ちょっと気になる皮膚の病気

皮膚の病気

皮膚の病気

ちょっと気になる皮膚の病気個別ページ一覧

手の湿疹の薬
手湿疹とは手の湿疹や炎症の原因の一つとされています。手湿疹の薬や病院で治療しましょう。手湿疹のもっともの原因は接触性皮膚炎が考えられるといいます。皮膚の免疫が低下しバリア機能が上手く機能しなく手洗いや刺激などが原因で手指の乾燥やひび割れが原因で炎症をおこし手湿疹となるのです,また手の水分不足が原因でもあります。水泡ができることも手湿疹の特徴です。水泡は繰り返し同じ炎症が続くのが特徴です。水泡はできるとすぐ潰れつぶれた場所にまた同じ水泡ができるといった症状が特徴です。水泡ができる原因としてあるのは...
皮膚粘膜眼症候群
皮膚粘膜眼症候群とは1950年ロビンソンという人達が皮膚症状、粘膜症状、眼症状を併発する疾病群を一括してよぶ病名です。また皮膚粘膜眼症候群といえばスチーブンス・ジョンソン症候群というものがあります。薬を飲んだ後に高熱と湿疹がでます。スティーブン・ジョンソン症候群は症状が全身やけどのようにただれます。この火傷の後は治りますが後遺症が目にきます。これをほっといて放置しておくと悪化すると失明や最悪の場合は死亡してしまう場合があります。またスティーブン・ションソン症候群は抗生物質にや解熱剤の副作用で発症...
皮膚病 かゆみ
皮膚病にはさまざまな症状、病気があります。軽いものから癌まで命に関わる病気の警告という場合があります。ここでは皮膚病について紹介したいと思います。まずは蕁麻疹、突然赤い盛り上がりができます。ですがこういった症状は半日以内には治ります。疥癬はひ腋の下や陰部などに丘疹といわれるものができます。丘疹は夜になるとかゆみがまします。環状の大きな紅班ができます。辺緑になったり、丘疹、小さな水泡ができるのがゼニたむしです。鳥肌のような硬い丘疹、皮膚がザラザラしてきます。これらは成人のアトピー性皮膚炎です。接触...
ハウスダスト アレルギー 症状
近代アレルギーをもっている方の割合が非常に増えています。あなたのまわりにもアレルギーだという話は耳にしませんでしょうか?アレルギーとは免疫反応が自分の体に不利に働いてしまう、一つの病気です。またアレルギーには動物の毛、猫や犬、といった動物アレルギーや食べ物でのアレルギー、卵やソバなど、そして日常生活の中にある花粉アレルギーやハウスダスト、種類は数え切れないほどのアレルギーがあります。また子供のころは平気だったのに大人になるとアレルギーになったという話もよくあり、逆に大人になるとアレルギーが治った...
あかぎれ治療
「あかぎれ」とは一体どんな状態の事を言うのか分かりますか?皮膚の荒れた状態を表す言葉は数多く、聞き慣れた言葉でも「ひび」「しもやけ」「しもばれ」などという物があります。そもそも寒さによって血行が悪くって生じる炎症を【しもやけ】といい、このしもやけの状態が乾燥し、固くなった角質層に亀裂が入って出血したりする状態を【ひび】といいます。このヒビの症状が悪化した状態のものを【あかぎれ】と呼びます。「あかぎれ」の正式名称は「亀裂性湿疹」といい、原因の多くは水仕事や血行不良とされています。水仕事などの多い「...
おでき治療
おできの治療について考えていきましょう。「おでき」というと少し子供っぽいイメージがあると思います。「おでき」とは細菌感染症の一種で、「せつ」とも呼ばれます。その「せつ」が大きくなったり、複数できてしまうと「廱(よう)」と呼ばれます。そもそも「おでき」とは、毛穴の中の毛を包む組織である「毛包」、または「毛包周囲」が細菌感染することで起こり、皮膚の中に膿みが溜まった状態で炎症を起こします。よく知るニキビとは原因が全く異なります。一般的な発症原因皮膚に小さい傷ができたり、湿った状態が長時間続く事で「黄...
顔のいぼ治療
「顔のいぼ」は何故できてしまうんでしょうか?知らない間に出来てしまったイボ、気付けば大きくなっていいっているイボ、そんな「顔のいぼ」で悩んだ経験がある方もいらっしゃると思います。「顔のいぼ」には様々な種類があることをご存知ですか?【ウイルス性の尋常性いぼ】皮膚の小さな傷口から細菌が侵入することで感染が拡大するイボです。触ったり傷つけたりすることでも拡大してしまいますし、放っておいても拡大を続ける厄介なイボです。【青年性扁平いぼ】青年期によくできる事からこの名前がついたとされている、平状のブツブツ...
