癌について

一口に癌と言ってもかなりの種類があります。
腎盂がんや胆嚢がん、喉頭がんや卵巣がんなど他にもありますが当サイトでは
身近に存在するとても怖い病気 癌について経験談や独自の目線で載せています。

癌は早期発見で早期治療個別ページ一覧

腎盂癌の原因と治療
腎臓にできる悪性な腫瘍、そのうちの腎盂癌、つまり腎臓と尿感の接続部・腎盂の癌は、非常に例が少ないです。10万人あたりで男性も女性もそれぞれ0、1人ぐらいしかいません。腎盂癌と近い位置にできる尿管癌とをまとめて考える場合が多いです。腎盂癌の診断は、だいたいは血尿がきっかけになります。腎盂癌が進行してくると、腎細胞癌との鑑別が難しくなることがあります。尿管癌の症状は、癌のため尿管がせまくなるので、尿がたまる水腎症となり感染を起こしてしまい膿腎症に発展する場合があります。しかし腫瘤と狭搾が起こらず、血...
癌研有明病院
癌研有明病院についてですが、東京の有明、りんかい線国際展示場駅から徒歩数分の場所に、癌研有明病院があります。明治41年に創立された日本で最初の癌研究専門機関である財団法人癌研究会が(民間の非営利組織)、昭和9年に付属の病院と専門の研究所を設立しました。その病院が癌研有明病院で、同じく日本最初の癌専門の病院です。設立から現在まで70年を超える間に、10人10代の病院長がいますが、全て医師です。癌研有明病院設立当時には病床たった29床で始まりましたが、今現在は病床700床へと発展しました。外来患者の...
胆嚢がん 治療と症状
胆嚢は、肝臓と十二指腸の間にあり、胆汁をためておく袋状の臓器です。食物の消化時に、胆汁が十二指腸に流れ、消化の作業を担います。この胆嚢が、悪性腫瘍におかされる病気が胆嚢がんで、高齢者に多い病気です。早期に発見される症例は少なく、治療もなかなか有効な手段に乏しいという現状です。胆嚢がんの治療を行うのには、基本は手術で胆嚢を摘出することとなります。ほとんどの場合摘出手術で治りますが、がん細胞が粘膜内にとどまらず深くまで達している場合や、がんの広がり方によっては、肝臓までの部分切除もしなければなりませ...
皮膚がん予防は食事から
皮膚がんについて記しています。がん(癌)というと多くの種類がありますが、昨今確実に増加している癌に皮膚がんがあると言われています。皮膚がんにも色々ありますが、ほくろ状の腫瘍ががんになる皮膚がんがあります。ほくろというのはできたときから良性か悪性かが決まっていると言われています。私たちはふと気がついて、ほくろを弄っていたりしますが、それはもしかしたら皮膚がんになるほくろなのかもしれません。と脅すつもりはありませんが、ほくろ的なものには注意が必要なのです。皮膚がんになるほくろは足の裏にできると言われ...
がんになっても入れる保険
普段の健康な生活の中では、なかなかじっくりと考えるのは難しいですが、いざという時のために備えておきたい保険。特にがんに対する不安を抱える人は多く、がん保険の種類も実に様々です。そんな中でもとりわけ特長的なのが、「がんになっても入れる保険」です。一般的には、一度でもがんになったことのある人はがん保険には入れないと認識されていますが、実は、そんな常識を覆す「がんになっても入れる保険」があるんです。一つは、あひるのCMでおなじみのアフラックの商品で、「優しいがん保険」。がんの治療終了から10年以上が経...
咽頭がん 症状
咽頭とは、喉頭とともに一般的にのどと呼ばれる部分のこと。「咽頭がん」には、上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんがあり、それぞれ症状や原因が異なるといいます。ただし、確実な危険因子はタバコ。また、強いお酒を好む地方に「咽頭がん」の患者が多いことから、お酒も大きな要因だと考えられています。「咽頭がん」の3種のうち、最も発症しやすいのは下咽頭がんです。男性の発症率が高く、女性の4〜5倍。中でも、50代〜60代の発症率が60%を占めます。ただし、女性も高齢になるにつれて発症率が高くなります。「咽頭がん」の...
