顔のいぼ治療

顔のいぼ治療

「顔のいぼ」は何故できてしまうんでしょうか?
知らない間に出来てしまったイボ、気付けば大きくなっていいっているイボ、そんな「顔のいぼ」で悩んだ経験がある方もいらっしゃると思います。
「顔のいぼ」には様々な種類があることをご存知ですか?

 

【ウイルス性の尋常性いぼ】
皮膚の小さな傷口から細菌が侵入することで感染が拡大するイボです。
触ったり傷つけたりすることでも拡大してしまいますし、放っておいても拡大を続ける厄介なイボです。

 

【青年性扁平いぼ】
青年期によくできる事からこの名前がついたとされている、平状のブツブツとしたイボのことです。
サイズも小さく、色が皮膚の色に近いため、ニキビなどに混じると区別が難しい場合があります。

 

【老人性いぼ(老人性角化腫)】
加齢によって発生するイボです。
黒くて表面がカサカサしているという特徴があり、放置すると盛り上がって拡大してしまう場合があります。
ウイルス性ではないため、感染はしませんが、若者にも発症する可能性があります。
「青年製扁平いぼ」や、特に「ウイルス性尋常性いぼ」は、発見したらすぐに皮膚科での治療を受けてください。
詳しい治療法としては、3つのパターンが上げられます。

 

【液体窒素凍結療法】
−196℃の液体窒素を綿棒やスプレーなどを使用して、いぼに当てて組織を破壊する方法で、4回/月繰り返して行います。
麻酔などは使用しないのですが、非常に痛みを伴う為に覚悟が必要と思われます。

 

【レーザー治療法】
大きさにもよりますが、局部麻酔を使用します。
レーザーをいぼに照射することで、いぼ組織の水分を蒸発させます。
出血もほとんど無く、遅くても半年程でキレイな状態も戻るそうです。

 

【薬剤治療法】
軽度のいぼに対して行われる治療法です。
痛みなどは伴いませんが、他の治療法よりも長期間に渡る治療が求められます。
ウイルス性の場合は他への感染も防ぐために、早急に除去することが大切です。
除去手術以外にもステロイド剤による薬物治療という方法もありますがあ、「青年製扁平いぼ」に関しては、ニキビとの区別が難しいものですので、使用は避けるべきです。

顔のいぼ治療関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群は初期症状からの早期発見がとても大事です。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
あかぎれ治療
あかぎれの治療には毎日のハンドクリームが最適ですがあかぎれの原因は冬の水仕事や血行不良が原因です。ネットであかぎれの画像などもみれるので調べてみてはどうでしょうか
おでき治療
おできの治療はニキビとは違うのであまりひどいようだと皮膚科に通ったほうが良い場合が多いです。おできなのかな?と思いましたら今はネットでおできの画像が見れますのでそちらを閲覧するのもよいかと思います。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
皮膚再生医療の活躍
皮膚再生医療は医療の現場だけではなく美容の世界にも大きな躍進を遂げています。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。
まき爪の治療
まき爪の治療方法はあります、ワイヤー治療と呼ばれるものからフェノール法という巻き爪の治療法もあります。