喉頭がん 症状

喉頭がん 症状

喉頭がん初期症状,写真,名医,手術,治療

喉頭とは、のどぼとけに位置する気管のこと。
喉頭にできるがんを総称して「喉頭がん」と呼びますが、詳しく分けると声帯に発生する声門がん・声門の上部に発生する声門上がん・声門の下に発生する声門下がんの3種類があります。
それぞれ症状や発症率が異なり、最も発症率が高いのが声門がん。
次いで声門上がんで、声門下がんの発症率は1〜2%と極めて稀です。
圧倒的に男性の発症率が多く、年代は60代以上がほとんどです。
発症要因は、他のがんでもよく言われるように、タバコとお酒。
特にタバコは、「喉頭がん」を発症した人のなんと9割以上が喫煙者という統計からもわかるように、大変高い因果関係が考えられます。
最近になり女性の「喉頭がん」患者が増えてきていることも、女性の喫煙者が増えたことに関係があるのではないかといわれています。

 

■声門がんの症状
声門がんの初期症状として、声がれや喉の違和感が挙げられます。
これはほぼ全員の患者に見られる症状で、特に風邪をひいている感じでもないのに、ざらざらとした声がれが1ヶ月ほど続くようなら、声門がんが疑われます。
がんが進行すると、血痰や喉の痛みを感じるようになり、食べ物が飲み込みにくくなります。
声門が狭くなってくるので息がしづらく、呼吸困難になる場合もあります。

 

■声門上がんの症状
声門上がんの初期症状は、喉の痛みや異物感です。
首のリンパ節への転移が早期から見られるのが特徴で、首のリンパ節の腫れから発見されることが多いようです。
ちょうど声門がんと逆の経路を辿るように、がんが進行して声帯に広がると、声がれが認められるようになります。

 

■声門下がん
声門下がんは、他の2種類のがんと違い初期症状がほとんどないため、発見が遅れがちです。
しばらくすると血痰や声がれ、喉の痛みを自覚するようになりますが、その頃にはがんはだいぶ進行していることがほとんどです。

 

医学の発達により、がんの治癒率は年々高まってきています。
とはいえ、がんは死をもたらす恐ろしい病。
その発症原因は、やはり生活習慣の乱れにあるといっても過言ではありません。
「喉頭がん」になると、声帯への影響は免れないため、声を失ってしまうという恐怖があります。
ただし、早期発見がしやすく全体的な治癒率も70%と高いがんに分類されるので、完治する可能性は大いにあるといえるでしょう。
生存率が高いとされる「喉頭がん」においても、まずは予防のため、生活習慣を見直すことから始めましょう。


喉頭がん初期症状

喉頭がんの初期症状について考えてみましょう。
喉頭がんは喉頭にできる悪性腫瘍にことをいいます。そもそも喉頭とはどこだか解らない方もいると思います。
喉頭とは別名のどぼとけのことをいいます。
喉頭がんはのどぼとけが声門、声門上、声門下と場所が3つに分かれている為癌もできる場所が3箇所ですので癌の種類も同じ喉頭がんでもわかれてきます。
治療法もできる場所によって異なってきます。
また喉頭がんは60歳以上に発病のピークがあるともいわれています。
発生率は10万人に3人程度です。
男女比で比べてみると男が9で女が1という圧倒的な比率で男性にかかりやすい病気なのです。
喉頭がんになる原因としてはタバコとお酒があげられます。
確実的な原因ではありませんが喫煙をしている方とタバコをすわない人では4倍ほどの発症率になっています。
またタバコとお酒の刺激で声門上がんの発生に関与しているともいわれています。

 

喉頭がんの中でも病理組織学的に扁平上皮癌という種類の癌が多いそうです。
部位的に%であらわしてみると、声門癌が60〜65%、声門上が30〜35%、声門下は1〜2%だと結果が発表されています。

喉頭がんの初期症状

また初期症状ですがこれもまた部位によって症状も異なってきます。
声門癌ではほぼすべての方が嗄声(させい、声がれ)がみられています。
1ヶ月以上嗄声(させい、声がれ)がみられた場合は一度医者へ行くことをすすめます。
声門上の症状は喉の異物感です。食事のときなどに喉に固形物や刺激物を食べたときに痛みがあるといった症状があります。
声門下はほとんど症状がないので進行したときに嗄声(させい、声がれ)や呼吸苦などといった症状がでてきます。
そういった症状があって気になる方は耳鼻咽喉科、頭頸科を受診されるといいでしょう。
そこでも癌であるか診察をしてくれます。

喉頭がんの治療法と術後

万が一癌になってしまった時の治療法は放射線や手術が中心となります。
治療法は病院によって少し違ってきますが、早期発見の場合放射線治療になります。
のどぼとけはそのままの形で残りますので後遺症などといった症状はあまりありません。
手術になった場合喉頭部切術と喉頭全摘術があります。
早期発見の場合のみ喉頭部切術が行われます。
万が一喉頭全摘術が行われた場合声は失われてしまいます。
ですから癌は早期発見でみつけることが最善なのです。
その為には癌にならない為に規則正しい生活を送ることはもちろん、定期健診にも積極的に取り組んでいくことが大切です。

