がありますが数十分から数時間めまいが続きます。
ひどい人では半日以上めまいの症状が続く人も中にはいます。

 

メニエル病は耳の病気なのでいくらめまいなどといっても脳には異常はありません。
特徴として症状がでている人ではなくまわりの人からみて症状がでている人の目は眼振がみられます。

 

ですが症状がでている人は意識はしっかりして返事や会話がしっかりできます。
こういった症状が見られたときはメニエル病の可能性が高いといわれています。
またメニエル病は女性にとても多くみられます。

 

発症年齢は30歳代後半から40歳代に多くみあられます。
個別調査では人口10万人当たり15〜18人程度の発症の割合は少ない病気です。
メニエル病は内耳のリンパ水腫に発症します。
治療としては基本的には薬による加療が行われます。
治療に使われる薬の種類は数多くあります。
それぞれ発症いた度合いによって薬も治療法も変わっていきます。

 

メニエール病は発症すると大変苦しい病気です。
しっかりならないように規則正しい生活、食事、睡眠をとるなど対策をとりましょう。

メニエル病 原因関連エントリー

蓄膿症 頭痛
蓄膿症の症状で頭痛が気になる場合がありますが、必ずしも蓄膿症イコール頭痛の関係式が成り立つわけではありません。
副鼻腔炎の症状
副鼻腔炎の症状は鼻の粘膜に炎症がおこると鼻水となって排出されます。慢性的な方はアレルギーの可能性が高いでしょう。
突発性難聴 治療法
突発性難聴の治療法では発症から一週間以内の治療が良好と言われていますので突発性難聴かな?と思われましたらすぐに病院に行かれることをお勧めします。
風邪薬 ランキング
風邪薬に頼るときってありますよねそんな時のために風邪薬 ランキングを発表します。(ネット調べ