皮膚再生医療の活躍

皮膚再生医療の活躍

「皮膚再生医療」という言葉を一度でも耳にしたことがありませんか?
人間は本来、小さな切り傷や火傷程度でしたら自然と新しい皮膚が作られ、多少の跡は仕方が無いとしても、いつしか元通りになっているものです。
しかし、重度の火傷や不慮の事故での大きな皮膚の裂傷を自然に元に戻すことは出来ません。
そこで現在の医療の現場で行われる治療として「皮膚再生医療」があります。

 

主に自分のお尻などの目立たない場所の皮膚の一部を移植しするものや、動物で最も近いとされる豚の細胞を使用して行われる方法があります。
この方法だと拒否反応も無く、安全とされていますが、未だにもっと最善の医療を目指すために日夜研究が行われています。

 

そんな「皮膚再生医療」ですが、現在では医療の現場だけではなく、美容の現場でも活用される様になってきています。
今までのレーザー治療やヒアルロン酸注射などよりも効果が高く、持続性や安全性でも優れている最先端の治療法だそうです。
しかし、まだ最先端の治療法なので費用も高く、初回60万円?以降20万円となっています。
ただ半永久的に効果が持続するそうなので、そのことを踏まえて考えると高くないのかも知れません。

 

しかし美容の世界での「皮膚再生医療」で、一体どんな治療を施し、どんな効果がでるのでしょうか?
治療方法は「目の下のクマ」「シミ」「しわ」などの様々なケースにあわせていくつか存在します。
@「アンチエイジング」
よくDNA鑑定などで採取される自分の口の中の粘膜細胞を培養し、老化した肌に注入する手法だそうで、自分自身の細胞なのでもちろん副作用などが少なく、効果3年以上持続すると言われています。
A「血小板治療法」
血小板には傷を修復するように命令する働きがあるそうで、自分の血液から血小板を採取し、培養して皮膚へ注入します。
B「歯から皮膚を作成する」

 

親知らず限定なのですが、臓器のもととなる肝細胞が存在し、再勢力が備わっています。
その親知らずから細胞を採取し、培養して皮膚を作ることが出来るそうです。
歯から皮膚が培養できるまでに進歩した「皮膚再生医療」ですが、まだまだ研究中のものも多いそうです。

 

しかしながらこの「皮膚再生医療」の技術のお陰で日々様々なスキンケア商品や化粧品などが開発されているのもまた事実です。
人間のクローンが作られるといった話は夢の様な話でしたが、今となっては現実になる日も近いのかも知れません。
-----

皮膚再生医療の活躍関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群は初期症状からの早期発見がとても大事です。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
あかぎれ治療
あかぎれの治療には毎日のハンドクリームが最適ですがあかぎれの原因は冬の水仕事や血行不良が原因です。ネットであかぎれの画像などもみれるので調べてみてはどうでしょうか
おでき治療
おできの治療はニキビとは違うのであまりひどいようだと皮膚科に通ったほうが良い場合が多いです。おできなのかな?と思いましたら今はネットでおできの画像が見れますのでそちらを閲覧するのもよいかと思います。
顔のいぼ治療
顔のいぼは特に気になりますよね、顔のいぼ治療には大きく分けて三種類の治療法があります。皮膚科に通い先生とよく相談してスッキリしましょう。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。
まき爪の治療
まき爪の治療方法はあります、ワイヤー治療と呼ばれるものからフェノール法という巻き爪の治療法もあります。