おでき治療

おでき治療

おできの治療について考えていきましょう。

「おでき」というと少し子供っぽいイメージがあると思います。

「おでき」とは細菌感染症の一種で、「せつ」とも呼ばれます。

 

その「せつ」が大きくなったり、複数できてしまうと「廱(よう)」と呼ばれます。
そもそも「おでき」とは、毛穴の中の毛を包む組織である「毛包」、または「毛包周囲」が細菌感染することで起こり、皮膚の中に膿みが溜まった状態で炎症を起こします。
よく知るニキビとは原因が全く異なります。

一般的な発症原因

皮膚に小さい傷ができたり、湿った状態が長時間続く事で「黄色ブドウ球菌」が感染し、増殖して炎症を引き起こします。
更に「黄色ブドウ球菌」が発生する毒素によって「おでき」と呼ばれる腫瘍をつくります。

 

症状としては、皮膚が少し飛び出した状態になり、赤みを帯びた熱を持つ塊ができます。
大きく成長すると、少し柔らかい状態になり、膿みが出てきて小さな穴があいた状態になります。
徐々に赤みや膿みは引いて、自然に治りますが、跡が残ってしまうケースが多いです。

 

なので、「おでき」が大きく成長してしまうようであれば、皮膚科に行って治療を受ける事をお勧めします。
皮膚科での一般的な治療法としては、抗菌剤(化膿止め)を服用しますが、大きくなってしまっている物に関しては針などで膿みを出す処置を行います。
「おでき」は悪化すると「廱(よう)」という物に変化する場合があります。

 

「廱(よう)」になるとリンパにまで痛みと腫れが広がり、「おでき」よりも強い発熱や痛みを伴うことになります。
「おでき」はニキビと違って、細菌による炎症ですので、自然治癒を待つよりも皮膚科での診察と処置を受けてください。

「おでき」でも、できる部分によっては原因もまた大きく異なります。

頭皮にできる「おでき」をご存知ですか?
頭皮にできる「おでき」の原因には、「脂漏性湿疹」といわれる皮膚炎が関係しています。

 

詳しい原因はまだ医学的にも解明されていないのが事実ですが、症状としては一般的な「おでき」とは少し異なります。
赤みを帯び、やや痛みがありますが、「かゆみ」を伴う場合があります。
特徴としては「季節の変わり目」や「乾燥する時期」に発症しやすいと言われています。

 

どの部分に発症した「おでき」でもいえるのは、気にし過ぎてあまりいじらない事が大切です。
細菌の感染が原因ですので、少しでも引っ掻いて小さな傷を作れば、感染は広がってしまいます。
まずは皮膚科に行って治療を受けましょう。
-----

おでき治療関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群は初期症状からの早期発見がとても大事です。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
あかぎれ治療
あかぎれの治療には毎日のハンドクリームが最適ですがあかぎれの原因は冬の水仕事や血行不良が原因です。ネットであかぎれの画像などもみれるので調べてみてはどうでしょうか
顔のいぼ治療
顔のいぼは特に気になりますよね、顔のいぼ治療には大きく分けて三種類の治療法があります。皮膚科に通い先生とよく相談してスッキリしましょう。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
皮膚再生医療の活躍
皮膚再生医療は医療の現場だけではなく美容の世界にも大きな躍進を遂げています。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。
まき爪の治療
まき爪の治療方法はあります、ワイヤー治療と呼ばれるものからフェノール法という巻き爪の治療法もあります。