副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎は鼻の病気です。
人は顔を囲むようにして骨の空洞があります。
その空洞を副鼻腔と呼んでいます。副鼻炎には粘膜があります、その粘膜に炎症が起こると鼻から大量の粘膜が作り出されます。

 

その粘膜が鼻水となるのです。
炎症になる原因として殺菌やウイルス、ハウスダスト、花粉症などのアレルギーが原因だとされています。

 

副鼻炎には急性と慢性のつのタイプがあります。
急性副鼻炎は風邪が原因で起こります。
慢性副鼻炎は急性炎症の繰り返しやは遺伝的体質、アレルギーなどが原因でなります。
副鼻腔炎でも種類が違うものもあるのです。

 

関係ないと思われる虫歯の炎症が鼻にまでいき副鼻炎をおこしてしまうこともあります。

副鼻腔炎の症状について紹介します。

先ほど紹介したとおり副鼻腔炎には2つタイプがあります。

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は風邪が原因となっていますので発熱、鼻づまり、頭痛、鼻水など風邪を引いたときにでる症状と同じになっています。

ただの風邪かなと思っていても急性副鼻腔炎になっていたという場合もありますのでこういった症状を感じたときには医師へ相談してください。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎は近年病像が変化しているといいます。
症状は軽症化しているという調査報告がありますが青っ洟といわれる黄色く膿粘液性だった鼻水が近年では白くさらさらしてきているということです。

 

ですので慢性副鼻腔炎になっていることに気づけないというケースもでていきています。
白くさらさらしている原因としてあげられるのが早期の抗生物質の投与などがあげられています。
薬の投与のし過ぎで薬剤耐性肺炎球菌が慢性鼻腔炎の難治化になってきているといいます。

慢性鼻腔炎の症状は息がしずらい、鼻水が粘っこい、嗅覚が衰える、頭痛、頭重感、意力散漫、記憶力の減少といった症状もあるといいます。

ただの鼻水がこういいた鼻腔炎なっていてそれをしっかる調査していないでしているとこういった体の衰えになることがあるので症状がでたらすぐ医師へいき相談しましょう。

 

鼻腔炎は乳幼児になりやすいということもわかっています。
乳幼児で10日間以上咳や発熱、鼻水などが続くとかぜ様症状の多くの原因が、副鼻腔炎であることが最近ではわかってきています。
大抵は3〜4日で改善するのが普通です。

 

10日以上症状が続いているときは急性副鼻腔炎の併発を疑うべきだといいます。
2〜5歳の幼児の鼻アレルギーはその大半が副鼻腔炎んを併発しているといわれています。
親のみなさんがしっかり経過を観察してください。

副鼻腔炎の症状関連エントリー

蓄膿症 頭痛
蓄膿症の症状で頭痛が気になる場合がありますが、必ずしも蓄膿症イコール頭痛の関係式が成り立つわけではありません。
突発性難聴 治療法
突発性難聴の治療法では発症から一週間以内の治療が良好と言われていますので突発性難聴かな?と思われましたらすぐに病院に行かれることをお勧めします。
風邪薬 ランキング
風邪薬に頼るときってありますよねそんな時のために風邪薬 ランキングを発表します。(ネット調べ
メニエル病 原因
メニエル病原因について紹介いたします。 メニエル病は症状として激しいめまいと難聴、耳鳴りなど が同時に重なり症状がでる内耳の病気です。