皮膚の変化から見る皮膚ガンの病状
「皮膚ガン」といっても数十種類もあることをご存知ですか?素人判断では見逃しがちな「皮膚ガン」も存在しますし、種類が多いために見極めるのが大変な病気です。ですから「皮膚ガン」に関してきちんと理解と知識を持っておくことが必要と言えます。「皮膚ガン」は大きく分けて3タイプに分けることが出来ます。有棘細胞ガンカリフラワー状の腫瘤で、皮膚の表面に感染していることが多い為、触るとシコリを感じます。発症した部分の皮膚は弱くなってしまうため、ただれたり出血したりします。また、弱くなった皮膚は感染しやすく、膿んで...
皮膚乾燥かゆみ改善
皮膚乾燥のかゆみを改善するには原因を突き止めななければいけません。冬の乾ききった空気、それは女性にとっては大敵です。皮膚の乾燥による「かゆみ」は想像以上に苦しめられる問題で、特に日頃から露出している顔は化粧などで更にいじめられていますので、乾燥から守るためには丁寧なスキンケアが必要です。他にも肘や膝、かかとなども乾燥によってひび割れなどによる「かゆみ」を伴いやすい場所として上げられます。しかし、皮膚の乾燥は「冬の乾いた空気」によるものだけではなかったのです。私たちの生活の中にも、乾燥を引き起こす...
皮膚再生医療の活躍
「皮膚再生医療」という言葉を一度でも耳にしたことがありませんか?人間は本来、小さな切り傷や火傷程度でしたら自然と新しい皮膚が作られ、多少の跡は仕方が無いとしても、いつしか元通りになっているものです。しかし、重度の火傷や不慮の事故での大きな皮膚の裂傷を自然に元に戻すことは出来ません。そこで現在の医療の現場で行われる治療として「皮膚再生医療」があります。主に自分のお尻などの目立たない場所の皮膚の一部を移植しするものや、動物で最も近いとされる豚の細胞を使用して行われる方法があります。この方法だと拒否反...
首のいぼ 治療
いぼは皮膚にできるできもののことをいいます。いぼはヒトパピローマウイルスというウイルスの感染によってできる腫瘤です。首のいぼはメイクでは隠し切れないですよね。それにいぼがあると少し不潔な感じがして嫌なものです。美容整形科に行けば一か所約5000円前後で治療を受けることができます。また切ったり、焼いたりといった治療方法になります。また今注目を集めているのが皮膚科の専門医で結成されつくられたハトムギエキス、いぼや角質を塗るだけで除去できるという優れたハトムギエキス、ポッツルンhttp://pottu...
白癬菌 治療
白癬菌ってわかります?読み方は“はくせんきん”です。この白癬菌がどんな菌かわかる人なんて、100人に1人ぐらいじゃないでしょうか。そしてその1人というのは、恐らくというか、ほぼ確実に水虫の人でしょう。そう、この白癬菌というのは、一般的に水虫の原因とされている菌のことなのです。この白癬菌というのは、一種のカビです。この白癬菌は、我々の身の回りの至る所にいます。しかし、この白癬菌というのは通常は感染力は高くない菌のため、皮膚についたとしても、自然に落ちたり、洗い流したりすれば感染することはほとんどな...
水虫の薬ランキング
かゆくてかゆくてしょうがない水虫。当然のことながら、すぐにでも治したいですよね?なぜだか世間では「水虫」という病気は嫌なイメージが付きまとっています。なので、なかなか周りに言い出せずにあなたは一人で悩んでいるかもしれません。でも安心してください。水虫は、適切な処置をすれば必ず治るようなものなのです。では、その適切な処置とは何かが気になるところですよね?それは、水虫の薬を水虫に塗るということです。非常にシンプルですよね?本当に水虫は水虫の薬を塗るだけで治るんですが、なかなかみなさん治らないようです...
まき爪の治療
現代、「まき爪」で悩んでいる患者さんが年々増えていると言います。その原因はハイヒールやつま先の細いタイプの靴など、自分自身の足の形やサイズに合っていない靴を履いていることだといいます。合わない靴を履いていると、足が疲れますよね?その時には自分のつま先に凄い負担がかかっているんです。すぐに「まき爪」の症状が現れるわけではありませんが、つま先への負担が蓄積されていくことによって、気付かないうちに「まき爪」になってしまうのです。また「まき爪」のその他の原因として考えられることは、「スポーツによる衝撃」...