大人の喘息病状

大人の喘息病状

「喘息」というと、長年付き合っていかなければならない病気というイメージがあります。
ですから「喘息」の患者さんは、幼い頃から「喘息」を発症している様に思ってしまいますよね。
しかし、実際は喘息患者の約半数が40歳を過ぎてからの「中高年」で発病した人なんです。

 

子供の頃に喘息を発病する原因の多くは、ハウスダストやアレルギーなどが原因で発病する「アトピー性喘息」と言われています。
しかし、成人になって発病する喘息の原因の多くは、喫煙、排気ガスなど大気汚染、精神的ストレス、インフルエンザなどの感染症などで、「非アトピー性喘息」が大半を占めます。

 

もちろん成人になっても「アトピー性喘息」の患者さんもいらっしゃいますし、その場合は大人特有の洗剤や化粧品などの物質で起こる場合もあります。
思いもよらない原因としては、アスピリンなどの鎮痛剤を服用して発病する「アスピリン喘息」というのも存在します。
また、成人での喘息では慢性鼻炎などの合併によって重症になる確率も高いと言われています。

 

大人の喘息の症状としては、呼吸をしようとすると「ヒーヒー」と音を立てて呼吸が苦しくなる「喘鳴(ぜんめい)」が主です。
ですがこの「喘鳴」は酷くなると呼吸困難を引き起こしてしまうので、「喘鳴」の発作には注意が必要です。

 

「喘鳴」の発作は小・中・大の3つにわけられます。
「小発作」は軽い喘鳴が出る程度で収まりますが、「中発作」では食事や睡眠の妨げになってしまう様な呼吸のしづらさへ発展します。
そして「大発作」になると喘鳴もひどくなり、呼吸が非常に苦しくなり、胸の痛みに伴いチアノーゼが出たりします。
(「チアノーゼ」とは血液中の酸素濃度が低下した為に起こる、皮膚や唇、爪などが青紫色になることを言います。)

子供の喘息と大人になってから発病する喘息の大きな違いは、完全に治すことが出来ないと言われていることです。
まさに一生付き合っていかなければならない病気なのです。
ですから、大人の喘息を発病してしまった患者さんは、常日頃から「喘鳴」の発作には注意していなければなりません。

 

また、中高年になってから発病しますので、体力の低下、呼吸器官の低下、免疫力の低下などの様々な要因とともに戦っていかなければなりません。
しかし、医師の診察のもと処方された「吸入ステロイド薬」などをきちんと服用し、ピークフロメーターという器具で日頃から発作の可能性の有無をチェックしておくことが大切です。

大人の喘息病状関連エントリー

不整脈 原因
不整脈の原因は多岐にわたり特定するのは難しいのです不整脈の原因と治療、予防法を載せています
動悸の原因
動悸の原因を気にかかる方もいるとは思いますが動機は心臓の病気とは関係ありませんのでその点は安心して下さい。
咳喘息の症状と治療
咳喘息の5割の方はアレルギー性鼻炎を合併していると言います、咳喘息の症状の治療法としてはアレルギー鼻炎も一緒に直していきましょう。
逆流性食道炎と咳
逆流性食道炎と咳の関係性についてですが逆流性食道炎はストレスが原因だということが多いそうです。
息切れの原因
息切れの原因とは何でしょうか?階段を登っただけで動機がしたりするのは息切れの原因は心臓や肺が原因の場合もありますがその他の場合もあります単に年齢のせいでしょうか?。
貧血 鉄分の多い食品
貧血気味の方は鉄分の多い食品を心がけましょう。毎日すこし意識するだけでずいぶん貧血は解決されますよ。