咳喘息の症状と治療

咳喘息の症状と治療

喘息は空気の通り道である気道が過敏となって炎症が起きている状態をいいます。
喘息はヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴が特徴でとても息苦しい時の音が特徴です。
気道の炎症の為、気管支喘息と呼ばれています。
一般に喘息と呼ばれているのは気管支喘息のことです。

 

喘息の原因

また喘息の原因はハウスダストやダニ、ホコリ、ペットの毛のアレルゲン、アレルギー反応、ウィルス感染、またはストレスによって気道の収縮が起こります。
その原因で起こる気道収縮が咳がとまらないといった喘息の症状を引き起こします。
また小児および成人の喘息の患者の5割がアレルギー性鼻炎を合併しているといいます。
そのような患者は喘息の治療だけではなく同時にアレルギー性鼻炎の治療も並行して行います。

 

アレルギー性鼻炎をよくすると喘息も同じく良くなっていくため並行して治療をする必要があるのです。
気道に炎症が起きたときはそのまま放置しておくと大変危険といいます。
一時ははげしく咳き込んだが落ち着いてきたと思い、治療をせずずっと咳き込む落ち着くの繰り返しをしていると症状が落ち着いてきたようにみえても炎症がさらに悪化し続け、しだいに気道も狭くなっていきます。

 

ほっといた結果ちょっとした気温の変化や風邪をひいたときをきっかけに以前よりさらにひどい発作を起こすことも珍しくありません。
ですので喘息の症状が週に1回、または月に数回程度ある場合は専門医に相談ししっかり治療をうけましょう。

 

喘息の治療

喘息はとても怖く呼吸困難による最悪のケースもあります。
喘息の死亡率は男性より女性が高い傾向があります。また高齢者の割合がとても高いのです。
また統計によると都道府県によっても死亡率が大きく異なっているといいます。
吸入ステロイド薬の普及に地域差があることの影響をされています。

 

喘息の治療は急性発作を起こした場合、慢性喘息の場合は発作の予防とそれぞれ主眼として行っています。
また喘息の中心の治療は投薬治療が中心となっています。
気道の炎症を抑える、または気道を広げる作用を持つ薬の種類になります。

 

これらの薬を定期的に使用することで気道の炎症を抑え喘息が起きないようにする予防になるといいます。
また他の治療では自宅で吸入器を用いて、水や治療薬を霧状にして吸入し、気道に加湿を加え気道の通りをよくすることを目的とした治療もあります。
その治療はエアゾール療法ともいいます。

 

現代では広くつかわれているようです。こういった治療は医師としっかり相談してからどのような治療にするか決め喘息の治療をし毎日をより快適に過ごせるよう予防してください。

 

咳喘息の原因と薬

皆さん「喘息」という病気をご存知ですよね?
喘息は喘息でも「咳喘息」という喘息の種類も存在します。

 

誰もが知っている喘息の症状とは全く異なるもので、なかなか自分が「咳喘息」を発症しているとは気付かずに過ごしてしまっている人も少なくない様です。
「咳喘息」の症状としては、乾いた感じの咳が出続け、特に明け方にひどくなります。
そして喘息おなじみの「ヒーヒー」などといった喘鳴などの呼吸困難の症状はありません。

 

「喘息」という名前は同じですが、呼吸機能は正常だというのが「咳喘息」の特徴です。
ですから、誰しもが「喉風邪が長引いている」と思い込み、まさか自分が「咳喘息」を発症しているとは思いもしないで過ごしているパターンが非常に多いのです。
「咳喘息」の原因で一番多いと言われているのが「風邪」です。

 

風邪を引いた後、呼吸器官に付着した異物を取り除こうとして体が反応してしまうことで「咳喘息」の症状を発症してしまう人が多いようです。
また、現代では中国から風に乗って流れてくる「黄砂」や、防虫剤、タバコ、大気汚染で発症する人もいらっしゃいます。

 

そして気付かない内に「口呼吸」になっていませんか?
鼻には鼻毛があり、異物の侵入を防いでくれますが、口呼吸をすると防いでくれる物が何もないために異物が侵入しやすくなってしまいます。
すると咳喘息の原因にもなりかねないので、十分に気をつける必要があります。
もし、風邪は治ったのに咳だけがずっと出続けていると感じたなら、医師による診察を受けてみてください。

 

ただし、咳喘息を知らない医師もいますので、きちんと専門的な知識を持った医師のもとで診察を受けることをお勧めします。
そして咳喘息は風邪薬や咳止め、抗生物質では治りませんので必ず薬を処方してもらってください。

 

咳喘息の治療薬として現在、一番効果があるとされているのは「吸入ステロイド薬」です。
喘息患者の方が吸入している姿でご存知かも知れませんが、あの「L字型」の薬です。

 

吸入ステロイド薬は他の薬に比べ、ごく少量でも直接気道に作用して、炎症を押さえてくれます。
副作用の心配も少ないため、長期にわたって服用することができる薬とされています。

 

そして咳が止まったからといって薬の服用を止めることは決してしないでください。
再発してしまう可能性、もしくは「咳喘息」が「喘息」へと移行してしまう場合がありますので、必ず数ヶ月は服用することが必要です。

咳喘息の症状と治療関連エントリー

不整脈 原因
不整脈の原因は多岐にわたり特定するのは難しいのです不整脈の原因と治療、予防法を載せています
動悸の原因
動悸の原因を気にかかる方もいるとは思いますが動機は心臓の病気とは関係ありませんのでその点は安心して下さい。
逆流性食道炎と咳
逆流性食道炎と咳の関係性についてですが逆流性食道炎はストレスが原因だということが多いそうです。
息切れの原因
息切れの原因とは何でしょうか?階段を登っただけで動機がしたりするのは息切れの原因は心臓や肺が原因の場合もありますがその他の場合もあります単に年齢のせいでしょうか?。
貧血 鉄分の多い食品
貧血気味の方は鉄分の多い食品を心がけましょう。毎日すこし意識するだけでずいぶん貧血は解決されますよ。
大人の喘息病状
喘息というと子供の病気を連想しがちですが喘息患者の約半分が大人の喘息患者なのです。大人の喘息の症状をみていきましょう。