あかぎれ治療

あかぎれ治療

「あかぎれ」とは一体どんな状態の事を言うのか分かりますか?
皮膚の荒れた状態を表す言葉は数多く、聞き慣れた言葉でも「ひび」「しもやけ」「しもばれ」などという物があります。

そもそも寒さによって血行が悪くって生じる炎症を【しもやけ】といい、このしもやけの状態が乾燥し、固くなった角質層に亀裂が入って出血したりする状態を【ひび】といいます。
このヒビの症状が悪化した状態のものを【あかぎれ】と呼びます。

「あかぎれ」の正式名称は「亀裂性湿疹」といい、原因の多くは水仕事や血行不良とされています。
水仕事などの多い「主婦」、水を扱う仕事の方に多く見られる症状で、特に水の冷たい冬の時期には多くの人が悩んでいます。

 

「あかぎれ」の発症原因としては、ダイエットや偏った食生活での「栄養不足」、冷えによる「血行不良」、油分を落とす洗剤で手を保護している皮脂まで落としてしまう「皮脂不足」、または「洗剤」が上げられます。
最も最善の治療法としては「ハンドクリーム」などを塗って、マッサージを行い「血行」を良くする事です。
油分の含まれたハンドクリームを塗る事で、滑りやすくなりますのでマッサージも施しやすくなります。
またハンドクリームも様々な種類が販売されています。
「ひび割れ」や「あかぎれ」を専門的に直す医薬品としてのクリームなどもありますが、
軽度の場合でしたら「尿素入り」のハンドクリームがお勧めです。
「尿素」は水との相性が良いため、水分子をしっかりと肌に留めてくれ、潤いを長く保ってくれるのです。
またハンドクリームを塗ってもそのまま水仕事をしてしまっては、せっかく塗ったクリームを洗い落としてしまうので、必ずゴム手袋などで手を守ってあげてください。
就寝する際も同じく、クリームを塗った上から保湿用の手袋をしてあげることで保湿環境を長く保つことができます。

 

その上で、食生活の栄養バランスを改善したり、体を温める食品を摂取したり、冬に失われがちなビタミンを補給してあげることで、より効果的な改善が望めると思います。
今まではあくまで自分でできる治療法を紹介しましたが、「あかぎれ」の症状がひどい状態になってしまった際は、必ず皮膚科に行ってください。
市販の薬ではお手上げ状態だとしても、医師から処方してもらえるステロイド剤などで、症状を改善する事が出来ると思います。
「あかぎれ」や手荒れは日々の負担が積み重なって悪化しますので、水仕事の後は常にケアを心がけてあげましょう

あかぎれ治療関連エントリー

手の湿疹の薬
手湿疹は気長に直していくことが完治への近道です、手湿疹の画像などもネット上にありますので原因を知り手湿疹の薬や病院で治療に専念しましょう。
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群は初期症状からの早期発見がとても大事です。
皮膚病 かゆみ
皮膚病のかゆみは一見して病気だとは思いませんが皮膚のかゆみが長引くようでしたら早めに皮膚科に行くことを強くお勧めします。
ハウスダスト アレルギー 症状
ハウスダスト アレルギーの症状辛いですよね。実際私は病院でハウスダストアレルギーだと診断されてしまいました。朝特に鼻水がでるのも症状の一貫のほうです。空気洗浄機や布団の対策など原因を一つ一つ潰していきましょう。
おでき治療
おできの治療はニキビとは違うのであまりひどいようだと皮膚科に通ったほうが良い場合が多いです。おできなのかな?と思いましたら今はネットでおできの画像が見れますのでそちらを閲覧するのもよいかと思います。
顔のいぼ治療
顔のいぼは特に気になりますよね、顔のいぼ治療には大きく分けて三種類の治療法があります。皮膚科に通い先生とよく相談してスッキリしましょう。
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
皮膚ガンの病状と大きく分けて三種類ほどあります。初期症状で見分けるのは困難だと思います。皮膚ガンが怖くほくろや紫外線を必要以上に気にする必要はないと思われます。 -----
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみの敵は冬の乾燥だけでは無いのです。お肌の乾燥の原因が他にもあるのです。
皮膚再生医療の活躍
皮膚再生医療は医療の現場だけではなく美容の世界にも大きな躍進を遂げています。
首のいぼ 治療
首のいぼって特に気になりますよね。首のいぼの治療法を載せています。
白癬菌 治療
白癬菌の治療は積極的に行なっていかなければなおりません。白癬菌は水虫の原因なので根気よく治療していきましょう。
水虫の薬ランキング
水虫の薬ランキングを載せています。売り上げ順ではなく実際に水虫が治ると評判の口コミで一位に選ばれた薬です。
まき爪の治療
まき爪の治療方法はあります、ワイヤー治療と呼ばれるものからフェノール法という巻き爪の治療法もあります。