口腔がん 症状
口腔がんの初期症状について述べていきましょう、頭頸部がんの一種である「口腔がん」は、発症するのが極めて珍しいがんで、全体のがん患者のうち1%〜2%の発症率だといわれています。「口腔がん」の中にも、舌にできる舌がん・舌と歯ぐきの間にできる口腔底がんなどいくつかの種類があり、最も発症する確率の高いのは舌がんです。口の中が不衛生だったり、虫歯などで舌に刺激がある場合に、「口腔がん」は発症しやすいといわれています。また、熱いものや辛いものなどの刺激物を好む人にも、発症する可能性が高いようです。タバコやお...
喉頭がん 症状
喉頭とは、のどぼとけに位置する気管のこと。喉頭にできるがんを総称して「喉頭がん」と呼びますが、詳しく分けると声帯に発生する声門がん・声門の上部に発生する声門上がん・声門の下に発生する声門下がんの3種類があります。それぞれ症状や発症率が異なり、最も発症率が高いのが声門がん。次いで声門上がんで、声門下がんの発症率は1〜2%と極めて稀です。圧倒的に男性の発症率が多く、年代は60代以上がほとんどです。発症要因は、他のがんでもよく言われるように、タバコとお酒。特にタバコは、「喉頭がん」を発症した人のなんと...
食道がん 初期症状
「食道がん」は、女性の5倍の確立で男性が発症するがんで、全てのがんの中で3.4%を占める発症率の高いがんです。胃がんや肺がんに比べて情報量は少ないですが、初期症状が現れてから1年以内に死亡してしまうことが多く、5年生存率は5%と大変低いことで知られています。原因としては、やはりお酒やタバコ。さらに、刺激物を好む人が発症することが多いといわれています。また、熱い食べ物や飲み物を冷まさずに飲み込むと、食道がダメージを受け、「食道がん」のリスクが高まります。せっかちな人や、猫舌ではないからと熱いものを...
卵巣がん 症状と生存率
「卵巣がん」は、婦人科系のがんの中で、乳がんに次いで発症率の高いがんです。患者の年代は40代以降が多く、50代前半がピーク。ただ、卵巣は腫瘍ができやすい場所だと知られていて、卵巣にできた腫瘍のうち85%は良性のものであるといわれています。「卵巣がん」が発症する直接的な原因はわかっていませんが、遺伝的に引き継がれるという説が濃厚です。家族に卵巣がんを患った人がいる場合は、発症する可能性が高いのでこまめに検診を受けましょう。また、出産歴のない人も「卵巣がん」になりやすいともいわれています。卵巣がんの...
膀胱がん 症状と生存率
「膀胱がん」とは、尿を溜める袋である膀胱に悪性の腫瘍ができることをいいます。膀胱の表面は、移行上皮という伸縮性に富んだ皮で覆われていますが、「膀胱がん」の9割は、この移行上皮が悪性腫瘍になったものです。男女とも、40歳未満の若年で発症することは稀で、60歳以降に増加する傾向にあります。また、男性の発症率は女性の4倍だという統計もあります。主な原因として挙げられるのは、喫煙。「膀胱がん」患者のうち、男性は50%、女性は30%が、喫煙によりがんを発生しています。その他、鎮痛剤やコーヒー、塩素消毒した...
結腸がん 症状
がんはとても恐ろしいサイレントキラーです。がんにも種類は沢山ありますがそのなかで今回結腸がんについて調べてみました。結腸がんとは高脂肪食により、胆汁酸の分泌増加が感よするのではないかといわれています。大腸がんのな変はかの一種となります。原発性と続発性に分類され原発性結腸癌は大部分線がんです。大腸がんともよばれ前癌病はポリープなどが考えられ、家族性(遺伝子性)は100%が癌化するといわれています。結腸癌は増加傾向の著しい癌であり胃がんを抜くほど発症の多い癌となっています。結腸癌、大腸癌という病気と...
子宮頸がん
子宮とは女性にしかない特別な器官です。子宮頚部にできるがんを子宮経がんといいます。子宮頸がんなった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければなりません。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても後遺症がのこり仕事や生活に影響することなど失うものは多大なものです。またがんが進行してしまった場合、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。ですが、子宮頸がんは原因やがんになる過程が解明されているがんで、予防ができます。ですが最も大切なことは定期健診が大切です。また子宮頸がんは遺伝とか関...
大腸がん リンパ節転移
大腸がんは、結腸がんと直腸がんの2種類のことをいいます、どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。がんははじめはほとんどが小さなポリープ状の形をしています。だんだん信仰していくと、粘膜にとどまっていたがんが内壁から漿膜へ、そして周囲の臓器へと浸潤し、広がっていきます。また経過中にリンパ節移転をしてしまう可能性があります。移転には仕方にはいろいろしていますが、がんがリンパ管に進入しすることをリンパ行性移転と血管の中に進入し、肝臓や肺やしまいには脳などへも移転が起こる血行性移転、さらにはがんが種を...
