皮膚粘膜眼症候群

皮膚粘膜眼症候群

皮膚粘膜眼症候群とは1950年ロビンソンという人達が皮膚症状、粘膜症状、眼症状を併発する疾病群を一括してよぶ病名です。
また皮膚粘膜眼症候群といえばスチーブンス・ジョンソン症候群というものがあります。
薬を飲んだ後に高熱と湿疹がでます。

 

スティーブン・ジョンソン症候群は症状が全身やけどのようにただれます。
この火傷の後は治りますが後遺症が目にきます。
これをほっといて放置しておくと悪化すると失明や最悪の場合は死亡してしまう場合があります。
またスティーブン・ションソン症候群は抗生物質にや解熱剤の副作用で発症します。

 

またその薬はペニシリン系、セフェム系の抗生物質、抗テンカン薬、非ステロイド性抗炎症薬などがあげられます。
またほかにも原因となる薬物は1100種類以上あるといわれています。
調べたい人は下記よりご覧くださいhttp://www.naoru.com/hihu-nenmakugan.htm

 

また他にも多型紅班の一種を紹介します。
紅班、水泡、ビランが体の表面や粘膜の部位に広範囲に生じます。
またそれが原因で高熱や悪心を伴います。

 

また皮膚のみだけではなく口腔や陰部などの粘膜、目にも症状がでます。
症状として38度以上の高熱、目の充血、めやに、まぶたの腫れ目ががあけづらい、くちびるがただれる、のどの痛み、皮膚の広範囲に赤み、陰部のただれ、非尿時の痛みや排便時の痛みなどがあります。
薬を服用した後にこういった症状がみられる方はすぐに医師に相談してください。

 

また早期発見のポイントとして先ほど紹介した目の充血、めやに、高熱、まぶたの腫れなどがみられた場合は薬剤師、または医師に相談をしてください。
また全身の発心が増え続けたりした場合は眼にも症状がでてくるのもスティーブン・ジョンソン症候群の症状です。
眼は後遺症を残しやすい部分なので早期発見がいかに失明などにならないか重要なポイントになっています。

 

また100万人に年間1〜6人がスティーブン・ジョンソン症候群だったという報告があります。
治療方法は以下の方法があります。
ステロイド全身投与。高用量ヒド免疫グロブリン静注療法、血漿交換療法などがあります。
これらは症状によって治療方法は変わってきます。

 

紹介した内容に少しでも当てはまることがありましたら医師へすぐにでも相談してください。
早期発見が重要になる病気です。
-----

皮膚粘膜眼症候群関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
あかぎれ治療
あかぎれの治療には毎日のハンドクリームが最適ですがあかぎれの原因は冬の水仕事や血行不良が原因です。ネットであかぎれの画像などもみれるので調べてみてはどうでしょうか
おでき治療
おできの治療はニキビとは違うのであまりひどいようだと皮膚科に通ったほうが良い場合が多いです。おできなのかな?と思いましたら今はネットでおできの画像が見れますのでそちらを閲覧するのもよいかと思います。
顔のいぼ治療
顔のいぼは特に気になりますよね、顔のいぼ治療には大きく分けて三種類の治療法があります。皮膚科に通い先生とよく相談してスッキリしましょう。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
皮膚再生医療の活躍
皮膚再生医療は医療の現場だけではなく美容の世界にも大きな躍進を遂げています。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。
まき爪の治療
まき爪の治療方法はあります、ワイヤー治療と呼ばれるものからフェノール法という巻き爪の治療法もあります。