喉頭がん 症状関連エントリー

腎盂癌の原因と治療
腎盂癌の原因と治療についてです。
癌研有明病院
癌研有明病院について通商、癌研と呼ばれています。
胆嚢がん 治療と症状
病気の気になるところをピックアップしています。20代では気なならなかったことも30歳も超えると少しでも体に異変があると気になりだします。40歳、50歳ともなるとしっかりと自分の体のことは管理していなければなりません。 すこしでも当サイトで気になる病名や症状を調べてもらえれば幸いです。
皮膚がん予防は食事から
皮膚がんの症状は多岐にわたりますが、少し意外なところでほくろや足の裏なども皮膚がんの症状ではあります、初期症状を見逃さないように日ごろの食事から注意していきましょう。
がんになっても入れる保険
がんになっても入れる保険があります、あまり知られていないですがただし加入条件があります。
咽頭がん 症状
咽頭がんの初期症状はかなり自覚しにくいので 気付いた時には手遅れになりがちな危険なガンです。
口腔がん 症状
口腔がんの初期症状は舌のしこりが無いかどうかチェックしましょう。
食道がん 初期症状
食道がんの初期症状はあまり無く発見は困難ですが五年以内の生存率がかなり低く治療による完治が難しいです。
卵巣がん 症状と生存率
卵巣がんの症状としてはお腹が張るや骨盤のゆがみなどがありますが初期段階での発見が難しいため定期的な検査をお勧めします。
膀胱がん 症状と生存率
膀胱がんの発生率は男性は女性の4倍もあります、しかし膀胱がんの初期症状は他の癌と違い解りやすいのが特徴です。
結腸がん 症状
結腸癌は増加傾向 の著しい癌であり胃がんを抜くほど発症の多い癌となっています。
子宮頸がん
子宮頸がんは若い女性の間で増加傾向にあります、初期症状は発見が難しく定期的な検査や検診で予防線を張りましょう。
大腸がん リンパ節転移
大腸がんは、結腸がんと直腸がんの2種類のことをいいます、腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。
ふこいだん がん
癌に強い体を作るフコイダンは海藻のぬめりの部分にふくまれる多糖類の一種のことで健康食品として扱われています。
直腸がんの症状
直腸がんの初期症状はとても解りずらくステージによって転移や生存率が変わっていきます。
卵巣がん 転移と生存率
卵巣がんの転移と生存率について考えてみましょう。卵巣がんが自覚症状が出にくいという症状があります。
ソニー生命 がん保険
ソニー生命のがん保険は評判が良いがん保険で有名です、生涯にわたりがんに対する保険をバックアップしてくれます。
肺がん 抗がん剤治療
肺がんは男性の方が女性よりも高い発症率があります、肺がんになり抗がん剤治療をうけるよりも日ごろから肺がんにならないようにタバコを控えるなど節制に励みましょう。
すい臓ガンの症状
すい臓ガンの初期症状は解りにくくなっていますので定期的な健康診断を心がけてすい臓ガンの予防を心がけましょう。 -----
大腸がん 症状と痛み
大腸がんの症状と痛みについて載せています。大腸がんは50歳くらいから増加傾向になっています
胆のうがん 症状
胆のうがんは女性の方が発症率が高い癌で胆石症との合併症で見られることが多いとのことです。胆のうがんの症状としては腹痛があり、お腹の右側や背中にも痛みがあります。
子宮がん検診 費用
子宮がん検診の費用はどのくらいかかるのでしょうか?いざという時のためにも癌保険には入っておくべきでしょう。 -----
直腸がんの症状
直腸がんの症状は比較的癌のなかでは初期症状が解りやすい部類に入ります。下血が出たら痔の可能性ももちろんありますが病院に行って直腸がんではないか診断してもらいましょう。
舌がん 症状
舌がんの初期症状とはどういう病気でしょう。ネットで舌がんの写真や画像などを拝見することも可能です。舌がんの手術も技術の進歩で切除範囲をかなり小さくすることが出来るみたいです。
膀胱がんの症状
膀胱がんの症状は他の癌と同じように初期症状はわかりにくいですが血尿が出たら迷わず病院に行き検査してもらいましょう。
抗がん剤治療費用
抗がん剤治療費用は高額になりますが最大83400円を超える医療費は還付を受けられます。
ガンに効く食べ物
ガンに効く食べ物といっても実際にはガン予防の食べ物です。総じて言うことはバランスのとれた食事を心がけるということです。
日本興亜生命 がん保険
日本興亜生命のがん保険を紹介します。終身がん保険があり内容も充実の保険となっています。