ふこいだん がん
最近では若い人でも癌におかされているとよく耳にします。癌を予防するのも大切ですが癌に勝つ強い体を作る成分”ふこいだん”が注目されています。「癌は不知の病である」「ガンになったら苦しんで死ぬ」というイメージが強いと思います。しかし、現代医学の三大療法(手術・抗がん剤・放射線)だけでは癌治療は難しいというイメージだと思います。現在悲しい話ですが年間34万人以上の人がガンで亡くなっています。私の周りでもなくなる人の大半はガンです。しかしその7〜8割の方は「癌」で亡くなるのではなく三大療法の副作用の影響...
直腸がんの症状
直腸がんについて経験則から調べたことを載せています。突然ですが、下血の経験、ありますか?私はあります。今日はやけにお腹がぐるぐるするなあ・・・と思って用を足してみたら、便器が血の色に・・・!あまりのことに焦って友人にすぐ相談したのですが、「切れただけでしょ」。それで冷静になって「ああ、なんだ〜」と胸をなで下ろしたのですが、痛みがなかったので、本当にびっくりしたんです。なぜなら、友人に相談する前に「排便時の下血」をネットで調べたら「直腸がんの症状です」って・・・ウソでしょ!?となったわけです。本当...
卵巣がん 転移と生存率
女性特有の卵巣がんですが卵巣がんが名前のとおり卵巣にできるがんのことをいいます。卵巣がんは自覚症状がでにくい病気でもあります。自覚症状がでてきたときに遅いというパターンも多くあります。まず卵巣ですが卵巣は女性ホルモンを分泌したり子供を妊娠するためにとても大切な女性の臓器期間になります。卵巣がんの原因ですがこれといった原因は今でもわかってはいませんが遺伝的なものや普段の食生活や欧米化の食生活などが原因ではないかともいわれています。癌という病気自体がが別名サイレントイラーとも呼ばれています。とくに卵...
ソニー生命 がん保険
ソニー生命のがん保険を検証してみようと思います。がんは別名「サイレントキラー」呼ばれる病気です。またがんになると治療費などとても大変です。また最近では先進医療などもありますがこれもまた高額になってきますのでなかなか受診できる人が少ないものです。その為に保険に加入したいものですね。がん保険は沢山あります。その中でも今回はオススメのがん保険を紹介します。おすすめの癌保険はソニー生命のがん保険です。ソニー生命のがん保険をここで少し紹介したいと思います。まずはがんによる入院や手術や死亡した場合を生涯にわ...
肺がん 抗がん剤治療
肺がんは治らないと思っている方が多いのではないでしょうか?!癌の中でも今回は肺がんについて紹介したいと思います肺がんは私達体の一部の肺にできた癌のことをいいます。肺は私達が呼吸をする際に最も重要になってくる器官です。肺がんの症状ですが長引くせき、血痰、息苦しさ、また声のかすれといった症状があります。年齢で見ると発症率が高い年代が40歳代が多いそうです。また女性よりも男性のほうが3倍発症率が高いといわれています。肺がんは日本人にとって男性1位、女性2位の発症率の高い癌になってきます。一番の原因とし...
すい臓ガンの症状
すい臓ガンはすい臓という臓器発症した癌のことをいいます。すい臓がんは初期症状はほとんどわかりません。ですので定期健診が大切です。ある程度進行してしまったすい臓ガンは次のような症状があらわれます。食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、みぞおちや背中の痛みが長く続きます、それと腰痛、急激な体重減少、消化不良、全身倦怠感、黄疸の、糖尿病の発症、または重要などの症状があります。吐き気や食欲がないなどいつもこんなことがある方とかは「いつものことだ」と思い何もなかったように過ごす人もいますがこれがもしすい臓がんなら...
大腸がん 症状と痛み
癌の種類の中で今回は大腸がんについて紹介したいと思います。大腸だんとは名前のとおり大腸にできる癌のことをいいます。大腸は消化吸収された残りのいらないものを水分を吸収しながらまとめ体のそとへ排出する大切な役目をもっといる臓器です。ですが大腸は多種、多量の菌が住んでいるともいわれています。大腸の中は粘膜があります。その粘膜から癌は発生するといわれています。ですので粘膜のある場所ならどこでもできるといううことです。年齢別でみた場合大腸がんは50歳代から増加しています。もし大腸がんになってしまった場合、...
