まき爪の治療

まき爪の治療

現代、「まき爪」で悩んでいる患者さんが年々増えていると言います。
その原因はハイヒールやつま先の細いタイプの靴など、自分自身の足の形やサイズに合っていない靴を履いていることだといいます。

 

合わない靴を履いていると、足が疲れますよね?
その時には自分のつま先に凄い負担がかかっているんです。
すぐに「まき爪」の症状が現れるわけではありませんが、つま先への負担が蓄積されていくことによって、気付かないうちに「まき爪」になってしまうのです。

 

また「まき爪」のその他の原因として考えられることは、「スポーツによる衝撃」「柔らかい爪による体質的なもの」「深爪」が上げられます。
爪を切る際は、白い部分を残して切るようにしてください。

 

深く切り過ぎてしまうと、日常生活の衝撃などで指の肉に食い込んでいき、「まき爪」になるのです。
ひどく痛む場合は病院に行く必要ですがありますが、実際に痛みを感じない程度の「まき爪」の人は多いとみられています。

まき爪の治療

軽い症状であれば自分での治療も可能です。

【コットンパッキング】

一時的な処置として、入浴後に米粒大に丸めた綿を食い込み始めている肉と爪の間に挟みます。あまり一気に詰め過ぎてしまうと、爪が割れる原因となりますので少しずつ行いましょう。

 

「まき爪」は放っておくと「歩行」にも悪影響を及ぼしますし、大変痛みを伴います。
少し痛むからといって「深爪」にしてしまうことも、悪化させる原因になりますので避けてください。

 

病院での治療法としては、一般的に爪にワイヤーやプレートを通して爪の生え方を強制しなおす方法があります。
ワイヤーを使用する場合でも、爪に穴を空けるので痛みはありませんし、プレートを使用する場合は熱によってまっすぐな形に戻ろうとする特性を利用しますので、同じく痛みは伴いません。
矯正期間には半年から1年程の長期期間が必要となりますが、ワイヤーやプレートも4000円程で、交換も少なくて済みシステムになっています。
しかし、「まき爪」を放って置き過ぎた為に、症状が重い状態になってしまうと手術が必要になってくるでしょう。

 

まき爪手術で治す

手術は「フェノール法」という手術で、爪の幅を狭くして皮膚に刺さらないようにするというもので、生えてこなくする部分の爪にフェノールをつけて、細胞を死滅させるか、切り取るという手術法です。

 

このフェノール法では局部麻酔をかけますので、多少の痛みは伴うでしょう。
その上、完全に生えてこなくなる保証はないため、再発の可能性もあります。

 

また、手術後は見た目もあまり良いとは言えませんし、足の踏ん張る力が弱まることもあるそうです。
「まき爪」はなるべく放置せず、初期の段階で改善するようにしましょう。

まき爪の治療関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群は初期症状からの早期発見がとても大事です。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
あかぎれ治療
あかぎれの治療には毎日のハンドクリームが最適ですがあかぎれの原因は冬の水仕事や血行不良が原因です。ネットであかぎれの画像などもみれるので調べてみてはどうでしょうか
おでき治療
おできの治療はニキビとは違うのであまりひどいようだと皮膚科に通ったほうが良い場合が多いです。おできなのかな?と思いましたら今はネットでおできの画像が見れますのでそちらを閲覧するのもよいかと思います。
顔のいぼ治療
顔のいぼは特に気になりますよね、顔のいぼ治療には大きく分けて三種類の治療法があります。皮膚科に通い先生とよく相談してスッキリしましょう。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
皮膚再生医療の活躍
皮膚再生医療は医療の現場だけではなく美容の世界にも大きな躍進を遂げています。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。