食道がん 初期症状

食道がん 初期症状

食道がん,げっぷ,治療,完治,胃がん,生存率,名医

「食道がん」は、女性の5倍の確立で男性が発症するがんで、全てのがんの中で3.4%を占める発症率の高いがんです。
胃がんや肺がんに比べて情報量は少ないですが、初期症状が現れてから1年以内に死亡してしまうことが多く、5年生存率は5%と大変低いことで知られています。
原因としては、やはりお酒やタバコ。
さらに、刺激物を好む人が発症することが多いといわれています。
また、熱い食べ物や飲み物を冷まさずに飲み込むと、食道がダメージを受け、「食道がん」のリスクが高まります。
せっかちな人や、猫舌ではないからと熱いものをそのまま食べてしまう癖のある人は、気をつけるようにしましょう。

 

食道がんの初期症状

 

死亡率がとても高い「食道がん」ですが、初期症状はほとんどなく、無症状食道がんは実に20%。
そのため、早期発見がとても困難です。
なんとなく胸がつかえたり、胸がしみる感じや大きめの固形物が飲み込みにくくなるという症状が現れますが、
50代〜60代で発症することが多いため、年齢のせいで喉がつかえているのだと捉えて放置してしまう人がほとんど。
さらに、がんが進行するにつれてこれらの喉の違和感は消えてしまうことが多く、がんがそのままどんどんと進行してしまう原因となっています。
また、胃に不快感を覚える人が、内視鏡検査を受けて偶然「食道がん」が発見されるということも少なくないようです。

 

「食道がん」のかすかな初期症状として覚えておきたいのが、食べ物が落ちていく感覚。
熱いものを食べたときなどに、喉からお腹にかけてつーっと落ちていく感じを経験したことがある人は、多いのではないでしょうか。
食道の感覚は敏感で比較的正確なため、異物があると、物が通っていくときに異変が感じられます。
熱いものを食べたわけでもないのに、食べ物が通っていく感じを覚えたときは、「食道がん」の初期症状を疑いましょう。

 

がんが進行すると、食道の内側に向かって腫瘍が盛り上がるので、食べ物が喉や胸で詰まる感覚が強くなります。
また、食事に影響を及ぼしてくるため、体重の減少も症例の一つに挙げられます。
ただし、こういった症状を自覚する頃には、がんは相当進行してしまっているものと考えてください。
「食道がん」はとても進行の早く、さらには転移するのも早いがんなので、違和感を覚えた時点で早々に医療機関を受診するべきです。
40代後半から増加するという統計があるので、何も兆候がなくても、40代を過ぎたら人間ドッグや定期健診を受けるようにするのが、早期発見さらには、完治へと繋がる方法です。


食道がん 初期症状関連エントリー

腎盂癌の原因と治療
腎盂癌の原因と治療についてです。
癌研有明病院
癌研有明病院について通商、癌研と呼ばれています。
胆嚢がん 治療と症状
病気の気になるところをピックアップしています。20代では気なならなかったことも30歳も超えると少しでも体に異変があると気になりだします。40歳、50歳ともなるとしっかりと自分の体のことは管理していなければなりません。 すこしでも当サイトで気になる病名や症状を調べてもらえれば幸いです。
皮膚がん予防は食事から
皮膚がんの症状は多岐にわたりますが、少し意外なところでほくろや足の裏なども皮膚がんの症状ではあります、初期症状を見逃さないように日ごろの食事から注意していきましょう。
がんになっても入れる保険
がんになっても入れる保険があります、あまり知られていないですがただし加入条件があります。
咽頭がん 症状
咽頭がんの初期症状はかなり自覚しにくいので 気付いた時には手遅れになりがちな危険なガンです。
口腔がん 症状
口腔がんの初期症状は舌のしこりが無いかどうかチェックしましょう。
喉頭がん 症状
喉頭がんは煙草とお酒が厳禁です。喉頭がん の初期症状としては喉のはれや違和感があります。
卵巣がん 症状と生存率
卵巣がんの症状としてはお腹が張るや骨盤のゆがみなどがありますが初期段階での発見が難しいため定期的な検査をお勧めします。
膀胱がん 症状と生存率
膀胱がんの発生率は男性は女性の4倍もあります、しかし膀胱がんの初期症状は他の癌と違い解りやすいのが特徴です。
結腸がん 症状
結腸癌は増加傾向 の著しい癌であり胃がんを抜くほど発症の多い癌となっています。
子宮頸がん
子宮頸がんは若い女性の間で増加傾向にあります、初期症状は発見が難しく定期的な検査や検診で予防線を張りましょう。
大腸がん リンパ節転移
大腸がんは、結腸がんと直腸がんの2種類のことをいいます、腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。
ふこいだん がん
癌に強い体を作るフコイダンは海藻のぬめりの部分にふくまれる多糖類の一種のことで健康食品として扱われています。
直腸がんの症状
直腸がんの初期症状はとても解りずらくステージによって転移や生存率が変わっていきます。
卵巣がん 転移と生存率
卵巣がんの転移と生存率について考えてみましょう。卵巣がんが自覚症状が出にくいという症状があります。
ソニー生命 がん保険
ソニー生命のがん保険は評判が良いがん保険で有名です、生涯にわたりがんに対する保険をバックアップしてくれます。
肺がん 抗がん剤治療
肺がんは男性の方が女性よりも高い発症率があります、肺がんになり抗がん剤治療をうけるよりも日ごろから肺がんにならないようにタバコを控えるなど節制に励みましょう。
すい臓ガンの症状
すい臓ガンの初期症状は解りにくくなっていますので定期的な健康診断を心がけてすい臓ガンの予防を心がけましょう。 -----
大腸がん 症状と痛み
大腸がんの症状と痛みについて載せています。大腸がんは50歳くらいから増加傾向になっています
胆のうがん 症状
胆のうがんは女性の方が発症率が高い癌で胆石症との合併症で見られることが多いとのことです。胆のうがんの症状としては腹痛があり、お腹の右側や背中にも痛みがあります。
子宮がん検診 費用
子宮がん検診の費用はどのくらいかかるのでしょうか?いざという時のためにも癌保険には入っておくべきでしょう。 -----
直腸がんの症状
直腸がんの症状は比較的癌のなかでは初期症状が解りやすい部類に入ります。下血が出たら痔の可能性ももちろんありますが病院に行って直腸がんではないか診断してもらいましょう。
舌がん 症状
舌がんの初期症状とはどういう病気でしょう。ネットで舌がんの写真や画像などを拝見することも可能です。舌がんの手術も技術の進歩で切除範囲をかなり小さくすることが出来るみたいです。
膀胱がんの症状
膀胱がんの症状は他の癌と同じように初期症状はわかりにくいですが血尿が出たら迷わず病院に行き検査してもらいましょう。
抗がん剤治療費用
抗がん剤治療費用は高額になりますが最大83400円を超える医療費は還付を受けられます。
ガンに効く食べ物
ガンに効く食べ物といっても実際にはガン予防の食べ物です。総じて言うことはバランスのとれた食事を心がけるということです。
日本興亜生命 がん保険
日本興亜生命のがん保険を紹介します。終身がん保険があり内容も充実の保険となっています。