胆のうがん 症状
癌の中で胆嚢がんがあります。名前の通り胆嚢という器官にできる癌のことです。胆嚢は右上腹部に位置していて、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓器です。胆嚢は肝臓から分泌される胆汁という液体がたまります。胆汁は消化の役割をしている汁で食後に胆嚢が縮むことによって胆管をとおり十二指腸へ胆汁が流れる、といった機能になっています。胆嚢がんは胆嚢と胆嚢管から発生する悪性腫瘍のことをいいます。胆嚢がんは女性患者が多くみられます。男性の約1.5〜2倍だともいわれています。また年代は60代に多くみられま...
子宮がん検診 費用
子宮がん検診の費用などは気になるところです、癌の中でも女性特有の癌があります、それは子宮がんです。子宮がんは死亡原因に3人に1人は子宮がんが原因で亡くなっているともいわれています。癌ができる原因としては細胞になんらかの刺激が加わり、突然変異の細胞ができます。その突然変異でできた細胞が癌の前段階なのです。その突然変異の細胞が増え進行が進むと癌と呼ばれます。癌のおそろしいところは、がん細胞によって私たちの器官の機能を破壊してしまうことがあります。子宮がんですが子宮がんはできるところで名称が違ってきま...
直腸がんの症状
直腸がんは初期症状は下血があります。下血は肛門から出血することです。がんの表面は血管が豊富で組織もとてももろいため、便が通過する際の少しの刺激がきっかけでも出血します。その為肛門からの出血がみられるのです。ですが出血で確認できるのですからがんの中では初期症状がわかりやすいがんでもあります。ですが肛門からの出血は痔と勘違いしやすいので痔と勘違いして病院へいかない人が多数います。肛門からの出血がみられたときはすぐにでも病院へいって診断をうけるようにしてください。また直腸癌は貧血で気づくパターンもあり...
舌がん 症状
膀胱がんの症状
膀胱がんはとても恐ろしい病気です。尿がたまる場所。膀胱にもがんはできます。膀胱がんは膀胱の構造上にある移行上皮という粘膜から発生することが多いのです。膀胱がんは尿がたまる膀胱という臓器に発生するがんで、膀胱は以降上皮という粘膜におおわれているのですが、膀胱がんはこの移行上皮に発生することが多いので膀胱の移行上皮にできるがんを移行上皮がんといいます。移行上皮がんは大きく表在がん、浸潤がん、上皮内がんの3つに分けられます。これらの癌はそれぞれ性質が異なってきます。治療法もまたそれぞれの性質に合わせて...
抗がん剤治療費用
抗がん剤治療費用どのくらいかかるの?気になるところですよね、「がん」を発病してしまうと、様々な治療法と高額な治療費が関わってきます。手術法としては主に、「放射線治療」「外科手術」「抗がん剤治療」があります。その中でも最も重要な治療法は「抗がん剤治療」です。「外科手術」が必要な場合でも、必要でない場合でも、必ずと言っていい程「抗がん剤治療」は行われます。「抗がん剤治療」」は静脈注射や飲み薬で血液中に抗がん剤を投与し、全身に散らばったがん細胞を攻撃するというものです。現在の「抗がん剤治療」では多剤併...
ガンに効く食べ物
ガンに効く食べ物と聞いて、皆さんはどんな事を思い浮かべますか?「ガンを治す食べ物」「ガンを小さくする食べ物」などといった印象を持ってしまうかも知れません。もちろん現代にはそんな食べ物は未だ発見されていません。「効く」という言い方が少し誤解を生んでしまうかも知れませんね。「ガンに効く食べ物」とはつまり「ガンを予防する食べ物」と思ってください。ガンという病気を未然に防ぐ為に何が出来るのかと考えた時、毎日欠かさず摂る食事の中で何か心がける事が出来たなら良いですよね。一口に「ガンに効く食べ物」といっても...
日本興亜生命 がん保険
保険を入る人が増えています。ですが保険会社といっても日本だけでも多くの会社があります。また外国の保険も入ってきていますよね。そんな中どの会社が自分にあった保険なのかを調べるといっても今の会社の数ではどの保険会社を選べばいいのかお悩みの方は多いと思います。そんな人の為に私からオススメの保険会社を紹介したいと思います。みなさんご存知の大手保険会社の日本興亜生命のがん保険です。聞いたことはありますか?その中でも得に保険に入っておきたい病気がありますよね。日本人や人類が死にいたる病気として代表的ながんで...